北海道釧路在住のネイチャーガイドで、写真家。そしてウィルダネスロッジ「ヒッコリーウインド」オーナーの安藤誠さんの「日常の奇跡ー安藤誠の世界」(どう出版/新刊1870円)が入荷しました。

安藤さんと初めて会ったのは、10年ほど前。ロッジに二泊ほどして、湿原をガイドしてもらったり、音楽の話や、彼のギターを聴きながら美味しいウィスキーをご馳走になったことを思い出します。その後、北海道の自然を語るネィチャートークツアーで当店にもお越しいただき、ここ数年は毎年開催してきました。彼が言い続けてきた大切なことが、この本にまとめられています。

「私が5、6歳の頃は、ヒグマにたいへん興味を持っていたそうです。クマに取り憑かれているのではないか、医者に診せなければならないのではないかと親が思い詰めるほど熱心だったと聞いています」

そんなクマ少年は、今、本格的にクマ保護のための活動を始めています。その話は当ブログ「安藤誠トークショー、今年もやりました。」をご参考にしてください。

彼は、昨今のマスコミのクマによる人災についての報道に偏りが多々あることを問題にしています。

「北海道の有名なお菓子に『山親爺』と言うクマの絵柄の入った昭和のお菓子があるのですが、それは、北海道では山で『クマ』と呼ぶと失礼だから、『おやじさん』と言うふうに畏敬の念を込めて呼んでいたそうです。」

クマのことだけでなく、荒れ果ててゆく自然に対して、何をなすべきかを本気で考え、行動している人だと思います。クマによる人災にアホなコメントを出していた環境大臣にこそ、一ヶ月ほどここで修行していただきたい。(右の写真は安藤さんの作品です。このクマの顔つきが好きです。)

プロのガイドとして、カメラマンとして、北海道の自然を語る者として、この人は本物だと思います。

自転車好きの彼は、こんなことを書いています。「自転車旅行は素晴らしい。自分で漕がなければ1メートルも進まない。しかし意思があれば、その意思をブーストさせて1日に100キロ以上の移動が自力のみで可能となるのだ。エンジンは自分自身。自分自身の心技体。諦めない心。何度となくやってくる坂道、時に信じられない過酷な峠や向かい風、雨にもみまわれる。しかし立ち向かって超えていくのだ。それが全て自分自身の結果と実績になる。」

前向きに全力疾走する安藤さんらしい言葉だと思います。