長い間アメリカ映画を観てきましたが、マリオン・ドハティ(1923ー2011)のことは初めて知りました。映画のサブタイトルに「ハリウッドの顔を変えた女性」とありますが、プロデューサー達が俳優リストを見て、はいこの役は彼ね、この役は彼女ね、と決めていたキャステイングの在り方をガラリと変えてしまった、プロフェッショナルな女性です。

白人男性至上主義のハリウッドの、強固なスターシステム下で、役者の個性を直感的に見つけだす才能と絶妙のセンスで、ユニークで多種多様なキャスティングを行い、アメリカンニューシネマ時代の傑作に多くの人材を送り込んだマリオン。映画は、トップクラスの俳優たちや、彼女が育てたキャステイングディレクターたちへのインタビューを中心に構成されています。

アメリカ映画は、「卒業」「俺たちに明日はない」以降新しい時代へと入りました。まさに彼女が、オフ・ブロードウェイやオフ・オフ・ブロードウェイなどで、多くの役者を見つけ出し、現在アメリカ映画を代表するスターの代表作が生まれた時代です。

彼女の仕事の大きさと偉大さを知る一方で、私自身が最も多くのアメリカ映画を観てきた時代の作品が、監督が、役者が、ドンドンと登場するので懐かしく、そしてあの頃の映画が自分にとってどれほど大きな存在だったを再確認して、とても楽しい時間を過ごしました。

ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ロバート・レッドフォード等々がデビュー当時のことを語り、マーティン・スコセッシ、ウディ・アレン、クリント・イーストウッドら今も現役の監督たちが、マリオンの存在がいかに大きかったを語り尽くすのです。「俺たちに明日はない」「明日に向かって撃て」「真夜中のカーボーイ」「スティング」「ダーティハリー」「バットマン」など、あの映画のあの役者はドンピシャだったよな!と思ったキャスティングには、マリオンが関わっていたのです。

アル・パチーノはマリオンについてこんな風に語っています。

「俳優を続ける中で、好きになった言葉の一つが『励まし』だが、マリオン・ドハティは『励まし』そのもののような人だった。そんな人を私は彼女以外に知らない。」

マリオンのドキュメンタリーを観ながら、面白そうなアメリカ映画を探して、劇場を走り回った充実した青春時代を思い出した90分でした。(京都みなみ会館で上映中)