多分純文学の作家以上に、刑事小説や探偵小説を書く作家は、情景描写には念には念を入れなければならないと思います。大沢在昌の「新宿鮫」や、逢坂剛「カディスの赤い星」等の傑作群を読むとよくわかります。

元刑事で、今はしがない私立探偵の茜沢が活躍する「時の渚」(文春文庫/古書350円)は、きっちりと情景描写、そして戦中戦後の悲惨な境遇から幸せを求めて生きる人たちの歴史が、巧みに刷り込まれています。

元ヤクザの親分で、今は末期癌に冒されて余命いくばくもない老人から、35年前に生き別れた息子を探すように、茜沢が依頼されるところから話は始まります。ほんの僅かの手がかりを元に、探していきます。

「『生まれたその日に、赤の他人にくれてやった息子だよ、三十五年前の話だ』元気で生きていれば茜沢と同い年。人の記憶が風化するには十分な年月だ。困難な仕事になりそうな予感がした。」

と思った通り、捜索は袋小路に入ります。実は茜沢は、数年前に妻と子供を轢き逃げ事件で亡くし、その時の警察組織とのいざこざで彼は職を辞しています。

こういう小説の場合、主人公には深い傷があるのがお約束なのですが、感情過多に描いてしまうと、小説が安物になってしまいます。あくまでもストイックに描くことが鉄則です。人探しをしていくうちに、過去の忌まわしい事件とも関連があることがわかってきます。この辺りの物語の進め方も定石通りですが、登場人物がよく描かれているので、安心して読み進めます。

物語終盤、作家の出身校の立教大学で大活劇が描かれます。普通なら事件解決でチャンチャンなのですが、こここから更に物語が始まるのです。あえて言えば、重松清風な展開で「家族の絆」というテーマが浮上してきます。個人的には、ややオーバーラン気味に感じたのですが、亡くなった茜沢の父親の骨を散骨するシーンで、やはりこういう決着しかないと納得しました。

「寄せ波が膝を洗う深さまで踏み込んだ。水は冷たかった。ポリ容器の蓋を取り、引き波に合わせて骨灰を軽く一掴み撒いた。ほんの一瞬、波の上を漂って骨灰はすぐに沈んでいき、巻き上げられた砂と一緒になって沖合いへ運ばれていった。

また引き波を待って一掴み撒いた。永遠という時を刻む時計の振り子のように、渚は暖かやかなリズムで寄せと引きを繰り返し、やがて生きていた父の証のすべてが、海原の彼方へと呑み込まれていった。心の中に奇妙な温かい記憶だけが残った。」

ここに至って、いい物語に出会ったと思いました。

 

 

Tagged with:
 

1979年兵庫県生まれ、同志社大学文学部英文科卒業の作家松田青子は、劇団「ヨーロッパ企画」にスタッフ、俳優として参加します。恵文社一乗寺店でアルバイトをしていたときに、作家の福永信と知り合い、ブログに発表していた文章を福永に注目されて、同人誌に寄稿して、作家活動へ入っていきます。私は読んでいませんが、2013年発表の「スタッキング可能」で一躍注目されました。

彼女の小説に初めて接したのは、文芸雑誌に記載されていた短編で、タイトルも中身も忘れましたが、オフビートな、あるいは不思議な文体と物語の進行が心に焼き付きました。その後の超短編集「ワイルドフラワーの見えない一年」(河出書房新社/古書950円)は、これ小説??みたいなオンパレード。でも、面白いのです。

「You Are Not What You Eat」。横文字のタイトルなのですが、これ、主人公がひたすら吐きまくるだけのお話。「吐きはじめたのは、朝の四時頃のことだった。」で始まります。「わたしはさっさとつるつると光る白い便器に屈み込む。案の上、体の真ん中あたりからすぐに込みあげてくるものがある。はいはいとわたしは口を開けた。」

「はいはいとわたしは口を開けた。」なんてなかなか書けません。ここから、ひたすら吐くことを観察していき、「M&M」チョコレートらしきものが口から出てきます。「わたしはM&Mを食べた覚えがなかった」と主人公が不思議に思うあたりから、どんどん話が逸脱していきます。食事の前には読まない方がいいかもしれませんが、引き込まれますよ。

