2019年1月末にフランスを代表する映画音楽家ミシェル・ルグランが亡くなりました。その一周忌を記念して、国内編集盤として2枚組CD「エッセンシャル・ワークス」(3000円)が発売されましたので、早速入荷しました。

「シェルブールの雨傘」「ロシュファオールの恋人たち」「華麗なる賭け」等リリシズムに満ちたメロディーで映像に躍動感を与えてきたルグランの全貌を知るのに最適なCDです。

ルグラン自身がセルフカバーをした映画音楽集と、様々なシンガーやミュージシャンが彼の作品を取り上げたソングブック集に分かれています。1枚目には、ルグラン作曲の名曲がずらりと並んでいます。

映画を知らない人でも、十分に楽しめます。華麗なストリングスとロマンチックな旋律。このひとの音楽には、心をウキウキさせる魔力がひそんでいます。アメリカには、やはりウキウキさせる素敵な曲を書いていたヘンリー・マンシーニという巨匠がいますが、微妙に違うのです。フランス人ならではのイキなセンスが一杯です。私はルグランの音楽を聴いているだけで生きているのが楽しくなってくるのです。

2枚目のソングブックでは、よくもまぁ、こんなに多くのシンガーやミュージシャンが彼の曲を歌っているものだと感心しました。あのタイタニックのテーマ曲でおなじみのセリーヌ・ディオンも登場します。一時、日本でも大人気だったアンディ・ウィリアムスが歌った「おもいでの夏」は、ラジオでもよくかかっていたので、ご存知の方も多いと思います。スキャットボーカルグルグループ、スィングル・シンガーズが歌う「華麗なる賭け」のテーマ曲「風のささやき」などは、これ以上切なく、甘く、そしてシャレたバージョンはあり得ません。また、今やアメリカ映画界を代表する監督のクリント・イーストウッドが、70年代初頭に監督したラブ・ストーリー「愛のそよ風」の主題曲「ブリージーズ・ソング」の爽やかさも耳に残ると思います。

私のベスト1は、ブラジルの名シンガー、エリス・レジーナがフルオーケストラをバックに歌った「ウォッチ・ホワット・ハブンズ」。若干36歳で亡くなったエリスのチャーミングな歌いっぷりが素敵です。ルグラン自身、晩年このカバーをよく聴き返していたようです。旅先に持ってゆくも良し。家で、朝・昼・夜と選曲を変えて聴くも良し。試聴できますので、お聴きになりたい方は、ぜひどうぞ。

ルグランについては、音楽書専門の出版社アルテスから「ミシェル・ルグラン自伝」(新刊/3080円)があります。映画音楽ファン、フランス映画ファンには読んでいただきたい一冊です。この本には貴重な写真も多数あって、あのアラン・ドロンが「風のささやき」のフランス語版を歌うシーンを捉えた一枚を発見!しかし、この録音が日の目を見ることはありませんでした。ドロンが下手だったのでしょうか……….?