ヒュー・ロフティングの小説「ドリトル先生」シリーズを初めて読んだのは、小学生の頃だったでしょうか。岩波書店から出ている全12巻のシリーズで、翻訳を井伏鱒二がしていました。しかし全12巻、確か最初の数巻だけしか読まなかった…….。

今回、生物学者の福岡伸一が翻訳した「ドリトル先生航海記」(新潮社/古書700円)を手にしました。本作品はこのシリーズでは第二巻に該当するもので、1922年に発行されました。原作者のロフティングは、第一次世界大戦に従軍し、その時自分の子供たちに送った物語が、シリーズの原型になっています。

再読の感想は、実に面白い!ワクワクする物語展開に、大人も子供も巻き込まれてしまいます。

パトルピーという町にある靴屋の一人息子トミーが、ドリトル先生と出会うところから始まります。トミーは、先生のような博物学者になって動物と話せるようになりたいと思っています。先生と一緒に住んでいるオウムのポリネシアはトミーに向かってこんなことを言います。

「それが観察力ってものですよ。鳥や動物の些細な特徴に気づくかどうか。歩き方、首の振り方、はばたき方。鼻をクンクンさせるのも、ひげをピクピクさせるのも、尻尾をパタパタさせるのも、ちょっとずつちがいがあるのです。動物のことばを覚えたいなら、そういう些細な特徴を見逃さないようにしなくてはなりません。」

つまりポリネシアは観察力の重要性を語っているのですが、今回読んでみて成る程と思う箇所が沢山ありました。

やがて、トミーはドリトル先生と楽しい仲間たちと壮大な航海へと旅立っていきます。海の美しさをシルバーフィジットという魚がこんな風に語ります。

「大西洋の波間をぴょんぴょん跳ねて、貿易風の波しぶきを浴びてケラケラ笑って、青緑色の渦巻く波にドボンと飛び込みたいわ!夏の日暮れどきに、空が真っ赤に染まって、海のあぶくがピンクに光ったら、エビと追いかけっこするの。赤道の海の正午のなぎには、海面で寝そべって、熱帯の陽光でおなかを温めるの!」

今すぐにでも、海にいきたくなるような描写です。トミーは、命を落としかけたり、不思議な事件などに遭遇しながらも、地球の自然とそこに生きる動物たち、人々のことを学んでいきます。もちろん、飄々として全く動じないドリトル先生の導きあってのことですが。

こんなにも豊かな物語だったのかと改めて感動しました。

福岡伸一はドリトル先生をこんな風に解説しています。

「ドリトル先生は、すべてのことに公平な人でした。最初の最初から公平であり、公平でありつづけた人でした。公平さは、少年に対しても、貧しい人たちに対しても、あるいは違う文化を持った人たちに対しても常にごく自然なふるまいとして示されます。それは動物たちにも、あらゆる生命に対しても現れます。」

今、世界が最も必要としている人物じゃないですか!