彼女の読書体験と映画体験を綴った「読めよ、さらば憂いなし」(河出書房新社/古書1350円)は、「痛快」な一冊です。訳知り顔のオヤジの書評集なんぞは読まなくてもいいですが、これは面白い。ワハハ、と笑ったり、そうだそうだと相づち打ってください。雑誌「フィガロ」で、「現代の女性にエールを送る3冊」として推薦しているのが、「ヒロインズ」、「説教したがる男たち」、「マリーアントワネットの日記」(これ吉川トリコのコミックです)ですから、この書評集で取り上げている本も推して知るべしです。

ちなみに彼女のペンネームですが、本人が松田聖子にあこがれていて、読者が「まつだ せいこ」と読み間違えたら面白いと考えたためと、Wikipediaに出ていました。

 

 ♫トーク&ライブ決定 7月13日(土)澤口たまみ(かたり)石澤由男(ベース)

今年1月、当店で行われた「宮沢賢治愛のうた」(澤口たまみ著)出版記念イベントのお二人のトーク&ライブが決定。ゆったり、そして豊かな時間の流れた前回同様、今回も期待度大です。賢治の言葉とウッドベースの響きが心地よく胸に伝わってくること間違いなしです。

当店絵本人気No.1「ネコヅメのよる」(WAVE出版1512円)の著者、町田尚子さんの新作、「なまえのないねこ」(小峰書店1620円)入ってきました。

文は、竹下文子さんが書いています。主人公は、のらねこです。

「ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。だれにも なまえを つけてもらったことが ない。 ちいさいときは ただの『こねこ』だった。 おおきくなってからは ただの『ねこ』だ。」

彼の周りの猫は、みんな名前を持っています。

本屋さんの猫は「げんた」という白黒のねこです。八百屋さんの猫は、どこがチビというぐらいの大猫(これ笑います)。町の多くのお店に猫がいるようです。お店ばかりか、お寺には「じゅげむ」という名前をつけてもらった猫までいます。

自分も何とかして名前が欲しい。そんなある日、雨宿りしていたベンチの下を小さな女の子が覗いて、「きみ、きれいな メロンいろの めを しているね」と声をかけられた彼は、気づきます。「そうだ。わかった。ほしかったのは、なまえじゃないんだ。」

じっと女の子を見上げる猫の横顔に、思わず泣いてしまいました。そうです。のらねこは、名前を呼んでくれる人が、愛してくれる人が欲しかったんです。町田さんの丁寧な絵に心を掴まれ、とっても幸せな気持ちになります。猫好きなあなた!必見です。

「ネコヅメのよる」も再入荷しました。ふてぶてしい猫が魅力的なこちらもお楽しみください。

 

 ♫トーク&ライブ決定 7月13日(土)澤口たまみ(かたり)石澤由男(ベース)

今年1月、当店で行われた「宮沢賢治愛のうた」(澤口たまみ著)出版記念イベントのお二人のトーク&ライブが決定。ゆったり、そして豊かな時間の流れた前回同様、今回も期待度大です。賢治の言葉とウッドベースの響きが心地よく胸に伝わってくること間違いなしです。

 

 

京都dddギャラリーにて開催中(19日まで)の、矢萩多聞さんの「本の縁側展」に行ってきました。ご存知の方も多いと思いますが、矢萩さんは京都在住の本の装丁家です。展覧会では、2002年から2019年にかけてデザインした全装丁約500点がズラリと並び、どの本も手にとって中身を見ることができます。

彼は装丁家の自分の仕事をこう語っています。

「装丁とは、読者の目をひくためにあるわけでも、ありがたい芸術作品でもない。どんなに難しい学術書でも、紙やインキが、いくばくの居心地のよさをもたらしてくれる。どんなささやかな本でも、暗い時代の灯火になって、血の通う人間のあたたかさを照らしてくれる、どうかそういうものであってほしい、と祈るようにして、ぼくは本をつくってきた。」

作家に寄り添いながら、ある本は字体にこだわり、ある本は大胆なデザインで迫り、またある本では写真を見事に使い切って、読者に届けようとしていることが、実際に500冊もの本を手に取って触ると感じられます。

1999年の創業以来、人文系全般にわたる学術書を中心に出版活動してきた「春風社」で製作した本が多数ありました。私の勉強不足で、あまりこの出版社のことを知りませんでしたが、地味ながらいい本が並んでいました。何点か当店でも置きたいと思い、今古書で探しています。最近は、ミシマ社と組んだものも多く、昨年出版された「奇跡の本屋をつくりたい」(1620円)も矢萩さんの装丁でした。

