梨木香歩の本は、ほぼ読んでいたと思っていたのですが、「ピスタチオ」(700円/古書)は未読でした。何かわからないけれども、それに導かれてアフリカに向かった女性ライター(ペンネームは棚という)の物語です。アフリカの伝統的医術を体得した呪術医に会うのが目的の旅、と書くと何だかおどろどろしそうな話みたいですが、そんなことはありません。

「ピスタチオ」は約300ページ程の小説なのですが、前半100ページほどが、主人公が飼っている老犬マースが病気になり、手術を受ける話です。私事ですが、今年老犬を見送ったばかりで、ちょっとこれにはまいりました。(でも、死にませんので愛犬家の方はご安心ください)

「小さい頃から気象の変化には興味があった上に、空の広いケニアに滞在して、大気の状況に自分の体がダイレクトに反応することに、文字通り他人事ではない興味を覚えたのだった。」

その記憶が、再び彼女をアフリカへと向かわせます。ケニアの奥地にあるウガンダに、呪術医のことを調査した人物がいると知った彼女は、病状の落ち着いたマースを日本に残して旅立ちます。しかし、片山というその男と、ガイドまでもが原因不明の死に方をしているのです……..。

ここから舞台はアフリカに移動します。緑、水、精霊…こうしたキーワードが物語の中心になり、それらが緩やかに回転を始めます。その輪は大きくなったり小さくなったりしながら、主人公を、見えない大きな何かに導いていきます。この作家の上手いのは、ファンタジックな世界どっぷりに描くことなく、リアルに主人公の旅を見つめているところです。 思わぬ出来事に遭遇するのですが、なぜ彼女だったのか、ということに明確な回答を用意していません。霊的なるものの存在だけでは語りきっていない、しかし100%の不思議さが残る物語でした。最後に主人公が書き上げた「ピスタチー死者の眠りのために」は、物語全体を総括すると同時に、見事に梨木の世界でした。さて、タイトルになった「ピスタチオ」の意味は? 最後で、あぁ〜そうだったのかと思って、ページを閉じることになります。
棚は「ピスタチオ ピスタチオ いい一生を生きた 安心してお休み」という言葉を最後に書いて、
「書き上げて、気づけば夜が明けようとしていた。棚は、いつものように散歩に出かけようとマースに声をかけた。月は白く高く上がっていた。風は優しく、木々の梢から、棚の耳元までやってきて、何か囁いて消えた。」
余韻溢れる幕切れです。

★年内は12月30日(日)まで営業いたします。年始は1月8日(火)より通常営業いたします。

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。予約受付中(1500円)レティシア書房075−212−1772

 

絵画展の図録が、沢山入ってきました。ネットでは高値で売っているものもありますが、重たい、大きいというハンディを鑑み、割と安く出しています。

2011年京都で開催された「ワシント・ナショナル・ギャラリー展」(古書1300円)は、印象派がズラリと並び、西洋美術の教科書みたいな一冊です。ルノワール、モネ、ゴッホなどの作品が、左ページには全体像、右ページには作品の一部を拡大したものが載っています。ルノワールやセザンヌのデッサンなど、美術館で近づいて観たときのように、筆致がよくわかります。(きっと実際の展覧会は混雑していて一つ一つ近づいてじっくり見られなかったに違いない)ドガやカサットなど、年を取ったおかげで今になって改めていいな〜と眺めてしまいます。

2001年、東京と愛知県岡崎で開催された「カラヴァッジョ光と影の巨匠」(3000円)は、解像度の高い印刷技術で、この画家の世界を捉えています。「メランゴロをむく少年」では、白いシャツの間から見える少年の肌をクローズアップしていますが、艶かしい光沢を放っています。全編カラヴァッジョの強い光と陰を堪能しました。

フェルメールも2冊あります。「恋文」を収録した「レンブラント、フェルメールとその時代」(700円)と、「手紙を書く女」「手紙を書く女と召使い」「手紙を読む青衣の女」を収録した「フェルメールからのラブレター」(600円)は、来年大阪の展覧会に行く前には目を通しておきたいものです。

