2018年6月に、梅田香織さんの日傘展を初めて開催しました。ちょうど梅雨入りの鬱陶しい時期でしたが、店内にパッと花開いたような日傘は見ているだけで楽しくて、元気が出たものです。

梅田さんは、長い間ファイバーアートの作家として活躍してこられました。日傘はもともと自分で使うために作り始めたのですが、生地を選び仕立てる工程がとても楽しくて、前回の個展から日傘作りにますますはまり、3年後、パワーアップして戻ってきてくださいました。

古い日傘(昭和30年〜40年代)を解体して、昔の職人さんの仕事に感心したり、何度も布を張り替えて大事に使われていることに感動し、そこへセレクトした布地を張り替えて、新しい命を吹き込みます。生地は主にアメリカのテキスタイルが多く、ユニークで素敵。さらに、梅田さんは傘に縁取りをします。編んだり、収集していたアクセサリーを組み合わせることで、ますます梅田さんのセンスが光ります。

アート作品に取り組んでいた頃も、色々面白い素材を集めて、組み合わせて、新しい作品を生み出してきた、それが、日傘作りにも生かされているようです。梅田さんの日傘は、他にはないユーモアと美しさがあり本当に魅力的です。ぜひ一度ご覧になってください。傘をパーっと広げた瞬間、嬉しくなりますよ。今回は、友人の漆塗りの作家、小田切裕美さん作の真っ赤な柄がついたものもあります。(日傘は18000円〜20000円)

本屋での個展ということで、ブックカバーも並びました。これがまた、梅田テイスト!表地と裏地の組み合わせが絶妙です。(1500円税込)

 

⭐️梅田香織「なつのひがさ」展 

6月9日(水)〜20日(日)13:00〜19:00   月・火定休