チェ・グクヒ監督「国家が破産する日」(京都シネマ)は、韓国映画の力強さを見せてくれた傑作でした。

韓国経済が右肩上がりの成長を遂げ、国民が好景気が続くと信じていた1997年。しかし、その裏側では海外投資家が韓国から撤退を始めていました。韓国銀行の通貨政策チーム長ハンは、やがてこの国を襲う危機を予測し、政府へ報告しますが対応は後手に回り、さらには国民には公示せず秘密裏に事を運ぼうとします。それが裏目に出て国家破産の一歩手前まで加速する様を描いた映画です。

主な登場人物は4人。通貨政策チーム長ハンは、なんとかこの事態を国民に知らしめようと奮闘努力するのですが、国民の混乱を招くから非公開にするという政府首脳の姿勢の前に苦戦します。これって、福島の震災の時に原発の正確な状況を公開しなかった政府、東電、そして安全と言い続けた御用学者の発言と全く一緒です。ハンは、最後の手段として、記者会見を開いて事実を公表するのですが、どのメディアも政府への忖度で公表せず、失脚していきます。

二人目は、町工場を営むガプス。デパートからの大量注文が、それまで現金決済だったのを手形決済にされ、この経済危機でデパートは倒産して手形は紙くず同然になってしまいます。国民を蚊帳の外に置いた政府の密室政策に翻弄されて、全てを失います。いわば市民の象徴的存在で、やはり震災の時に翻弄された人々の姿とダブってきます。

三人目は、この危機を金儲けの機会と捉え、のし上がってゆく青年ユンです。常に「政府には騙されん」とむき出しの攻撃で、ひたすら金儲けに突っ走るユンが、実は映画の中で私には最も魅力的でした。損をする奴がいれば、得する奴もいるという資本主義社会を端的に描いています。

そして最後の主人公は、韓国経済を救うためにやってくるIMF代表の理事です。IMF、国際通貨基金は、為替相場の安定を目的とした国連の機関です。加盟国の経常収支が悪化した場合などに融資を実施することで、貿易促進、加盟国の高水準の雇用と国民所得の増大、為替の安定を図る、というのが設立の趣旨なのですが、ここでは他国の経済に介入し自国にとって利益になることを画策する組織として描かれています。自国とはアメリカ合衆国のことです。 IMFがこんなことを実行するのかは、分かりません。ただ、アメリカさえ儲ければ良しの大統領トランプの影がちらつきます。

この四者を巧みに操りながら物語を進めてゆく、チェ・グクヒ監督の手腕は大したものです。二時間ほどの上映時間中、緊張の糸は切れることはありません。面白いのはラストシーンで、この危機から20年後のハン、ガプス、ユンが登場します。なるほど、人生ってこんなに変転してゆくのかと思わされます。

そして映画は、国を盲信するな、メディアの言動を疑え、自分の目で見つめろ、ということを訴えて終わります。お隣の韓国の話ですが、日本の状況も全く同じです。お前の国はどうなのだと突きつけられた映画でした。

 

大阪の動物保護施設「ARK/アニマル・レフユージュ関西」が発行する2020年のカレンダー販売中です。

壁掛けタイプ(1000円)。机上タイプ(800円)があります。売上は、全てARKにお渡しいたします。当施設に保護されている動物たちのために使われます。

 

 

 

Tagged with: