草木勝さんの写真展は、2018年のお正月以来で今回が2度目になります。日本写真協会・京都写真協会に所属するプロの写真家で、レティシア書房を開くずっと前からの知り合いでしたが、前回初めて「作品」を並べていただいてすっかり草木ワールドのファンになりました。

今回のテーマは「花」。花の写真はそこら中にあふれているので、草木さんがどう料理するのか楽しみにしていました。真っ黒な背景に美しい花がくっきり。これらは、いわゆる写真機を使わず、花を直接コピー機の上に置き、パソコンに繋いだスキャナーから直接データを読み込むという手法をとったのだそう。スキャナーは光源が極端に被写体に近いので、原稿台から数センチ離れると全て露出不足で暗闇に沈み、花を囲む背景は美しい黒になるというのです。草木さんは「これはこれで『写真』だといってもいいと考えている。」と、個展の挨拶文に書いています。

レティシア書房の店のサイズに合った、硬質な花の写真をスッキリと展示。迷いのない作品が、まっすぐこちらに向かってきます。これが妙に心地いいのです。

前回の個展は、川底に沈むカラフルな空き缶でした。それぞれの空き缶がゴミとは思えないほど美しかったのを覚えています。空き缶をそのまま撮り、後で加工を施さずに美しく仕上げるのは、川の流れのように自然体にしたい、という草木さん流のこだわりでした。写真を知り尽くして遊び、そして仕上がりは美しい。魅力的な写真家です。

京都国際写真祭(KYOTO GRAPHIE)が、今年も京都市内各所で9月18日から10月17日まで開催されます。「草木勝写真展」も一枚噛みたかったところですが、ちょっと日程が早すぎました。写真祭に先駆けて今日から始まりました。ぜひお運びくださいませ(女房)

 

✳️ 「FLOWERS」草木勝写真展は9月8日(水)〜19日(日) 13:00〜19:00

13日・14日は定休。

⭐️本の紹介をZOOMにてさせたいただく「フライデーブックナイト」。次回は9月17日(金)です。

⭐️北海道のネイチャーガイド安藤誠さんのトークショーを今年も開催します。

10月24日(日)19時スタート(2000円)要予約

 

 

Tagged with: