昨日に続いてご紹介します。島田潤一郎さんの新レーベル「岬書店」から出た新刊「本屋さんしか行きたいとこがない」(1100円)です。

巻頭で、「アンネの日記増補改訂版」を読んだ後、自分のような小出版社の役割をこう書いています。

「ぼくもまた、アンネのような小さな声を大切にしたいと思う。注意して聞かなければ聞き取れないような声にこそ、耳を澄ませ、そこから企画を立ち上げていきたいと思う。小さな出版社の役割とは、そういうものではないだろうか。」

書物を愛してやまない島田さんが、よく行った書店や思い出深い書店について語りながら、ご自身と本のつながりを綴っています。

「ぼくの頭のなかの八王子には、ほとんど本屋さんしかない。本屋さんと本屋さんをむすぶ線がそのまま町の輪郭になり、本屋さんへの道のりがそのまま町の印象となる。」

彼にとって、本屋さんが町の中心であり、いい本屋さんのある町が、いい町なのです。それは、もしかしたら本を愛する皆さんの共通認識じゃないでしょうか。私も、水無瀬の町の中心は「長谷川書店」だし、大和高田の真ん中は「とほん」だし、そんな風に町のイメージが出来上がっています。

長谷川書店については、本書でも取り上げられています。「新刊の棚も、マンガの棚も、なにがなんだかよくわからない棚も、みんな有機的に結びついている。それはただ単純に、一人の人間が棚を日々整え、自分がいつか読みたいなあと思った本を選書しているからだろう。本屋さんというより、自分の友人の家を初めて訪ねたときのよろこびに似ている。」

「自分がいつか読みたいなあと思った本を選書」というのは、きっと大正解です。そして、この本を読んで、あの人に伝えようという”Hand To Hand” 、手渡してゆくというのが本屋の原点だと思います。

「だれかからの言葉を切実に欲しているとき、本はそのひとの日々を救うだろう。それは、絶望から、希望へ、というような大げさな転換をもたらすものとしてではなく、文章と言葉を頼りに、少しづつ読者の生活を立て直すものとして、読者のそばにあり続けるだろう。」

だからこそ、島田さんは本を信じて、素敵な本を出して、注文書を持って全国を渡り歩いていけるのだろうと思います。

★HP内で紹介している本は全て通販可能です。まずは、メールinfo@book-laetitia.mond.jpまでご連絡ください。