京都の出版社烽火書房より出た浪江由唯著「世界の紙を巡る旅」(2860円)の出版記念展がスタートしました。著者は大学時代、文化人類学を専攻し、その時にネパールの紙に出逢いました。そこから「紙」に魅了されて、大学卒業後、2019年から翌年にかけて約1年間、世界の紙を求め、「世界には、どんな紙があるのだろう。どうすれば、手仕事の紙は残ってゆくのだろう。旅の初めに抱いた疑問」を持って、世界へと飛び出しました。工房を訪問し、出会った紙を日本に持ち帰ったのです。アジア、北アメリカ、バルト三国、ヨーロッパと渡り歩き、そこで入手したものを整理し、各国で感じたことを文章にしてまとめたものが本書です。今回は、入手した中からほんの一部を展示しました。

メキシコで見たアマテについて、本でこう書かれています。

「紙の繊維を編みこんだり叩き潰したりして作られるアマテは、果たして紙と言えるのだろう

か。紙の定義に則れば、アマテは紙とはいえない。用途も、文字を記すよりも壁に飾られたり呪術の装飾に使われたりすることの方が多いらしい。」

実物を3点(写真右・上段がアマテ/下段は韓国の紙)飾っていますが、なるほど、紙にしてはゴツイし、存在感が半端ではありません。触ると暖かい感じがして著者が惹かれるのが何となく分かります。読むだけではわからない紙の魅力を再認識しました。

日本でも話題になった手書きの本を出版するインドのタラブックスで、印刷のミステイクで出た紙という珍品(?)も一点展示してあります。交渉されたとは思いますが、よくもまぁ、職人が自分の失敗作を放出したものですね。

販売コーナーでは、タイやネパールの紙で製作された封筒、メッセージカード、美しい透かしの入った紙(ブックカバーにもなります)などを販売しています。数量に限りがありますのでお早めにどうぞ。

⭐️「世界の紙を巡る旅」展は4月14日(水)〜25日(日)まで13:00〜19:00 月・火定休