一昨年でしたか、「mal”創刊号」が出た時、あっと言う間に売切れた記憶が残っています。今日ご紹介する本誌は、正確には「隣町珈琲の本mal”02号」(1540円)と言います。主宰者の平川克美さんは、「隣町珈琲」の店主で多くの著書があります。以前当ブログでも「見えないものとの対話」を紹介しましたが、最近気になっている評論家の一人です。

本好きならば、読みたいと思わずにはいられない面子が、今回並んでいます。

銀閣寺の「古書善行堂」店主山本善行さんが「『古書善行堂』は『町の灯』になれるか」と、コロナ禍で悪戦苦闘する店の様子と、新しい試みでお客様を開拓している様子を報告されています。

また、人文系私設図書館ルチャ・リブロ店主の青木真兵さん(2月に当店でも個展をしていただきました)が、とても素敵な文章を寄せておられます。田舎に建てた図書館は、何かと地元の行事参加が多くなります。

「山村での生活は、共同墓地の清掃や地区の消防団の活動など、地縁と血縁が要です。この『濃い縁』の中での暮らしは、都会で生活していた頃には全く興味の湧かなかった『あるもの』にハマるきっかけを与えてくれました。それが映画『男はつらいよ』です。」

なんで寅さんが登場するの?まさか人情がどうのこうのとかいう話なの?いえ、違います。詳しく本書をお読みください。青木さんの物の考え方がわかると思います。

「夏葉社」代表島田潤一郎さん、古本屋「山王書房」店主関口良雄さんのご子息の直人さん、平川克美さんとの「『昔日の客』が残したもの」と題した座談会は、古書好きには注目です。「昔日の客」は、夏葉社から再発されていて、 関口良雄さんの、本と作家への愛情あふれる随筆集です。この本を巡っての三人の座談は、心から本を愛している心情が伝わってきます。(右は夏葉社版「昔日の客」)

小説、エッセイ、詩と盛りだくさんな一冊ですが、最後に古屋美登里が、自身翻訳した「その名を暴け」(古書/1500円)について書いています。「#MeToo運動」の先駆けとなったハリウッドを揺るがしたスキャンダル事件について、執拗に追いかけた女性記者のノンフィクションは、昨年ブログでも取り上げましたが、こちらもぜひお読みください。