「沖縄では戦争で県民の四人に一人に当たる十数万人が亡くなったそうです。本土決戦のための時間稼ぎとして戦った結果、多くの住民が巻き込まれ、命を失いました。戦争は、国のためにするのであって、そこに住む人は守らないのだと思いました。」

このしっかりした文章を書いたのは、15歳の時、故郷石川県を離れて、一人沖縄に向かい、珊瑚舎スコーレという名前の無許可の学校に通い始めた坂本菜の花さんです。彼女が高等部入学と同時に、北陸中日新聞で連載の始まった「菜の花の沖縄日記」(ヘウレーカ/新刊1728円)の中の一節です。

彼女が沖縄に行こうと思ったのは、中学の修学旅行で感じた漠然とした魅力からでした。沖縄にある面白い学校、珊瑚舎スコーレを見つけ、一人で故郷を飛び出したのです。高校3年間で感じたさまざまの事、例えば学校のこと、友人のこと、辺野古のことなど、彼女が見つめた沖縄の今の姿が、高校生らしい真っ直ぐな文章で綴られています。

楽しいことも多いけど、やはり基地の町という現実に直面します。内地の人間は、なぜ沖縄のことを他人ごとだと思っているのだろうという疑問に対して、自分はどう考えるのか、どう生きて行くのかという自分のスタンスをこう言い切っています。

「人ごとという理由でいろんな出来事を片付けてしまわないために、いろんな場所、県、国で友だちをつくること。これは私が中二のときに、世界で起きている戦争を調べてたどり着いた答えの一つでした。そして、最近思うのが、そういう出来事にアンテナを張りながら自分の場所で生きること。疑問に出会うたびに原点に返ります。」

実に明確です。

沖縄戦で、「生きて虜囚の辱めを受けず」という言葉を信じた多くの民間人が自決しました。そんな自決こそ日本人の本分、という社会の雰囲気を作り出したのは日本国です。その事に気付いた著者は「私はヤマトンチュ(本土の人)です。加害者側です。『沖縄はアメリカに翻弄されて、自国の日本にも翻弄されている。昔も今も沖縄の立ち位置は変わっていない』と同級生の男の子は最後に言いました。戦争は終わっていません」

これは深い言葉です。

現在、彼女はこの高校を卒業して、故郷に戻ってきています。各地を旅しながら、世界がどんどん悪くなる今を、未来を考えているはずです。最後に素敵な言葉を彼女は書いています。それは、ガンジーの言葉です。

「あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためである」

もっといろんな事を知り、多くの人と出会い、考え続ける。それが彼女の人生です。

この本が映画になったみたいです。「菜の花の沖縄日記」本と同じタイトルで2020年公開予定です。