強烈なモノクロの銅版画、二宮さち子「愛の夢」展が本日より始まりました。

少女漫画から飛び出たような個性的な女性が、こちらを見つめます。細密に描かれた花と女性に、なぜかむせかえるような妖艶な色気のようなものは感じません。その大きな瞳は、もっとどこか遠くを見ているのかもしれないし、感情を隠して仮面の下からこちらの様子を伺っているようにも見えます。全く違うもののように思えるかもしれませんが、見ている側の感情によって変わる能面に通じるような顔を追求しているのかもしれません。仕上げにキラキラしたラメがかけてあり、それが洒落た味を添えています。

描きこんでいくと、どこまでも細かくさらに密になっていく手をどこで止めるのか、おそらく葛藤を続けながら作品を一つずつ仕上げていかれるのでしょう。二宮さん曰く「下絵を描くと、後は職人のように淡々と作業する」銅版画という手法を選んだことが、品の良さに繋がっているような気がします。

森茉莉の「甘い蜜の部屋」からインスパイアされた「モイラ」シリーズ(写真左)も素敵です。今後は、もっと人間の動きを形にしていくためにデッサンを重ねていくと意欲的です。さらなる飛躍が期待できそうです。二宮さんの個性的な銅版画の世界をお楽しみください。

なお、作品は全て販売しております。ポストカードも4種類あります。(女房)

 

 

★「愛の夢」二宮さち子銅版画個展 4月2日(火)〜7日(日)12時〜20時 当ギャラリーにて

 

Tagged with: