ヨゼフ・スデックという写真家をご存知でしょうか。わが国でも「プラハの光」というタイトルで出版されていたことがありますが、今や高額のお値段が付いています。

スデックは、1896年チェコに生まれました。第一次世界大戦に出征し、右腕を失いますが、1920年代から写真家として活動を始めます。主に、プラハの町を撮影地として選び、光と影を巧みに使った作品を発表してきました。しかし、第二次世界大戦勃発と同時にチェコがナチス支配下に入り、撮影が制限されたことにより、自分のスタジオから眺めた作品を撮り始めます。

洋書ですが、”Josef Sudek”(900円)には、そんな写真が何枚か収録されています。静物画みたいな作品は、どれもいい雰囲気を持っています。風に煽られたカーテンが、椅子に引っかかっている作品なんて、柔らかな風と、ほのかに差し込む太陽光線の輝きを捉えて、絵画のようです。私のお気に入りは、子供用の乳母車と、そこに置かれたザルと木の箱を写した作品です。何の変哲のない、慎ましい日々の暮らしの匂いが感じられます。

室内にあるもの、窓から見えるものを、普通に撮った作品を眺めていると、不思議と心落ち着きます。写真に力がある証拠かもしれません。

もう一人、こちらは写真家の巨匠とも言えるマン・レイの図録を入荷しました。生誕100年を記念して大丸ミュージアムで開催された「マン・レイ展」の図録(3000円)です。2冊セット箱入りという豪華本です。1冊は写真を、もう1冊は、絵画、オブジェ、素描、水彩、版画等、写真以外の作品を収録してあります。前衛的な写真で知られる彼ですが、そういう作品以外の肖像写真、ファッション写真が沢山あります。

一方の絵画・オブジェの方は、楽しさ溢れる現代アート作品ばかりです。思わず吹き出したのは、りんごとネジ釘を一緒の置いたオブジェ「僕の愛するもの」です。どう面白いか、私の拙い言葉では言い表せませんので、ぜひご覧ください。この作品の下にマン・レイのこんな言葉が載っています。

「これらのイメージは、人を楽しませるものではなければならないーこれが正しい鑑賞への唯一確実な道なのだ」

現代アートは、まず楽しくなくっちゃ。観て、触って(可能ならば)、遊べる、そういうものだと思います。

 

これから開催される「美と、美と、美、資生堂のスタイル」展、公式図録(新刊/2200円)も入荷しています。資生堂が創り上げてきた美の世界を、様々な角度から照らした作品展で、現在巡回中です。京都は高島屋で開催されます。