京都MOVIXで上映中のシネマ歌舞伎「女殺油地獄」を観てきました。シネマ歌舞伎は、上演中の歌舞伎の舞台にカメラを複数持ち込み、映画的テクニックを駆使して、普通なら観ることのできない角度から役者の演技にズームしています。

「女殺油地獄」は、元は近松門左衛門の人形浄瑠璃です。大阪天満の油屋河内屋徳兵衛の義理の息子与兵衛は、地道に働きもせず、店の有り金を持ち出しては遊女に入れ上げる、どうしようも無い放蕩者。困り果てた親は、泣く泣く与兵衛を勘当するのですが、親の気持ちを察することはありません。膨れ上がる借金にどうしようもなくなった与兵衛は、同じ町内の油屋豊島屋の女房お吉に無心をするのですが、固く拒否されて切れてしまい、ついにお吉を惨殺して金を奪う、という大バカ息子です。でも、この与兵衛がとても魅力的なのです。

ラスト、与兵衛とお吉が油塗れになりながらの修羅場シーンが用意されていますが、それまでに様々な小ネタが仕込んであって、与兵衛という人間に引き寄せられていく仕掛けになっています。男前の与兵衛に、ちょっと惹かれているお吉との関係、勘当はしたものの彼を捨てきれず何かと世話を焼く両親の親心などを巧みに混ぜ込みながら、悲劇へと突っ走ります。

役者の力量が問われる舞台で、与兵衛には松本幸四郎、お吉には市川猿之助という旬の二人です。カメラは、ある時はクローズアップになったり、ある時は役者に背後から、そっと覗き見するような視線で見つめたり、さらには、舞台上方から、惨殺の現場を俯瞰したりと変幻自在に観せていきます。

何とかお金を貸して欲しいと懇願の気持ちだけだったのが、お吉にはっきり拒絶された途端、 与兵衛の目つきに殺意がムラムラと出てくる様を、カメラがアップで捉える瞬間は、「魔がさす」ということを見事に浮き彫りにしていました。歌舞伎なんか見たことない人にも、本作はオススメです。

 

大阪の動物保護施設「ARK/アニマル・レフユージュ関西」が発行する2020年のカレンダー販売中です。

壁掛けタイプ(1000円)。机上タイプ(800円)があります。売上は、全てARKにお渡しいたします。当施設に保護されている動物たちのために使われます。