絵本作家、堀川理万子の新作「海のアトリエ」(偕成社/新刊1540円)は、うだるような暑い今、涼しい部屋で読んでほしいと思う一冊です。

「わたしは、おばあちゃんの部屋が好き、なんだか、いごこちがいいんだ。」と、いつもおばあちゃんの部屋に入り浸っている「わたし」。部屋の壁に「ぱっちりひらいた目が、まっすぐこっちを向いている女の子」の絵が飾ってありました。

だれこの子?

実は、「わたし」と同じくらいの時のおばあちゃんでした。

「その絵を描いてくれた人のこと、話してあげようか」

おばあちゃんの、ちょっぴり辛く、そして楽しく、懐かしい時代の物語が始まります。おばあちゃんは、かつては登校拒否の子供だったのです。そんな彼女を見かねた、海のそばに住んでいる絵描きさんが、一人で遊びにおいでと誘ってくれました。絵描きさんはお母さんの友達でした。

海の見えるアトリエで、ゆっくりした時間が流れていきます。手作りの晩御飯を食べた後は、読書タイム。このワンカットが素敵です。あぁ、こんな場所で本を読んでみたいと思いました。

それから、絵描きさんと二人だけの暮らしが始まります。「朝の浜辺は、とても静かだった」というダイアローグ通り、静かで美しい浜辺が広がり、パチャパチャと泳ぐ音だけが聞こえて来そうです。

それから彼女は、絵描きさんと一緒に絵を描き始めます。自由に心のままに絵を描いたり、近くの美術館に連れて行ってもらったり、お料理を作ったりと楽しい日は流れていきます。最後の日、二人は浜辺で沖を眺めました。このシーン、本当に海の風を感じる素敵な場面です。

おばあちゃんのお話は終わりました。そんな絵描きさんに会ってみたかったな、という「わたし」におばあちゃんはこう言います。

「そうね、でも、あなたはこれから、あなたのだいじな人にであうのよ。このことをずっとおぼえていたいって。そんな日が、きっとあなたをまっているわ」

著者は、子供の頃、近所の女性画家から絵を習っていました。画家は一人アトリエで暮らしていたそうです。

「わたしにとってはじめての、子どもを子どもあつかいしない『おとな』でした」とあとがきで書かれています。

浜辺の香り、涼しい風、そして静かに過ぎ行く時間が、程よくブレンドされた傑作絵本です。

蛇足ながら、6月に東京の書店「title」で原画展やってたみたいです。行きたかったなあ…..。