かつてナチスに加担した若者だった人々にインタビューした映画「ファイナルアカウント 第三帝国最後の証言」(京都シネマにて上映中)を見て、背筋がゾッとしました。それは、自分がいつでもその立場になり得るということを突きつけられたからです。

ヒトラー率いるドイツ第三帝国で行われたホロコースト。その現場を目撃した武装親衛隊のエリート士官、強制収用所の警備兵、ドイツ国防軍兵士、軍事施設職員、虐殺が実行された場所の近くに住んでいた人など、様々な人々が登場します。ホロコーストの被害者側のインタビューを中心に据えた記録映画はありますが、ドイツ人、あるいはオーストリア人など加害者側の証言だけで構成された作品は極めて珍しいと思います。

監督のルーク・ホランドは、祖父母がホロコーストの犠牲者であることを少年時代に知りました。そして、加害者に立つ人々が、どう戦後を生き延び、今どう思っているのかを、10年以上かけて丁寧にインタビューしてきました。

ヒトラーの時代への弁明、後悔、逡巡、などが彼らの口から語られます。インタビュアーでもある監督は、被害者側から加害者を追い詰めてゆくという方法ではなく、じっくりと彼らに接して、自然な発言を引き出してゆく手法がなかなかでした。

「人が焼ける匂いがしていた」「虐殺のことを口に出したりすると自分も殺される」そんな恐怖の中を生きて、何も言えなかった自分を責める人がいる一方で、今もヒトラーを支持している人もいました。エリート軍人として鍛えられて、カッコいい軍服を着て、戦争を生き抜いた人にとっては、ヒトラーの全てを否定することはそのまま自分の全人生を否定することになるのです。虐殺は認められないが、彼のやろうとした政治は間違いではない、と言わざるを得ないのも理解できます。

若き日の軍服姿の写真を誇らし気に見せる人、授けられた勲章を机の奥に大切に保管している人、エリート部隊は虐殺に関与していないときっぱり言い切る人。彼らの口調が激昂するでもなく、あまりにも自然な雰囲気なので、え?この人たち加害者の側にいたんだよね?ということを忘れてしまいそうになります。

上に立つリーダーが道を踏み外し狂いだしても真実がわからないまま、我々はいとも簡単に何度でも巻き込まれていくという恐怖を感じさせる映画でした。ルーク・ホランド監督は、映画公開直後の2020年6月に71歳で亡くなりました。