ところで、矢萩さんといえば、インドのタラブックスを紹介した人物としても有名です。ミシマ社からは「たもんのインドだもん」(1080円)も出ています。80数ページのインド紹介の本ですが、笑って、泣けてくる本です。この中で、音楽について、そうそうと同じ思いをもった文章があります。

「ぼくは音楽そのものよりも、音楽のまわりを取り囲む空間や人々が好きだった。そういう体験を通して音楽に触れてきたんだ、とそのときはじめて気がついた。パソコンや携帯端末からあらゆる国の音楽が簡単に取り出せても、そこにいたるまでの物語がない。それはずいぶん貧しい世界のように思えた。」

6月25日から〜8月18日まで細身美術館で「世界を変える美しい本 タラブックスの挑戦」という展覧会が始まります。まだ、タラブックスのことを知らない方は、ぜひ見に行ってください。手作り本の持っている深い味わいに感動されると思います。私も今から楽しみにしています。

 

★「世界ひとめぐり旅路録」展開催中の小幡明さんが、明日14日(金)19時半より、FMひらかたパーソナリティー久保有美さんと一緒に「小幡明の旅の話アレコレ」と題したトークショーを当店にて開催します。(参加費1000円/要予約)

 

1994年北斗出版から「森は海の恋人」が出版されました。著者の畠山 重篤は、1943年上海生まれ。戦後、父親の実家のある宮城県気仙沼で牡蠣、帆立の養殖に従事していました。汚水の垂れ流し等で海の汚染が始まった時、上流山間部の森林が果たす役割に着目し、気仙沼湾に注ぐ大川上流の室根山へ植樹を開始します。その経緯を書いたのが「森は海の恋人」でした。

今年、”牡蠣爺さん"こと畠山さんへの聞き語りで、「牡蠣の森と生きる」(中央公論社/古書950円)が出版されました。三キロもある大ダコを素手で捕まえていた幼年時代、父親が始めた牡蠣の養殖を手伝い出した若い頃、チリ地震で発生した津波で大打撃を受けたこと、帆立養殖に挑戦し、何度も失敗しながら、軌道に乗せて暮らしが楽になってきた日々、そして高度成長時代、三陸の海に異変が起こるまでが前半です。

東京オリンピックで日本が沸き立っていた頃、先ずノリの養殖に異変が起き、続けて牡蠣が思うように育たなくなります。海の汚染です。企業活動による排水や生活排水の汚れなどが、海を河川を汚していきます。そんな時、森の豊かな場所に魚が集まることを科学的に立証した北大の松永勝彦教授に出会います。

植物プランクトンが海藻や海中の窒素やリン等の栄養分を吸収するのを助けるのが、鉄分です。広葉樹が秋に落葉し、腐植土になる時に出来るフルボ酸は、地中の鉄と結合し、フルボ酸鉄となり、川を経由して海に流れ込んできます。鉄分を海に運んでいたのは、森で生まれたフルボ酸だったのです。

畠山さんは、早速仲間たちと植林運動を立ち上げ、森を豊かにしていきます。そのことが、長い目で見れば、海を豊かにするのです。

「森と川、海がつながり、鉄が供給されれば美しいふるさとはよみがえる。それがわたしの信念です」

畠山さんは、本業の傍ら植林作業を行い、地元の小学生の海辺の体験学習へと、活動のエリアを広げていきます。全て、順調と思っていた矢先、再び津波がこの地を襲います。東日本大震災です。その破壊の凄まじさが語られます。老人ホームに入所していた母親を失い、何もかもが流され、もうダメだと思ったある日のこと、「魚がいる!」と孫たちが叫びます。さらに、湾を調査した京大の田中克先生は、こんな言葉を伝えます。

「津波では、干潟を埋め立てた場所での被害は大きいですが、川や森の被害はほとんどありません。海が、津波で撹拌されて養分が海底から浮上してきたところに、森の養分が川を通して安定的に供給されています。畠山さん、”森は海の恋人”は真実です」

牡蠣を守り、海と山を守ってきた畠山さんの半生が、よくわかる聞き語りです。

 

 

 

人に生きる希望を与える映画って、ブレット・ヘイリー監督・脚本の「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」みたいな作品のことだと思います。97分間、映画の中の父娘と共に人生を楽しんでください。

