京都駅ISETAN内にある、えき美術館で開催中の「渡辺貞一」展(11月11日まで)に行ってきました。

渡辺は1917年、青森に生まれました。18歳で上京し、画家になるべく川端画学校で学びました。1941年には第16回国展で初入選を果たし、画家としての道を歩み始めますが、病に倒れ青森に帰ることに。その後兵役に就き出兵しますが、奇跡的に帰国できました。

私はこの画家については全く知りませんでしたが、会場に入った途端にその幻想的で、静謐で、陰翳の深い世界に魅了されました。故郷青森の風景に広がる北国独特の暗い空からは、冷たい雪の気配をしみじみ感じました。

一方、花が好きだった彼は、自宅周辺の散歩を楽しみ、気に入った花々を描いてきました。本展では、花をモチーフに描いた静物画がズラリと並んでいます。そこにも清い精神性みたいなものが、静かに伝わってきます。さらに、花と月と鳥と河原をテーマにした作品群。渡辺の世界を支配しているのは、暗く、もの悲しい雰囲気です。「死」と「生」が同じ重さで描かれています。来場者も少なく、ゆっくりと見ることができたせいもありますが、思わず足が止まってしまう程、絵の中に入っていきそうになります。特に、右の写真の作品の背後に広がる空の深い青には感じ入りました。

1964年、ヨーロッパへ旅したとき、そこで感じたヨーロッパの空気、堅牢な建物の背後に広がる寒空を描いた作品もありました。1979年には、日中友好美術家訪中団の一員として中国南部へと向かいます。帰国後、現地で購入した紙と墨を使って水墨画に没頭します。会場の出口近くに、晩年の水墨画がありました。これが良いのです。掛軸などに興味がなく、あまり見た事がないのですが、三点並んでいた水墨の掛軸に、魅かれました。(歳をとったせいかも)

満足度100%だったので、滅多に買わないポストカードを数枚買って帰りました。