本来なら、古本市の本を紹介する連載ブログをアップする予定でしたが、先日観た映画があまりにも面白かったのでご紹介します。映画のタイトルは「ジョジョ・ラビット」です。

物語は、第二次世界大戦末期のドイツ。10歳のジョジョは、「青少年集団ヒトラーユーゲント」というナチ兵士養成学校の合宿に参加する予定でした。しかし、気の弱い彼は”空想上のお友達”のヒトラーに相談して、彼に頑張れと言われて、やっと合宿に参加します。映画の中で、ジョジョの友達として架空のヒトラーが何度も登場するところが面白いところです。まるで、二人で漫才をやっているような感じで物語を引っ張ります。少年にとって憧れのナチスを象徴するような存在として、彼が度々出てくるのです。

ある日、自宅に戻ったジョジョは、屋根裏でユダヤ人の少女エルザと遭遇して、驚愕し狼狽してしまいます。お母さんは何にも言っていなかったのに?なんで僕の家にユダヤ人が??排除すべきはユダヤ人、と確信していた彼の信念が揺らいでゆく様を、時にユーモアを交え、時ににサスペンスフルに描いていきます。

一丁前にジョジョはナチスを気取っていますが、気が弱く、何もできない子供。靴の紐さえ自分で結べなくて、母親に結んでもらっています。映画には、紐を結ぶシーンが何度も登場します。紐を結べないジョジョを、自分で何も考えることができない、何も行動できない少年の姿の象徴として描いています。しかし、そんなジョジョが、ラストでエルザの紐を結んでやるというシーンで、やっと自分の目で世界を確かめ歩み出す姿を、靴紐を通して表していました。 

物語のベースにあるのは「アンネの日記」だと思います。アンネの方は、追い詰められたユダヤ人の悲惨な人生を描いたものですが、一方、ここでは追い詰めた方のドイツ人の少年が、ナチスの人種差別思想からいかに離脱してゆくのかを描いています。「君は間違っている、ナチスに戻ろう」と説教する”お友達”ヒトラーを、ジョジョは躊躇なく蹴り出してしまいます。少年に幸あれと念じつつ劇場を後にしました

先日、ご紹介した「パラサイト」も傑作ですが、後味の良さでは、こちらが上です。娯楽性の高い映画作りながら、反戦、反レイシズムの思想を盛り込んだすごい作品でした。

 

★女性店主による『冬の古本市』は2/5(水)〜2/16(日)です。月曜日定休。12:00〜20:00

最終日は18:00まで。神戸・大阪・岐阜・東京・御殿場・神奈川・京都などの女性店主の選書です。ぜひお立ち寄りください

勝手ながら2/17(月)〜2/20(木)まで連休させていただきます。