ニューヨークはブルックリンの海辺の小さな街レッドフックで、うだつの上がらないレコードショップを営む元ミュージシャンのフランクと、将来の夢のためにLAの医大を目指す娘サム。サムが幼少の時に、フランクの妻は事故で死亡したため、一人で娘を育ててきました。いい加減な感じでだらだらと、17年間レコードショップを経営してきましたが、赤字続きで遂に店を閉める決心をします。ある夜、サムが作っていた曲を見つけセッションを開始して、フランクは娘の音楽の才能に気づきます。映画のタイトルにもなっている”Hearts Beat Loud”という曲を、二人が完成させてゆく様が実にいいのです。疾走感溢れる音楽に身も心もうウキウキしてきます。

あまりの曲の良さに、フランクは勝手にSpotifyにアップロード。それが人気の曲を集た”New Indie Mix”にリストインされ、たくさんの人の耳に届くことになります。大喜びして、娘とバンドを組もうと動き出すフランクですが、サムにとって描く未来は医者であって、音楽家ではありません。映画は、二人のすれ違いを描きながら、レコード店を閉める日、たった一度だけのライブを行います。わずか3曲だけのライブですが、どの曲も素敵で映画館でステップしたくなりました。

店内でタバコを吸って、客から注意を受けるようなフランクでしたが、この一夜のライブで娘を送り出し、大切にしていた音楽から離れて新しい生き方を見つけていきます。それが、友人が経営するバーで働く事でした。ラスト、女友だちにお酒を出しながら音楽の話をするところで、カメラは、「良かったね」とでも言いたげに、ゆっくりと後退していきます。「いい加減な人生」が「好い加減な人生」になっていくんだというチャーミングな終わり方です。

私は過去3回、レコードショップを閉めた経験があります。二度目、三度目はチェーン店の閉鎖だったので、従業員の解雇という苦い思い出しかありません。
けれど、最初の10坪くらいの小さな店は、当時のロックファン、ジャズファン、ディスコのDJのたまり場で、営業最終日、店の仲間やお客様とレコードを鳴らして、ビールを飲み続けました。懐かしく、そして甘酸っぱい思い出です。この映画の中で、フランクとサムが乾杯をするシーンで、父がその瞬間「ロックンロール」と言って乾杯します。私の小さな店でも、同じことを言った青年がいました。彼は今どうしているんだろうと、映画館を出た時、ふと思いました。

日本を代表する女優京マチ子死去(95歳)のニュースが先月流れました。1924年大阪生まれ、大阪松竹少女歌劇団から大映に入り映画女優デビューします。後輩格の若尾文子、山本富士子と共に大映の看板女優として活躍しました。溝口健二「雨月物語」、黒澤明「羅生門」、衣笠貞之助「地獄門」等の作品が海外の映画祭で賞を獲得し、「グランプリ女優」と呼ばれた時代もありました。

北村匡平「美と破壊の女優今日マチ子」(筑摩選書/ 古書1000円)は、ヴァンプから醜女、シリアスな作品からコメディ作品まで、多彩な作品でマルチな魅力を発信し続けたこの女優を、単に作品批評に終わらずに、下記のように生涯を括って論じています。

「肉体派ヴァンプ女優の躍進」「国際派グランプリ女優へ」「真実の京マチ子ー銀幕を離れて」「躍動するパフォーマンス」「政治化する国民女優ー国境を越える恋愛メロドラマ」「変身する演技派女優ー顔の七変化」「闘う女ー看板女優の共演/競演」

当時の日本の女優にしては珍しく官能的な香りと肉体美を前面に出す女優でしたが、その長いキャリアの中で変化してゆく姿が書かれています。

50年代後半、それまで人気女優トップの座にいた彼女は、若尾文子と山本富士子にその座を渡します。そんな現実の世代交代の構図を、そのまま映画にしたような作品が立て続けに製作されました。その中の一本「夜の蝶」(DVD/中古800円)で、京は銀座の一流バーのマダムを演じ、そこへ進出しようとする祇園の元芸者(山本富士子)と夜の銀座で激しくぶつかります。トップの座にいる女優と次の座を狙う女優のバトルを象徴するかのように、ライバル意識むき出しの演技合戦が楽しめる一本で、江戸前言葉でポンポン突きつける京と、はんなりした京都弁でのらりくらりかわしてゆく山本に圧倒されて、私は続けて二度見てしまいました。

