これだけ、小川洋子の小説が揃ったのは珍しいかもしれません。元々の在庫と一緒に数えてみたら19冊。大型新刊書店よりも充実しています。私自身小川洋子が大好きなので、その半分ぐらいを既に読んでいます。

出産を控えた姉に毒入りジャムを食べさせる妹の、心理と生理の揺らぎを描いて芥川賞を受賞した「妊娠カレンダー」(文春文庫/古書300円)、老人の背中、足の裏を舐め回す少女のエロスを描く「ホテル・アイリス」(幻冬舎文庫/古書300円)など、この作家の持っている冷たい狂気のようなものが満ちた、初期作品を読んでもらいたいと思います。現実と悪夢の境目で揺れ動く不思議な世界を描いた短編集「まぶた」(新潮社/古書300円)もいいです。

と言いながら、やはり推薦するのは、ブログでも紹介した「いつも彼らはどこかに」(新潮文庫/古書300円)と「ことり」(朝日新聞社文庫/古書300円)。優しく切なく、そして温もりのある豊かな物語世界がここにはあります。

そして、この本も文庫になっていたんですね。赤坂真理の「東京プリズン」(河出書房/古書500円)です。アメリカの高校に留学したマリが、ひょんなことからディベートで「天皇の戦争責任」について弁明することになることから、日本の戦後をめぐる物語へと発展してゆく骨太の物語。帯の通り、「16歳の少女がたった一人で挑んだ現代の『東京裁判』を描く」物語です。

ちょっと珍しいのが、武井武雄の童話集「お噺の卵」(講談社文庫/古書800円)です。日本ではあまり見かけないナンセンス童話「お噺の卵」「ペスト博士の夢」「ラムラム王」の3作品すべてを収録した文庫です。著者による繊細なイラストも収録されているのでお楽しみ下さい。

昭和の文士を撮影してきた写真家、林忠彦が撮影した作家を集めた写真文集「文士の時代」(中公文庫/古書950円)は、日本文学好きなら、持っておいて欲しい一冊です。彼の作品ではバーカウンターの椅子に腰掛けている太宰治が有名ですが、織田作之助 、坂口安吾、谷崎潤一郎、三島由紀夫など大御所がズラリと登場します。この時代の作家にとって、タバコは欠かせないアイテムだったみたいで、くわえタバコ姿もきまっています。若き日の五木寛之は、流石に洒落てます。和服姿の文人も多く、やっぱかっこいいのは、吉行淳之介でした。面白いなぁ〜と思ったのは、深沢七郎です。和服でギターを爪弾いているのです。日劇ミュージックホールのギター奏者だったということを初めて知りました。全105人の作家たちの素顔を見ているだけでも楽しい一冊です。

★まことに勝手ながら7月1日(月)〜2日(火)連休いたします。よろしくお願いいたします。(レティシア書房)

♫トーク&ライブのお知らせ  

7月13日(土)18時30分より 『澤口たまみ(語り)石澤由男(ベース)ライブ』

今年1月、当店で行われた「宮沢賢治愛のうた」(澤口たまみ著)出版記念イベントのお二人のトーク&ライブが再びやってきます。澤口たまみがさんが岩手のイントネーションで賢治作品を朗読。ベーシスト石澤由男が伴奏を添えます。 朗読作品は、岩手の自然を見つめ、野原や林からおはなしを貰ってきたという「鹿おどりのはじまり」他を予定。

●18時受付開始  18時30分より (2000円)ご予約ください。

                     075−212−1772(レティシア書房)