下着デザイナーで数々の著作で知られる鴨居羊子の、ホォ〜これは珍しいと思う本を入荷しました。

一つは、安岡章太郎著「ガラスの靴」(牧羊社/古書10000円)。限定500部A 4判型で、表紙にはポルトガル産のコルクシートを使用して、表紙を開けると、著者の直筆署名が入っています。そして、鴨居羊子による色彩画3点と白黒作品が16枚収録されています。犬が登場する絵が、たまらなく素敵なのです。この本の最終ページには、「1975 1.27 ガラスの靴第一号 鴨居羊子」と直筆の走り書きと自画像がサラリと描かれていました。限定本1番の本に記された鴨居のサインと絵なんてレアですね。

芥川賞候補にもなった安岡の小説は、ちょっと変わったお話です。アルバイトしている猟銃店の使いで米軍軍医の屋敷に行った僕は、一人で留守を守っていたメイドの悦子に出会います。彼女は退屈しているせいか、「僕」にお菓子を出したりして引き留め、ときどき遊びに来てくれるように懇願します。僕は悦子に魅入られていき危うさと哀しさが漂う二人の付き合いが始まります。二人の青春の脆さと無力さを、鴨居は犬を主人公にして描いています。

「何もきこえはしない。しかし僕は、それでも受話器をはなさない。耳タブにこすりつけてジット待つ。するとやがて、風にゆられて電線のふれあうようなコーンというかん高い物音が、かすかに耳の底をくすぐる。それは無論、言葉ではない。」

ラストの僕のモノローグには、死んでしまった犬を抱く青年が描かれています。

もう一点は「M嬢物語」(小学館/古書2000円)です。こちらは。写真とエッセイで綴られた鴨居の人形たちへの思いを綴った一冊です。

「私は小っぽけな人形を見ている間、ふっと黒馬物語を思い出していた。人形も黒馬と同じように、その流転は誰も知らず、こうして旅から旅へ、人から人へ、いつのまにかメキシコからまた日本へ。」と、流転してゆく人形への想いを文章にしています。鴨居のアトリエから生み出された多くの人形とともに、もちろん、素敵な彼女の絵がたくさん収録されています。

 

★レティシア書房年始年末のお休み 

12月29日(日)〜1月6日(月)

新年は1月7日(火)から通常営業いたします。ギャラリーは「本づくりへの願い 版木とともに」(by法蔵館)です。よろしくお願いいたします。