おかげでこの映画で共演している船越英二が、トレンチコートのよく似合うヨーロッパの香りがする俳優であることも確認しました。

戦後日本を代表する俳優の一人でありながら、いわゆる日本的な美しさとは異質なものを持っていた彼女でしたが、日米合作映画「八月十五夜の茶屋」がアメリカで公開された時、ニューヨークの新聞にこんな記事が載りました。

「京マチ子は日本で一番美しい足を持っている女優で、日本のマリリン・モンローである」

 

★イベントのお知らせ

「世界ひとめぐり旅路録」展開催中の小幡明さんが、14日(金)19時半より、FMひらかたパーソナリティー久保有美さんと一緒に「小幡明の旅の話アレコレ」と題したトークショーを当店にて開催します。(参加費1000円/要予約)

 

 

 

吉田篤弘のデビュー作「フィンガーボウルの話のつづき」(平凡社/古書1400円)が、書き下ろし解説を含むリマスター版として復刊されました。本書は2001年新潮社より単行本として刊行され、2007年8月新潮文庫から出ましたが、単行本、文庫とも絶版になっていました。装丁はもちろんクラフト・エヴィング商會で、イラストは著者が描いています。親書を少し大きくしたサイズは、手に持った時の感触が素敵です。

著者は、この増補版に収録されている「『フィンガーボウルの話のつづき』を書くまで」で、自分の書く物語を壮大で大きな物語ではなく、「ささやかな『小さなもの』でいい。読むのに何週間もかかる大長編ではなく、子供のころに書いていたもの、仕事の合間にこっそりと書いてきたもの、そうしたごく短いものでいい、それが自分にはちょうどいいのだ。」と語ります。では、どうしたらそんな物語が出来上がるのか。

この小説は11の短編から成り立っているのですが、どの物語にも共通するのが、ビートルズの傑作アルバム「ホワイトアルバム」です。曲がどうのこうのというよりは、このレコードジャケットに印字されている6桁の数字が、大事になっています。私の持っているアルバムにも「No A 418604」という数字が印字されています。

「ひとつ、ヒントがあった。とある中古レコード店でビートルズの<ホワイトアルバム>を見つけたとき、ジャケットの

隅に打たれた六桁の数字に、ふと感じ入った。それは全世界共通の通し番号で、本当かどうか分からないが、同じ番号は二つとないという。そこから物語の入口を思いついた」

そうして出来上がった物語がこれです。「やわらかな雨の降る日に開く<レインコート博物館>」、「毎日、午後四時あたりになると、かならずそこへ閑人たちが集まって来る」という閑人カフェ、「食堂の本当の名前が思い出せない。なんというかセイロン風の名があったかと思うが、私たちは皆、『シナトラ食堂』と呼んでいた、等々不思議な店がポツリポツリとあるこの街を歩くことになります。ビタースィート、メランコリック、そして少々ペシミスティックでありつつ、ロマンチックな世界が心地よくなってきます。

いいセリフをひとつ。

「人の記憶に残ることなど、引きちぎられた紙屑ぐらいのものでしかない。それはまさしく、ちょうど<予告編>ぐらいの分量ではないか」

 

★イベントのお知らせ

「世界ひとめぐり旅路録」展開催中の小幡明さんが、14日(金)19時半より、FMひらかたパーソナリティー久保有美さんと一緒に「小幡明の旅の話アレコレ」と題したトークショーを当店にて開催します。(参加費1000円/要予約)

 

イラン出身の監督アスガー・ファリハディの新作「誰もがそれを知っている」を観ました。「別離」「セールスマンの死」と傑作続きの監督で、今回はハリウッドのトップスターのペネロペ・クルスを迎えてのメジャー映画です。しかし英米の資本が入ろうと、この監督は自分の映画に仕上げています。

物語は、アルゼンチンに暮らすラウラ(P・クルス)が、妹の結婚式のため故郷スペインに帰省し、ワイン業を営む幼なじみのパコや家族との再会から始まります。結婚式の後に催されたパーティーのさなか、ラウラの娘イレーネが失踪してしまいます。必死に探すのですが、手掛かりすらありません。まもなく巨額の身代金を要求するメッセージが届き、ラウラは不安と絶望で、焦燥します。結婚式に来ていなかったラウラの夫もアルゼンチンから駆けつけるのですが、疑心暗鬼に陥った家族の間で、長年隠されていた秘密がじわりじわりと露わになっていきます。なぜ犯人は10歳の弟ではなく16歳にもなる娘のイレーネを誘拐したのか。

