これ、北海道東の標茶町から根室海峡に向かって流れるポー川のカヌー体験中に、川の様子を表現した子供の声です。詩人ですね。

平均年齢60歳を過ぎたガイドが、この川でのカヌーの指南役です。「京都や大阪はオーバーツーリズムと言われるほど、観光客が多い。その分失われてしまった自然環境もある。環境と観光は共存しなきゃ。標茶湿原の自然を守りながら、魅力を伝えるのが私の使命」とはガイドの井南さんの言葉です。

北海道発の雑誌「スロウ」最新号の特集は、カヌーで辿る川のはなし」(990円)です。登場するのは、士別市の天塩川、中頓別町の頓別川、根室市のオンネベツ川、釧路市の釧路川、苫小牧市の美々川そしてポー川です。それぞれの川で、カヌー体験の楽しさを教えています。鬱陶しい梅雨時に、川とその流域に広がる自然を捉えた写真など眺めるのはいいですよ。

私も何度か釧路周辺でカヌーに乗せてもらいましたが、船が進んでいるというよりは、川が運んでくれる感じでした。この特集は、そんなカヌーの魅力が満載です。

ところで、松浦武四郎という人をご存知ですか。それまで蝦夷地としてしか認知されていなかったこの土地を北海道と命名した人物です。幕末から明治にかけて、アイヌの人たちと交流し、この地を探検しました。1857年、松浦はアイヌ人が提供してくれた丸太船に乗って天塩川流域を調査しています。その中でアイヌの人々の暮らしを見つめ、和人とアイヌとの共存を図ろうとしますが、時の政府と対立し、スポイルされてしまいました。本書には天塩川と松浦の関係を追いかけた小特集も載っています。

また、現在店内で実施している「LIXIL出版BOOKLET最終フェアー」の中に「幕末の探検家松浦武四郎と一畳敷」(1650円)という傑作があります。魅力的な松浦の人間像がわかります。

★HP内で紹介している本は全て通販可能です。まずは、メールinfo@book-laetitia.mond.jpまでご連絡ください。