日本を代表する女優京マチ子死去(95歳)のニュースが先月流れました。1924年大阪生まれ、大阪松竹少女歌劇団から大映に入り映画女優デビューします。後輩格の若尾文子、山本富士子と共に大映の看板女優として活躍しました。溝口健二「雨月物語」、黒澤明「羅生門」、衣笠貞之助「地獄門」等の作品が海外の映画祭で賞を獲得し、「グランプリ女優」と呼ばれた時代もありました。

北村匡平「美と破壊の女優今日マチ子」(筑摩選書/ 古書1000円)は、ヴァンプから醜女、シリアスな作品からコメディ作品まで、多彩な作品でマルチな魅力を発信し続けたこの女優を、単に作品批評に終わらずに、下記のように生涯を括って論じています。

「肉体派ヴァンプ女優の躍進」「国際派グランプリ女優へ」「真実の京マチ子ー銀幕を離れて」「躍動するパフォーマンス」「政治化する国民女優ー国境を越える恋愛メロドラマ」「変身する演技派女優ー顔の七変化」「闘う女ー看板女優の共演/競演」

当時の日本の女優にしては珍しく官能的な香りと肉体美を前面に出す女優でしたが、その長いキャリアの中で変化してゆく姿が書かれています。

50年代後半、それまで人気女優トップの座にいた彼女は、若尾文子と山本富士子にその座を渡します。そんな現実の世代交代の構図を、そのまま映画にしたような作品が立て続けに製作されました。その中の一本「夜の蝶」(DVD/中古800円)で、京は銀座の一流バーのマダムを演じ、そこへ進出しようとする祇園の元芸者(山本富士子)と夜の銀座で激しくぶつかります。トップの座にいる女優と次の座を狙う女優のバトルを象徴するかのように、ライバル意識むき出しの演技合戦が楽しめる一本で、江戸前言葉でポンポン突きつける京と、はんなりした京都弁でのらりくらりかわしてゆく山本に圧倒されて、私は続けて二度見てしまいました。

おかげでこの映画で共演している船越英二が、トレンチコートのよく似合うヨーロッパの香りがする俳優であることも確認しました。

戦後日本を代表する俳優の一人でありながら、いわゆる日本的な美しさとは異質なものを持っていた彼女でしたが、日米合作映画「八月十五夜の茶屋」がアメリカで公開された時、ニューヨークの新聞にこんな記事が載りました。

「京マチ子は日本で一番美しい足を持っている女優で、日本のマリリン・モンローである」

 

★イベントのお知らせ

「世界ひとめぐり旅路録」展開催中の小幡明さんが、14日(金)19時半より、FMひらかたパーソナリティー久保有美さんと一緒に「小幡明の旅の話アレコレ」と題したトークショーを当店にて開催します。(参加費1000円/要予約)