東京で活躍中の写真家原田京子さんの『Spanish Sentiment & Ireland』が本日から始まりました。

2016年と2018年に、「Spanish Sentiment」と題して、スペインを旅した時に撮りためたという素敵な写真を飾っていただきました。この度3回目の個展では、スペインの明るい日差しの下、休日を楽しむ人々の姿を撮した八つ切大の写真に加え、アイルランドの広大な風景をセレクトしていただきました。

一日のうちに、晴・雨・虹・嵐と天気が変わるというアイルランド。ダブリンから船で渡ったイニシモア島で、写真家が夢中でシャッターを切った、その時の澄んだ空気を感じます。断崖の上空を飛ぶ鳥、波と風の音。中でも私が好きなのは、まっすぐに伸びた道と、その上に広がる大きな空の写真です。生きていくには厳しいに違いない荒涼とした大地、けれどそこにある明るい光は太古の昔から変わっていない恵みのようです。人の営みが愛おしくなる大自然の風景。

一方、スペインの街角の人々の生き生きとした表情にも心が動きます。老夫婦が一つの買い物袋を二人で持っている後ろ姿、車中ののんびりした時間、もの思う若い女性の横顔。どれも彼らにとって大切な一コマ。原田さんがこの写真展のために書かれた文章に「スペインとアイルランド。陽と陰のように違うこの二つの世界も、この地球の時間を同時に刻み続けている風景なのだ」とあります。

そして、「今、私達は世界規模で蔓延する目に見えないものの存在に翻弄されています。街から人の姿は減っても、この島は変わることなく風に吹かれ、潮の満ち引きや、太陽や月は世情に関係なく機能し続けている。撮影の地に思いを馳せて、この世界を遠くから眺めてみることも、心のバランスのために必要かもしれません。」と括っています。

世界中の街角に再び豊かなで幸せな風景が戻るように願ってやみません。この時期にも関わらず、写真展を開いてくださった原田さんに改めて感謝いたします。京都の街中の桜は満開です。お散歩がてらお立ち寄りいただければ幸いです。

写真は、すべて販売しておりますが、展覧会終了後に作家からお送りすることになります。(八つ切サイズ18000円・大衣サイズ25000円) 他にポストカードセット(2000円)があります。(女房)

原田京子写真展『Spanish Sentiment & Ireland』は3/31(火)〜4/12(日)

月曜定休日12:00〜20:00(最終日は18:00)