チリのパブロ・ラライン監督作品「エマ、愛の罠」のヒロイン、エマはとんでもない人物です。さて、応援できるか、反発して劇場を出るか………。

のっけから凄いシーン。街の信号機がメラメラと燃えてしまいます。カメラが引くと、火炎放射器を持った女性が立っています。それがエマです。彼女は、若手ダンサーとして活躍していたのですが、とあることから職を失い、さらに、夫で振付師のガストンとの関係も冷えていきます。

さて、ここからです。エマは相談にのってくれた女性弁護士ラケルを誘惑し、彼女の夫のアニバルとも関係を持ちます。かと思えば、別居中のガストンを挑発し始めます。濃厚なセックスシーンが登場します。挙句に、エマは妊娠して子供を産みます。彼女の家には、ラケル、アニバル、ガストが、所在無げに集まります。父親は誰?もう、わやくちゃです…..。エマの、一見無自覚にも見える行動について映画は何の説明もしません。もちろん原因があるのですが。何度か登場する火炎放射器シーンも唐突です。

ヒロイン、エマを演じるマリアーナ・ディ・ジローラモがカッコいい。ミステリアスで中性的なルックス、大胆な行動力、揺るぎない意志、狙った獲物に一直線に突っ込む獰猛さ、をすべて兼ね備えています。

ラストは、ガソリンスタンドでガソリンを補充しているエマの姿で終わります。おい、おい、まだやるか!

でも、私はこうなのというエマの自信と行動力を見ていると、これもありかと納得してしまいます。その生き方には反社会的とか、反倫理的とかいうレッテルを貼ることもできるのですが、そんなもん、この火炎放射器で焼いてやるわ!というエマの声が聞こえてきそうです。

80年代後半にアメリカ合衆国のヒップホップの影響を受けてプエルトリコ人が生み出した音楽「レゲトン」。そのエネルギッシュなサウンドにのって踊るエマだけでも見て欲しい映画でした。

映画の中で、背中にドラムとシンバルを背負って、リズムを刻みながら踊る大道芸人が登場するのですが、やってみたいな、と思いました。

 

★発売決定!町田尚子さんのおなじみ猫のチャリティーカレンダーを、10月中旬より販売いたします。価格は550円(税込)です。今年のテーマは日本映画です。

ARK(アニマルレフュージ関西)の2021年度カレンダーを入荷しました。

・大きいサイズは1000円(撮影は児玉小枝さん)・卓上サイズは800円(ARKスタッフ撮影)

売り上げは全てARKに寄付します。ぜひ店頭で手に取ってください。