日本の画家の図録では、2007年、横浜と島根で開催された「有元利夫展 光と色・想い出を運ぶ人」(900円)があります。堂々とした女性像を中心に据えた独特の画風で知られた画家ですが、この図録には、素描、版画、立体等の作品も入っています。音楽が好きで、様々な楽器を演奏した有元が、ビバルディの「四季」をモチーフに作った版画は、ビバルディの楽曲への深い理解と賛美が根底にあります。夭折した画家の豊かな表現をみることができます。

竹内栖鳳、伊藤若冲、長谷川等伯、藤田嗣治、河鍋暁斎、海北友松、藤田嗣治、等々日本画壇を代表する画家たちの図録もありますが、実は私が最も気に入った図録は、2006年高島屋グランドホールで開催された「没後50年 モーリス・ユトリロ展」(800円)。あまり興味もなかったユトリロでしたが、今回パラパラと捲っているといい気分になりました。ちょっと散歩にでも行きたくなるような感覚。雪のつもった家々が見える町、春風が吹き抜ける目抜き通り、青空が眩しい田舎の乾いた道…….。どの街角も歩いてみたくなる魅力一杯です。

まだまだありますので、お気に入りの一冊を探してください。

 

★年内は12月30日(日)まで営業いたします。年始は1月8日(火)より通常営業いたします。

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。予約受付中(1500円)レティシア書房075−212−1772

ユダヤ人精神科医ヴィクトール・エーミール・フランクルが、ナチスによって強制収容所に送られた体験を綴った「夜と霧」という本のことは、ご存知の方も多いとおもいます。一筋の希望もなく、待っているのは悲惨な死のみという環境下で、その不条理を受け入れ、運命にどういう態度を取るのかを決める精神の自由を説いた本書は、日本では1956年に発売され、現在まで読み継がれています。

朝日新聞記者を経て、現在編集委員を務める河原理子が、自らの人生に大きな影響を与えた「夜と霧」を辿って、現地へ赴き様々な人に会い、河原自身が、この本とどう向き合ってきたのかをまとめたのが「「フランクル『夜と霧』への旅」(平凡社/古書1300円)です。

大学時代、一度「夜と霧」を手に取りましたが、巻末に収録された収容所で実際に行われてきた非人道的行為を証明する写真の数々に圧倒されて、途中で本を閉じた記憶があります。そして、これはそういう特別な場所でのナチの悲惨極まる行為を告発したものだと、今まで思ってきました。しかし河原は、「そう、これは、希望の書、だったのだ。明るい未来の希望、というよりは、心にしみいる希望の書。」と結論付けています。その後に、「そのことが腑に落ちるまでに、私は時間がかかった。」とも書いていますが……。

収容所に入れられることは、死を待つことに他ならない状況です。実際にフランクルは、妻を収容所で亡くしています。ガス室送りか、毒殺か、銃殺か……。どこに希望などがあるのでしょうか?著者はフランクルの他の書物も精読し、彼の残された家族や、収容所の生き残りの人達に会い、話を聞き、「希望」を見つけてゆくのです。

フランクルは、その人生を通して、憎悪という感情を排除してきました。演説でこう話しています。

「考えてみてください。いったい、私は誰を憎んだらいいのでしょうか。私が知っているのは犠牲者です。加害者は知りません。少なくとも個人的に知っているわけではありません。私は、集団に属するために誰かを有罪とすることに反対します」

彼は収容所から解放された時から、人間には、品格のある人たちと、そうでない人たちの二種類だけが存在すると繰り返し主張してきました。彼の全集の中に、演説原稿が残されています。

「強制収容所のなかでも、ときにはちゃんとした親衛隊員に出会うことがありましたし、またならず者の囚人もいたのです。ちゃんとした人たちが当時少数だったこと、またいつもそうだったこと、これからも少数派にとどまることを、私たちは受け入れるしかありません。事態が危険になるのは、政治体制が国民のなかからならず者を選んで上に行かせてしまうことです。」そして、こう結んでいます。

