毎年、北海道からネイチャーガイドの安藤誠さんをお迎えして、北国の自然を語る会を開いています。今年は、コロナ感染拡大のためどうなることかと思いましたが、参加者を制限させていただいて、10月30日に開催いたしました。

コロナ流行のため、安藤さんの経営するペンション、ヒッコリーウィンドは三ヶ月間の休業を余儀なくされました。そんな中、彼は「本当にやりたいことは何なのか、何の為に仕事をしているのか」を問い続けたといいます。そして、原点に立ち戻って、大自然の美しさ、不思議さを知ってもらうことが、自分の務めだと再確認します。そこで、素敵な映像制作を手掛け、この会で披露していただきました。

プロ仕様の機材を駆使して制作された、北の国に生きる動物たちの姿は、奇跡のように美しいものでした。この先、北海道の自然をいっぱい詰め込んだ長編ドキュメンタリー映画を作って全国を巡回することも、安藤さんとヒッコリーウィンドのスタッフの力を思えば夢ではありません。

彼はさらにステップアップを目指します。なんと現在、狩猟免許と罠猟の許可を取る為に勉強しているということです。何故か?

人里に出没するクマに対して、猟友会の方々が動いておられますが、猟友会も高齢化していて、銃を扱える人が年々少なくなっています。銃を持つものに対してクマはそれ以上近づくことはありません。ですが、銃で追い払う代わりに罠を仕掛け、捕まったクマは片っぱしから処分されているのが現状です。どこのクマかわからないまま、安藤さん曰く、無実のクマが殺され続けているのです。その数、年間5000頭とか。

彼が免許を持つことで、自治体と協力しながら最小限の処分で、結果、クマを守るという方法を模索するという試みです。ネイチャーガイドとして、自然を熟知している彼にこそ、できることかもしれません。ここまでのクマへの深い愛情の、その根底には、この星は人間だけのものではないという信念があると思います。

90分ほどのトークでしたが、実り多き一夜でした。こんな時期にも拘らず、小さな書店の小さな集まりに来てくださったお客様と、安藤さん、ヒッコリーウィンドのスタッフの皆様にお礼申し上げます。

⭐️11月5日どう出版より安藤さんの自伝的エッセイ集「日常の奇跡」(税込1870円)が発売されます。もちろんレティシア書房は、この本を取り扱います!安藤さんを知っている方も、ネイチャーガイドって何?という方もぜひ手にとってみてください。予約も受付ております。