と、こう書くと誘拐された娘の救出劇のようですが、映画はそこに重心を置かなくなるというか、どうでも良くなってくるのです。娘の誘拐で炙り出された過去が、登場人物の心理に深い影響を与える様子をじっくりと描いていきます。ダイアローグを積み重ねたえも言われないスリリングな展開が、この映画の醍醐味です。善悪だけでは割り切れない現実。きっと家族は、あるいは世界は、そんなものに満ち溢れていることを見せてくれます。事件は一応解決するのですが、彼らの肩には、重たいものがズシンと残ったままです。

映画が始まって数十分間、幸せ一杯の家族の姿が、これでもかこれでもかとキラキラと眩しいくらいに描かれ、後半になって、過去の因果が主人公たちに覆いかぶさって来る辺りからの演出は、ファリハディ監督の真骨頂でしょう。幸せそうだったラウラが、憔悴しきった表情に様変わりしてゆくペネロペ・クルスの演技が見事でした。

作家池澤夏樹は「若い恋の果実がずっと後になって中年を襲う。 巧妙なプロット、達者な役者、見事な映像。 映画って、こういうものだ。」と映画の公式HPにコメントを寄せています。

ちなみにファリハディ監督は、「セールスマンの死」でアカデミー外国映画賞を受賞した時、トランプのシリア難民の受け入れ拒否と、イラクやイランなどの中東7カ国からの入国一時禁止の大統領令に署名したことに抗議して、式には参加しませんでした。

最近リリースされているミシマ社の新刊は、眠っている脳みそをハンマーで殴って、刺激を与えてくれる本が多いように思います。森田真生著「数学の贈り物」(1728円)、松村圭一郎著「うしろめたさの人類学」(1836円)そして、最近出された安田登著「すごい論語」(1944円)も、そんな一冊でした。

今から2000年以上も前に、孔子の言行を弟子たちがまとめたのが「論語」です。「子曰く」で始まるアレです。あぁ、早くも辛気くさそうな気配がしてきますが、孔子の研究者ではない三人の著名人が、著者の安田と語り合うというスタイルを取っているので読み進めることができました。その三人とは、音楽家で作家のいとうせいこう、宗教家の釈轍宗、情報学のドミニク・チェン。安田も本職は能楽師ですので、これまた論語の専門家ではありません。

で、これを読んで論語がわかったかと問われれば、理解できないことも多々ありました。しかし、なんだかもうメチャクチャ面白い。いとうせいこうとは、「『論語』に『音楽』を投げてみる」というテーマでスタートするのですが、

安田 「あの、本題からどんどん離れちゃっていいですか?」 いとう「どんどん行きましょう。僕もそういう方向に話を展開していますから」

という具合に、四方八方へと話題が飛びまくるのです。論語で音楽を意味する「樂」という言葉を巡る話から、笑いの話へと移行し、いとうが「『樂』の対象はもともと先祖だったんですね。芸事の基本は先祖を喜ばせることにあるっていうのは、僕はすごくしっくりきます。」と発言し、客席の一番前を笑わせているのはたいした事のない芸人で、大向こうの客を笑わすこと、それは延長すれば、そこにいない人、すでにこの世にいない人を喜ばせる感覚を理解しているという言葉に対して、

安田「なるほどまさに、『樂』を届かせようとするのは、いまここにいない人です。そこに届かせるところから、『樂』や芸事は始まったという事ですね」

と答えています。もう、ここら辺りは芸とは何かみたいな論議です。

三人の中で最後に登場するドミニク・チェンは、一番知名度が低い人だと思いますが、彼が言った「ヒューマン2.0」を巡ってのスリリングな対話は、脳みそガンガンとやられます。とても私には要約できませんので、本文をお読みください。

読み終わって、アレ?論語の本読んでたんだよなぁ、と再度タイトルを確認しました。頭脳明晰な人たちの会話って、これほど刺激を受けるものなのだ、ということを見せつけられた一冊でした。

著者とは、一度ミシマ社のパーティーでお会いして、少しお話をさせていただきましたが、何事にも興味津々という知性の塊のような、面白そうな方でした。そのイメージ通りの本です、これは。

★イベントのお知らせ

「世界ひとめぐり旅路録」展開催中の小幡明さんが、14日(金)19時半より、FMひらかたパーソナリティー久保有美さんと一緒に「小幡明の旅の話アレコレ」と題したトークショーを当店にて開催します。(参加費1000円/要予約)