福岡出身の医師中村哲さんが、アフガニスタンのジャラーラーバードで武装勢力に銃撃されて死亡したのは2019年のことでした。パキスタン、アフガニスタンでの医療活動を通して、日本以上に現地では高く評価され、尊敬されてきました。

本書は1993年、若者向けに編集された新書「ちくまプリマーブックス」の一冊として発行されたもが文庫化されたものです。(古書/400円)

「私を最初にこの地と結びつけたのは、雄大なカラコルムの自然と私の好きな蝶であった。何も初めから『海外医療協力』などという大仰な考えがあったわけではない。」と著者は語り始めます。その後、何度も現地を訪れて、その魅力に引き込まれていきます。荒涼たる自然、モスクから流れる祈り、現地の人々の人情など、異国であるはずのこの国への郷愁があったからこそ、困難を極めた後年の医療活動を進めていけたのでしょう。

1984年、パキスタン北西辺境州のらい病根絶計画の支援のため、ペシャワールに着任。86年にJAMS(日本-アフガン医療サービス)を組織。87年、活動を国境山岳地帯の難民キャンプへと伸ばします。そして翌年、アフガニスタン復興の一環として、農村医療計画を立案し、活動を広げていきました。

彼の医療活動の記録であり、同時に彼が見つめたイスラム社会、その社会への国際社会の偏見とエゴが書かれています。「私は一介の臨床医で、もの書きでも学者でもありません。ただ、生身の人間とのふれあいを日常とする医師という立場上、新聞などで伝わらぬ底辺の人々の実情の一端を紹介することができるだけです、」という言葉通り、読む者は戦争と飢餓と病気の中で生きてゆく人々の日常を見つめることになります。「もの書きでも学者でもありません。」と著者は言いますが、その抑制の効いた文章故に、リアルな現状が伝わってきます。

以前、内藤正典著「となりのイスラム」(ミシマ社/1760円)という絶好のイスラム文化入門書をご紹介しました。無知であることからくる差別、偏見ほど恐いものはありません。一人の医師が、はるか彼方の国で奮戦した本書を読むことで、世界はこうなっているんだという理解に結びつくのではないかと思います。

文庫版あとがきはこう結ばれています。

「人が人である限り、失ってならぬものを守る限り、破局を恐れて『不安の運動』に惑わされる必要はないということである。人が守らねばならぬものは、そう多くはない。そして、人間の希望は観念の中で捏造できるものではない。本書が少しでもこの事実を伝えうるなら、幸いである。」

コロナウィルス蔓延の恐怖の中で、私たちが立ち止まらなければならない言葉です。

★お知らせ 4月27日(月)〜5月6日(水)は休業いたします。

尚、コロナウイルス感染拡大の状況を考えて、営業時間短縮・休業もあり得ます。変更情報はHPで告知いたしますので宜しくお願いいたします。

★4月28日〜5月10日に開催予定の「Setti Handmade」(バッグと雑貨)展は、中止になりました。楽しみにしていてくださったお客様、すでにDMをお配りした方々には、大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承くださいませ。