写真家、エッセイストとして活躍中の植本一子が、世界に現存するフェルメール35作品すべてを観る旅に出ました。それを一冊にまとめたのが、「フェルメール」(ナナロク社/新刊2160円)です。オランダのマウリッツハウス美術館に始まり、アメリカボストンのイザベラ・スチュアート・ガードナー美術館まで、七カ国に点在するフェルメールを追いかけていきます。

本の半分は植本が撮影した写真で占められています。美術館のある街の風景、そして館内、フェルメールの作品前で撮ったものが収録されています。作品を観ている人の後ろ越しに撮影している写真などもあり、こんな所に、こんな風に飾られているんだと興味津々です。アムステルダム国立美術館をはじめ、多くの美術館では写真撮影が出来るので、来館した人が自分のiphoneで撮影しています。羨ましい……。

例えば、有名な「真珠の首飾りの少女」を持っているマウリッツハウス美術館では、「この美術館は流れている空気がゆるく、懐が広い。たくさんの名画が所狭しと飾られているのに、仰々しい雰囲気はなく、本当に人の家にお邪魔しているような感覚。人が多くないこともあり、皆リラックスしながら熱心に絵を見ている。かと思えば大きなシャッター音をさせてiphoneで写真も撮るし、絵をムービーで撮る人、絵画とセルフィーをする人まで。」ということです。

「イギリスは多くの美術館が無料だと聞いてはいたが、チケット売り場がないことに驚いてしまう。」と著者は書いています。日本では信じられない状況です。イギリスでは四つの美術館を回るのですが、「音楽の稽古」という作品を所蔵しているバッキンガム宮殿英国王室コレクションは、普段は入れません。バッキンガム宮殿は、エリザベス女王の公邸です。ここには、フェルメールだけでなく、ルーベンスなどのヨーロッパ絵画が壁を飾っています。で、この家の主である女王が夏の避暑のためここを離れる時だけ、一般に解放されています。

この本を読んで初めて知ったのですが、フェルメール作品ってアメリカの美術館が多く所蔵しているんですね。メトロポリタン美術館が5作品、ワシントン・ナショナル・ギャラリーが4作品、NYフリッツ・コレクションが3作品という具合です。因みにルーブルは2作品です。

著者は全点踏破を終えた時、「女と召使い」を前にしてこんな感想を述べています。

「大きな絵の前に3人がけのソファがあり、そこだけ座れるようになっている。『女と召使い』までは少し遠いが、座って眺めてみる。窓が描かれていないのに、いつものように左側からの光を感じ、青いテーブルクロスには光の粒がちりばめられている。ドラマのワンシーンを切り取ったかのような一瞬。肖像画にも物語にも見え、そういえばフェルメールの絵はどれもそんな感じがあった。 深呼吸をしてソファから立ち上がる。とうとう全てのフェルメール作品を見終えたのだ。」

フェルメールにはそれほど興味のない私ですが、7カ国14都市、17の美術館を巡り、絵画に集まる人達とその街を捉えて、記録した「全点踏破」の長い旅に同行していると、来年2月大阪で開催される「フェルメール展」に行きたくなりました。図録より、断然こちらが面白い一冊だとおもいます。しかし、美術館は混むだろうなぁ………。