数年前に発行された「詩人なんて呼ばれて」(新潮社/古書1700円)を、入荷しました。これは、文芸ジャーナリストの尾崎真理子が聞き手となった3年越しのロングインタビューと、選ばれた詩20編プラス書き下ろし1編をカップリングした本です。第4章では、かつて結婚していた佐野洋子との生活のことが書かれています。

「僕の考える女性性と佐野さんの考えてた『女』はずいぶん違ってるけど。僕自身、男性的というより女性的で、それで喧嘩にならなかったし、暴力とは無縁だし。自分とは異質な者も受け入れるようとする。それは僕の中の女性性じゃないかなあ。」

と彼女との生活から、谷川は自分の心の中の女性性にまで立ち入っています。谷川ファン必読の本です。

こんなコラボしてたんだ、と思ったのが、「たくさんのふしぎ」等で活躍する絵本作家岡本よしろうと組んだ「生きる」(福音館書店/古書950円)です。

「生きているということ いま生きているということ それはのどがかわくということ」で始まる「生きる」という有名な詩に、岡本が絵を描いたものをまとめた本です。

「生きているということ いま生きているということ それはミニスカート それはプラネタリウム  それはヨハン・シュトラウス それはピカソ それはアルプス」という詩句には、夏休み中の女の子が熱心にクレヨンで絵を書いている様子が描かれています。ページをめくると、庭で水を撒いているおじいさんと少年が、撒いた水から生まれた虹を見つめていて、「すべての美しいものに出会うということ」で結ばれています。

「いま」を生きるということが子供達の何気ない素ぶりや、彼らが生きている街の様子を描いた作品と巧みにシンクロしながら進んでいきます。詩には平和という文字は一言も登場しませんが、二人の共同作業から立ち上ってくるのは、平和な今を生きる、ということです。

もう一点、「詩ってなんだろう」(筑摩書房/古書1100円)をご紹介します。

「長いあいだ詩にかかわってきた経験を通じて、自分なりのおおざっぱな詩の見取り図を書けるのではないかと思いました。ですからこれはいわゆるアンソロジーとはちょっと違います。私は自分の考え方の道筋にそって詩を集め、選び、配列し、詩とは何かを考えるおおもとのところを捉えたいと願ったのです。」と、あとがきにあるように、谷川が選んだ詩にコメントを加えた、いわば詩を楽しむための第一歩的な本です。

「詩は、もじがうまれるまえからあった。」では、「ホホホホ ヘヘヘ ヘイヤ ヘイヤ」で始まるナバホ族の「よるのうた」や、「あはれ あなおもしろし あなたのし あなさやけ をけ」という古事記の一文が取り上げられていて、

「おまじないやいのりだったり、はたらくときのこえをそろえてうたううただったり、おどるときのはやしことばだったり、おうさまのものがたりだったりもした。」と結んでいます。

詩という世界の、大きな広がりが理解できると思います。

 

 

 

★2/3(月)2/4(火)古本市準備のため連休いたします

★2/5(水)〜2/16(日) 恒例となりました女性店主による『冬の古本市』を開催します。今年も神戸・大阪・岐阜・東京・御殿場・京都などの女性店主の選書です。ぜひお立ち寄りください。