「だからあえて言う。どこの国だって、別のホロコーストを引き起こす可能性があるのです。」

今、この警告はより大きな真実味を帯びて聞こえてきます。

 

★年内は12月30日(日)まで営業いたします。年始は1月8日(火)より通常営業いたします。

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。予約受付中(1500円)レティシア書房075−212−1772


 

 

串田孫一が1981に出した画文集「山と行為」(同時代社/古書800円)は、串田のセンス溢れる絵が楽しめます。本は、「山に生きる」「山と行為」「山の暦」「山での思考」の四章に分かれていて、ほとんどの章に、串田の絵画が掲載されています。しかも、左ページに絵画、右ページに文章というパターンで統一されています。

第一章「山に生きる」は、山で出くわす動物達が平易な文章で語られています。

「熊に出会うといつも困ってしまうのだが、果たしてこの熊は人間に敵意を抱いているのだろうかと考える。人間には敵意を抱いているとして、私にはどうなのだろうか。 秋に山の木の実をさがして歩いているのなら、手伝ってもいいと思う。そういう契約を交わせたら、私は裏切るようなことはしない。」という「熊」の文章の横に、ちょっと下向き加減の熊が、深い森の緑の中に描かれています。

第二章「山と行為」では、英字新聞を人の形に切り抜いて、コラージュした作品が並びます。面白い文章がありました。タイトルは「踊ることについて」です。こう書かれています。

「山の中での踊りは自分だけの踊りである。仲間と共に、登頂に成功した日の夕暮にれ、天幕の傍で輪になって踊りたまえとすすめているのではない。 独りで、自然に、悦びを表さずにはいられないようになった時に、その人は山に棲める資格の一つが身についたことになる。 山には天狗の踊り場がある。君の踊りは深い森の中がいいだろう」その横には、ホイホイと踊っているコラージュ。森の中で、独り踊るってどんな感じでしょう。

山登りをする人でなくとも、澄んだ美しい文章とモダンなコラージュ絵が十分に楽しい一冊です。

この本以外の串田の本を10冊程入荷しています。興味のある方、ぜひ見に来て下さい。私は、熱心な串田のファンではありませんが、彼の本が沢山あると、澄み切った気分になってきます。

★年内は12月30日(日)まで営業いたします。

 年始は1月8日(火)より通常営業いたします。

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。ご予約受付中(1500円)


 

絵本作家の酒井駒子が陶芸家ルート・ブリュックのことをこう書いています。

「様々なピースの集合が一体になって、ひとつの世界になっている作品に惹かれました。陶板のひとつひとつが美しく、完結した世界を持っていて、いつまでも見ていたいような気持ちになります。そしてそれらが集合して『音』になって、心の奥の方へ響いてくるような気がしました。」

ルート・ブリュックは、1916年ストックホルムに生まれました。36年、美術工芸中央学校に入り、グラフィックアートを専攻。特に版画の制作に力を注ぎ、卒業後はデザインの世界で活躍していました。彼女の繊細な作風を、アラビア製陶所のアート・ディレクターのクルト・エクホルムが気に入り、42年、美術部門に所属し陶芸の世界に入り込んでいきます。小さな陶板から、大きな壁画まで多種多様な作品を生み出しました。

そんなルート・ブリュックを紹介する「はじめまして、ルート・ブリュック」(ブルーシープ/新刊2160円)を入荷しました。上記の酒井駒子の文章は、この本からの引用です。彼女が好きな、馬に乗った少年の透明感、或は母鳥が雛鳥に話しかけている作品が持っている愛情深さなど、初めて見る美しさに溢れています。

同書で志村ふくみは、

「北欧に流れている神話性を感じる。女性の情緒的なものを超えて、普遍的な世界に心が惹きつけられる。タイルの色は鉱物の持つ絶対的な存在の高さ。その色は、たぐいまれな品格を現している」と称賛しています。

私のお気に入りは、1950年の作品「蝶の研究者」。青い帽子を被り、ブルーのジャケットを着た研究者が、左手に持った蝶を、右手に持ったルーペで調べようとしている作品です。彼が、蝶と語りっている様子が印象的です。

