京都駅前伊勢丹デパートにある駅美術館「安珠写真展Invisible Kyoto」(6月30日まで)に行ってきました。この写真家の女性、元々はパリコレ等で活躍する国際的なモデルだったそうです。1990年に「サーカスの少年」を出版して写真家に転向、現在に至っています。

彼女はこの写真展についてこんな風に語っています。

「日本人のスピリチュアリティの概念が根付いた平安京。ここに人生100歳時代を豊かに生きる手がかりがあるかもしれません。命を愛おしみ平和を願う想いは『令和』も変わらないのですから。 私は平安京を知れば知るほど見えない世界を物語からひもとき、写真で寄り添いたいと思うのです」

様々な平安時代の物語の一部を写真の中に取り込んで、独自の世界観を展開していきます。「青馬」という作品(写真右)。平安時代、正月七日に「青馬」を眺めれば年中の邪気から逃れられることが知られていました。中国では青が「春」の象徴だったことから、当時は淡灰色の馬を「青馬」と呼んでいました。平安中期、青馬が白い馬になりその読み方だけが残ったみたいです。壁面一杯に広がる白い馬の姿を見つめていると、心や体にまとわりつく、うっとおしいものが飛んでいきそうです。深呼吸すると馬の呼吸音が聞こえてきます。

渡月橋の松枝を捉えた作品も素敵です。細い枝に苔や虫が寄生しています。その背後に広がる嵐山の自然。自然との共存を絵にしたような作品ですが、平安時代には「自然」という概念は存在せず、人と自然は一体でした。苔、松枝、水が織りなすハーモニーが響いてきます。

私がこの作品展に行った理由は、チラシにあった蛾と女の子のコラージュ風作品(写真左上)に惹かれたこと、さらにこの会場の音楽を細野晴臣が担当していたことです。どんなサウンドを聴かせてくれるのか興味津々でしたが、さすが細野。かすかに、遠くの方から響いてくるノイズ風の音を中心に構成された無機質な音楽が、会場を包みこんでいました。細野ファンなら行かなくてはね!

 

 

 

♫トーク&ライブ決定 7月13日(土)澤口たまみ(かたり)石澤由男(ベース)

今年1月、当店で行われた「宮沢賢治愛のうた」(澤口たまみ著)出版記念イベントのお二人のトーク&ライブが再決定。澤口たまみがさんが岩手のイントネーションで賢治作品を朗読。ベーシスト石澤由男が伴奏を添えます。     朗読作品は、岩手の自然を見つめ、野原や林からおはなしを貰ってきたという「鹿おどりのはじまり」他を予定。

●18時会場18時30分スタート (2000円)ご予約ください