詩人の高田敏子の本を初めて読みました。1914年東京生まれの彼女は、1846年満州から引揚げて詩作を開始。60年代には朝日新聞に詩を連載していました。初期はモダニズム風の作風でしたが、その後、何気ない日常生活に垣間見える心の機微を、優しく見つめたものへと変化していきます。

私が手にしたのは、76年に発表された「むらさきの花」(花神社/古書1400円)です。

「日々は平穏である 長女は四部屋の社宅に住み 二児を育てながら 料理とケーキ作りに熱中している 次女は二部屋のマンションに移り 靴のデザインを仕事として 土曜か日曜日にもどって来る  テレビの前でコーヒーを飲みながら きっということば  この家 寒いわ もっと暖房を強くしたら」

というのが本のタイトルにもなっている「むらさきの花」の出だしです。え?これ詩なの?と思ってしまいそうですが、ささやかなシアワセに満たされている心の有り様が映し出されています。

「この平穏な日々 何をほかに思うことがあろう 毎夜私は 縁先につながれて眠る犬の いびきを聞きながらねむる」

難しい表現や、意味の理解できない単語などありません。でも、こんな言葉が伝えてくれる穏やかさを、私たちも体験することがあります。

山小屋暮らしをする主人のもとへ、娘とその子供たちが来て、去っていった時を描いた『夏の終わりを』という詩では「楡の木から聞こえる ひぐらしの声 ひとり夕食は 茄子のしぎ焼きと 茗荷の味噌汁で終った」(中略)そして

「日常のなかで 訪れあう度にくり返す 別れのときのその度に 娘の目には いたわりとさびしさが増して 私の朝が少しずつ淡くなってゆくことが思われる そんな私の中に まだ黒い瞳を見張っている私がいて 眠れぬ夜を待ちつづけている」

老境の中に忍び込む寂寞たる想いを、どこまでも優しく描き出しています。

疲れた時は、複雑に重なり合うイメージを解きほぐすような、すっと胸の中に入り込んで来るこんな詩を読むと、詩人の言葉に心が満たされていくような気がします。

「母の愛は 母が逝ってもなお 寒い夜の私をあたために来る 白髪の 老いた母の 細い手」(『母の手』より)

静まり返った寒い夜、貴方を温める存在に気づかせてくれる言葉です。

「すべて自然のまま 海底に 心静かに 忠実に 生を呼吸しているだろう」

という海亀の描写が美しい『私の夜』で、この詩集は終ります。最後の行は「私も 星明かりの海の 深みへと降りてゆく 私の夜」深い眠りへと誘ってくれそうです…。

 

★連休のお知らせ 9月10日(月)11日(火)連休いたします。

9月12日(水)〜23日(日)ARK(アニマルレフュージ関西)写真展「Special Friennds」

  保護シェルターで暮らす犬猫の日常を写した作品展です。