静峰さんの書展は、2013年、2019年に続き3回目の開催となりました。

今回のテーマは「裂と書」。前回はコレクションされていた更紗生地と書をパネル貼りにした、とても素敵な展覧会でした。その時たまたま来店されたレティシア書房のお客様が、表具師さんでした。自己流で作っていた静峰さんは、その方にパネル張りの方法を本格的に習われ、今回は骨董市で仕入れた裂や、カーテン生地などお気に入りな生地と書のコラボになりました。

表具では、空気が入って美しく仕上がらないということであまり使われることのない絞りの布も、彼女独特のセンスでステキに組み合わされて、書かれた「舞」の字は、しなやかに舞っているようです。

大事に使われ続けた生地だったのでしょう、ツギハギを施した古布もありました。人から人の手を経た温もりのある生地と「蠢く(うごめく)」と書かれた作品が似合っています。(左写真)

もともとテキスタイルが大好きなので、今回はとても楽しい制作になったとか。表具屋さんに頼むと仕上がりはもちろん美しいけれど、自分で工夫しながら作る方法を模索してたどり着いたこの展示は、静峰さんにとって格別のものになったようです。

書を始めて50年以上とおっしゃる静峰さんの作品展。「裂に助けられた」とおっしゃってますが、彼女の潔い墨蹟は心に響きます。どれほどたくさん書かれた中の一枚を選んで展示されたかと思うと、こちらの背筋が伸びる感じがします。

書房の白い壁に並んだ「書」の世界を楽しんでいただけたら、と思います。(女房)

⭐︎静峰「裂と書」展は、10月20日(水)〜31日(日)月火定休 13:00〜19:00(最終日は18:00まで)

Tagged with: