3年ぶりの『棚からうさもち展』で、本屋に春がやってきました。

棚からうさもちさんは、フェルトでウサギを作る作家さん。レティシア書房では、2015年3月に初めて個展をしていただき、今回の「ハーメルンの小さなうさぎ達」で5回目になります。

ふと立ち上がって顔を向けたグレーのウサギ(写真上)は、こちらに向かって語りかけているよう。その動きがリアルで驚きました。聞けば、ワイヤーの使い方を少しずつ変えて、さらに時間をかけて作っていらっしゃるのだとか。そういえばどのウサギ達も、じっとポーズをとっているというよりは、動きながら一瞬立ち止まった、という生き生きした感じが出ています。大好きなものがあること、そして作り続けることは素晴らしい!進化を遂げているウサギさんをぜひご覧ください。

フェルトの優しい手触りは、ウサギのモフモフ感と相性が抜群です。フェルトを作る時のスポンジに羊毛を刺す「サクサク」という音がウサギが草を食む音に似ていて、作りながら幸せに浸れるのだそうで、作家のウサギさんへの愛情は尽きることがありません。

初日からファンの方々がご来店、それぞれのウサギ愛にあふれたウサギ談義が店内で楽しそうに響きます。これも個展の楽しみです。毎年人気の「卵うさぎ」は完売しました。ポストカードも11種類並んでいます。春のグリーティングカードにいかがでしょうか。(女房)

 

✴️『棚からうさもち展 ハーメルンの小さなうさぎ達』は3月16日(水)〜27日(日)

13:00〜19:00 最終日は17:00まで    月火定休(  3/21 ,22は休み)