写真家・冒険家の石川直樹は、1977年東京生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学や民俗学にも関心をもち、世界各地を旅しながら作品を発表しています。蛇足ながら、作家石川淳の孫にあたります。

石川の「知床半島」(北海道新聞社/古書1900円)は、とても力強い、そして優しい写真集です。

知床連山縦走路から撮影された山々の荒涼たる岩肌、斜里川河口に打ち上げられたザトウクジラの子の死体、「知床ブルー」と呼ばれる流れ着いた流氷と海、幻想的な美しさを醸し出すオホーツク海、ウトロ幌別海岸に放置されたバス、雪に覆われた斜里の町等々、厳しく過酷な自然に晒された知床が、見事に捉えらています。その一方、この町で生きる人々の姿を、優しい眼差しで見つめています。北見柏陽高校、斜里高校の生徒たちの健やかな表情や、夜に斜里中学校スケートリングで練習するスケーターたちのシャープな写真など、知床に暮らしている人たちが登場します。

その中に、絵本作家のあかしのぶこさんが、アイヌ犬の愛犬ゴンと登場。彼女の屈託のない笑顔がとても素敵です。あかしさんには、2016年に当店で絵本原画展をしていただき、その際、知床の自然を語るトークショーも開催しました。今年2019年12月11日から、2回目の個展を開催しますが、知床で生活している人ならではの可愛い絵本を、たくさん作っておられるので今から楽しみです。写真集の最後を飾るのは、羅臼岳中腹の雪渓で遊ぶ、アイヌ犬チャイ。雪の中は楽しいぜ!と言ってる顔ですね。

 

今回この写真集以外にも、「最後の冒険家」(集英社/古書850円)、中高生向けに書かれた「いま生きているという冒険」(理論社/古書1550円)、そして「世界を見に行く」(リトルモア/古書1550円)を入荷しました。「世界を見に行く」は、石川が世界を旅して、シャッターを切ったものを作品集にしたものですが、全て切り離してハガキとして使用できます。全52枚。51枚目を飾るのは、彼の愛犬レオ。長期の取材から帰って来たご主人を迎える顔が素敵です。

因みに、「最後の冒険家」は、冒険家神田道夫に動行して、2004年熱気球による太平洋横断にチャレンジ。日本から1600キロ離れた地点で飛行を断念、着水しました。その遠征の詳細を描いたのが本作です。神田は2004年以降三度挑戦しますが、失敗。三度目のトライで行方不明になり、死亡したものと推測されています。