乗代雄介の新作「パパイヤ・ママイヤ」(小学館/新刊1760円)は、眩しく輝く”girl meets girl ”小説の傑作です。

SNSで知り合った二人の女の子、パパイヤとママイヤは、木更津の寂しい河口にある干潟で待ち合わせて、毎日を過ごすようになります。そこは流木が折り重なっている、まるで木の墓場のような所です。

「そこにわたしがいる。この人生がろくなものだと思えず、冷やかして回りたいような気分でいながら、そのくせこんな誰もいないところで、皮を剥いて横たわっている木に腰かけて足をぶらぶらさせて、オーバーサイズのフィッシングベストを着て、一人ぼっちで。

わたしたちの目はすぐに引き合った。『ママイヤ?』とパパイヤは言った。ちょっと笑って、ぶら下げていた足を引き上げながら、わたしは言った。『ほんとに着たんだね、パパイヤ』

これが、わたしたちの初めてに出会い、十七歳の夏の始まり」

二人の家庭環境は複雑です。しかし、著者はそこに焦点を当てることはしません。家族のエピソードを口にすることはあっても登場はしません。ひたすら彼女たちの魂が解放されてゆく輝しく眩しい物語です。

パパイヤは、「なんか、なりたい自分だって気がするんだよね、あんたといる時だけ」と打ち明けます。未来なんか考えられない生活環境、息苦しい学校生活の中で知り合った二人ですが、傷を舐め合ったり、癒したりなんてことはしません。ただ、暗いところにいた自分を明るい日の下へと向かわせる。そのためにはお互いが必要なのです。夏の空の青さ、太陽の眩しさ、吹いてくる海風、何もかもが彼女たちを祝福するのです。

そしてラスト。こんな美しい幕切れを描けるんだ!

作家の町田康がこの幕切れをこんな風に語っています。「最後の最後、その夏の道中の果てに、十七歳の生命の中にあった思いが、『美しくて汚くて寂しくて優しい』その場所に、夢のような踊りとして顕れたその様は、息が詰まるような美しさと悲しみを湛えていて、私はたまらない気持ちになった。」

二人の少女に幸あれ……。そんな気持ちで本を閉じました。