中日新聞東京本社社会部に望月 衣塑子という記者がいます。彼女の取材ぶりを追いかけた映画「新聞記者ドキュメント」は、表現の自由、あるいは国民の知る権利が、知らず知らずのうちに侵害されている現状を浮き彫りにしています。

政権へとすり寄ってゆくメデイアの中で、官邸記者会見場で、一人納得がゆくまで質問を続ける彼女の姿は孤軍奮闘としか言いようがありません。森友学園、加計学園の取材チームに参加し、前川喜平文部科学省前事務次官へのインタビュー記事などを手がけ、元TBS記者からの準強姦の被害を訴えた女性ジャーナリスト伊藤詩織へのインタビュー、取材、そして、菅義偉内閣官房長官に質問を行う姿をカメラは追いかけていきます。

彼女が執拗に官房長官に向かってゆくのに、記者会見会場はどこか冷めた雰囲気です。他社の記者の熱は感じられない。たまたま、この映画の前にWOWOWドラマ「トップリーグ」を見ました。こちらも官邸に詰める新聞記者たちを描いているのですが、政治家たちと緊密な関係を作ってネタを引きたいために、やはり沈黙を守っていました。一人、想定外の質問をした記者が、とんでもない闇に巻き込まれてゆくドラマですが、実際の会見現場もそうだったのですね。

「新聞記者ドキュメント」を監督したのは森達也。98年、オウム真理教広報副部長であった荒木浩と他のオウム信者たちを描いた『A』を劇場公開、99年にはテレビ・ドキュメンタリー「放送禁止歌」を発表。最近では、ゴーストライター騒動をテーマとする映画『Fake』を作ったドキュメンタリー映画監督です。著作も多く、かなり読んできましたが信頼に足る映像作家です。

知る権利も表現の自由も踏みにじるような政府のあり方、そして奇妙な沈黙と、本来の報道の仕事のあるべき姿が消えてしまったようなメディアの現場が、この記者の行動を通して浮き彫りにされていきます。

もう一つ、私が感じたことは映像の怖さです。質問する記者、それを阻止しようとする官邸広報室、苦々しい表情でノラリクラリと答弁する官房長官。その映像が組み立てられゆくと、最後にストップモーションで捕らえられた長官の顔が、極悪非道の悪者に見えてきます。仮に、この記者を推測と主観で質問する人物として設定し、それに苦慮する長官といったイメージで映像を組み立てると、不思議なことに、長官の顔が善意の人に見えてくる可能性があります。

映像を撮る立場によって、どうとでも変化してしまう怖さ。監督の森達也は、そのことを十分承知の上で、本作を製作しています。メディアが垂れ流す映像、言説を簡単に信じるな、という思いがあるのかもしれません。

蛇足ながら、森友学園問題の中心人物、籠池夫婦ってオモロイです。いや、思想的にも教育者としてやってきたことは全く否定しますが、二人のインタビューシーンは、もう笑えてきます。関西人の典型ですね。腹立たしい政府の答弁ばかりですが、心和ませる?二人でした。