「かもめ食堂」や「めがね」等、独特のリズムのある映画を作ってきた荻上直子監督の最新作「川っぺりムコリッタ」は、今年観た映画の中でも印象に残る作品でした。(Movix京都で上映中)

できれば映画館で観ていただきたい作品です。で、どんな映画?と問われれば、松山ケンイチ扮する前科者の山田が、ムロツヨシ扮する明るいのか暗いのかわからん不思議な男島田幸三と二人で、炊き立てのご飯にイカの塩辛を乗せて、食事するのを見守る映画です。え?そんな映画が面白いの??と言いたくなるかもしれませんが、これがメチャメチャいいんです。

山田が、出所後、北陸のイカの塩辛工場で働き出すところから始まります。そして社長に紹介された「ハイツ・ムコリッタ」という安アパートで暮らすことになります。風呂上がりに冷えたミルクを飲む、という唯一の楽しみを、初対面の隣人の島田に邪魔されます。厚かましくも「風呂貸してよ」と顔を出し、そこから不思議な付き合いがが始まります。

息子を連れて、いつも喪服を着ているお墓のセールスマンの溝口さんとか、一風変わった人が住んでいるアパートで、最初は頑なに閉じていた山田が少しずつ、少しずつ心を開いてゆきます。そのきっかけが、島田と食べる白ご飯なのです。殺風景な部屋で、男二人がご飯にイカの塩辛を乗せて、本当に美味しそうに食べるシーンが何度も登場します。人の幸せは食にある!という事を映画は語っているようです。「足るを知る」という言葉が、ふと浮かんできました。

この映画では、扇風機の回る音、川のせせらぎ、蝉の鳴き声、鳥のさえずり、にわか雨、あるいは風の音などが見事に捉えられています。いつもそばにあるそんな音が心地よく響いてくる時、生きている小さな幸せを感じるのかもしれません。ささやかだからこそ、映画館で観て欲しいのです。

ここに生きている人々は、みんなそれぞれ心に闇があり、傷を持っています。映画の中ではいちいち詳しく語りませんが、ワケありの人たちが、友達でもなく、家族でもない、でも孤独ではない関係でいる。「ハイツムコリッタ」は、そんな居心地の良い場所なのです。生と死が柔らかくつながっているような場所でもあります。

落語家の立川志の輔の推薦の言葉が、本作品の真髄を言い当てています。「心の老廃物が全部でて、あーあ、すっきりした!ご飯が食べたい!魂のデトックスにぴったりな映画」オススメです。