現在、当ギャラリーで開催中の福井さとこさんの原画展「カティとつくりかけの家」の書籍(1628円)が入荷しました。

全125ページ、フルカラーで福井さんの絵が入り、美しい仕上がりになっています。絵と文章が巧みにブレンドされた”絵読み物”として、出版社の気合いが十分表れています。(全国発売は20日で、当店のみ先行販売です!)

「ここはチェコ共和国の小さな街。雪げしょうをしたおもちゃ箱のような街から、山にむかって1台の車が走っています。」という書き出しで物語は始まります。

都会から自然豊かな街に引っ越してきた女の子カティが主人公です。お父さんは、手作りで家を作っています。そのつくりかけの家の絵が素敵で、こんな家に住んでみたくなります。

「トビー! たんけんにいこう! カティはぼうしをかぶると、はてしなく広がる雪景色のなかへ走って行きました。」愛犬トビーと雪の平原を駆け抜けるカティ。

お父さんが作ってくれた脚の長いベットに登ったカティ。どうしてこんな高いベッドなのか聞いた時「夜になればわかるよ。」と笑っていたお父さん。

「ふと、カティをあけると、カティは息をのみました。窓いっぱいに星がこぼれおちて、まるで夜空にすいこまれようです。」ああ、こんなベッドで寝てみたい!

小学校で、彼女はグルーニュ先生という博物学の先生に出会います。「カティは、美術や音楽と同じくらい、博物学がすきでした。授業では、美しい声のクロウタドリから、いろんなしゅるいのカラスの見分け方まで、みぢかな生きものや植物について、まなびます。」

さて、クラスにちょっと変わった男の子が転校してきます。いつも、体全体がぐっしょり濡れているヤンです。実は彼はカッパ?!だったのです。なんか賢治の「風の又三郎」みたいですね。彼女はヤンに連れられてカッパの家族の住む湖に飛び込みます。そのシーンは、波しぶきがこっちに寄ってきそうなほどで、実に楽しい。

都会では一人でいるのが好きだったカティは、たくさんの友達や面白い先生に出会い、毎日楽しくってたまりません。

「わたし、ここが大好き! カティは大きく深呼吸すると、鳥の声がする森にむかってかけだしました。」

少女が自然と触れ合い、豊かに成長していく姿を描いた絵本です。おかあさんの作る料理も美味しそう!

☪️福井さとこ原画展は17日(日)まで。土日は在廊されていますので、新刊本にサインしてもらえます。