信頼している評論家の川本三郎著「東京は遠かった 改めて読む松本清張」(毎日新聞社/古書1350円)で、松本清張の存在の大きさを改めて確認しました。

松本清張ってTVの2時間推理ドラマの原作者ね、ぐらいの感覚の人もいるかもしれません。私にとっては、「砂の器」「張り込み」「ゼロの焦点」「黒い画集」などの日本映画の傑作群の原作者という認識でした。だから、今更古びた社会派推理の本なんてなぁ〜という気分でした。おそらく川本三郎が著者でなかったら読まなかったと思います。

「格差社会と言われてすでに久しい。一億総中産階級と言われた1980年代のバブル経済期に誰が、その先に格差社会が来ると想像しただろう。しかし、いま、松本清張の初期の作品を読むと、日本の社会は、いまもむかしもそれほど変わっていないのではないかと思ってしまう。」

著者は、松本の長編・短編を一作品づつ取り上げ、小説に描かれる中央と地方の格差、閉鎖的な社会の中で転落してゆく男と女の悲劇を解説しています。

長編推理作家だと思っていましたが、短編に優れた作品が多く存在し、松本の鋭敏な時代感覚が反映されていると著者は言います。

そして、「霧の旗」で、九州から一人東京に出てきた女主人公についてこう書いています。

「東京の真ん中の銀座にあって、地方都市から出てきた若い女性は孤独である。金もないから心細い。東京は憧れの地であると同時に力のない、いまふうに言えば『負け組』の彼女にとっては、威圧的な冷たい街でしかない。

松本清張は、このように、東京をいつも、地方という弱者の目でとらえる。東京を地方によって相対化する。東京人には見えない、東京の負の部分が見えてくる。」

第二章『昭和の光と影」では犯人のトリックや犯罪の動機だけがメインモチーフになる作家ではないことが、数々の作品のディテールを通じて示されていきます。事細かに描かれた都市の情景と、そんな文章を膨大な作品からチョイスした川本の眼力に感心しました。

さらに、松本が古書店をよく利用していたことを上げて、「『古本』をはじめ、作品のなかによく古本屋を登場させている。一般にミステリ好きと古本好きは重なることが多いが、清張の作品に古本屋が出てくると、それだけで心に残る。」と書き、古本屋が登場する作品を列挙しています。

松本清張という作家のことを再認識させてくれる一冊です。

●夏季休業のお知らせ  勝手ながら8月9日(月)〜17日(火)お休みいたします

私が出演するZOOMミーティング「フライデーブックナイト」の第1回が、今月20日に決定しました。ご興味のある方は下記アドレスまで

https://ccacademy.stores.jp/items/60fd4e1bbc1e6422b5501a4b