来年「ルート・ブリュック展」が、全国を巡回することが決まりました。関西では兵庫県伊丹市立美術館で9月上旬から開催されます。実物の青と緑のコントラストをぜひ見なければ!と思っているところです。

 

★年内は12月30日(日)まで営業いたします。

 年始は1月8日(火)より通常営業いたします。

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。ご予約受付中(1500円)


Tagged with:
 

「世界の美しい女性たち」(PIE/新刊3240円)という300数十ページのボリュームある写真集が入りました写真家ミハエラ・ノロックが、50以上もの国々を訪れ、そこに生きる女性たちを撮影した、女性の美しさと多様性を紹介するというプロジェクト「The Atlas of Beauty」(美の地図)を一冊にしたものです。

様々な社会的、文化的、政治的環境のもとに生きる女性たちの日常の一瞬をスナップし、その一瞬の中に、前進する彼女たちのエネルギーを見事に写し取っています。どのページをめくっても、登場する女性たちの視線に圧倒されます。いたわりの目、思いやりの目、柔らかな目、微笑んでいる目、決意に満ちた目、等々。さらに彼女たちが来ている衣服が、その表情を美しく演出しています。

ブラジル、サルヴァドールで撮影された二人には、こんなキャプションが付いています。

「黒人でありレズビアンであることが、とてもつらい時がある、と語るラファエロとオバックスでしたが、ふたりの関係は、彼女たちが直面している偏見を乗り越えられるほど強靭なものに見えました。」(P154)

いいなぁ〜、このおばあちゃんと思ったのは、ミャンマー、イレネー湖畔でタバコを吸うおばあちゃん(P174)です。タバコの葉を手作業で巻きタバコにしている場所らしいのですが、出来上がったばかりのタバコを美味そうに吸っている姿が微笑ましい。キャプションは「ここでは健康へのアドバイスが付きまとうことはありません。」とユーモアたっぷりです。

この写真集は2017年にアメリカで発売され、新たに日本で撮影されたポートレートが加わりました。京都からは二人の女性が登場します。一人は英語教師退職後、茶道の先生になったエミコさん。(P145)、もう一人は芸妓の世界からバリスタに転身したユカさん。どこかで出会うかもしれませんね。

この写真家は、女性たちの持っている物語を見事に掬い上げています。彼女たちの人生の物語がどんなものなのか想像しながら、次々ページを捲ってしまいます。物語皆無ノッペラボウの政治家の顔ばかり毎日見せられるている昨今、一服の清涼剤として常備していただきたいと思いました。

 

 

オフィル・ラウル・グレイツァ初監督による「彼が愛したケーキ職人」(イスラエル映画)は、今年のマイベスト10に入る、優しくて、愛おしい映画でした。

イスラエルのエルサレムでカフェを営むアナトは、夫と一人息子の三人家族です。夫のオーレンは、出張先のドイツのベルリンで行きつけの店のケーキ職人のトーマスと恋に落ちます。オーレンは妻を愛しながらも、同性愛者だったという設定です。こう書くと、なんかドロドロした展開を思い浮かべる方もおられるかもしれませんが、全く違います。抑制の効いたダイアローグ、控え目な音楽、チャラチャラ動かないカメラ、そっと室内に射し込む外光を演出した照明と、極めて静謐な映画的表現で物語は進んでいきます。

オーレンと突然連絡がとれなくなったトーマスは、エルサレムまでやってきて、オーレンが交通事故で亡くなったことを知ります。彼を忘れられないトーマスは、素性を隠したまま妻のアナトの店でアルバイトとして働き出します。愛した人がエルサレムでどんな生活をしていたのか、ただただ知りたいという気持ちで一杯でした。彼が身につけていたスイムパンツを履いてプールに佇むシーンはとても切ない場面です。

最初は単なるバイトとして見ていたアナトでしたが、トーマスの作る美味しいクッキーやケーキに魅かれていき、そして彼に愛情を感じ始めます。アナトや息子と仲良くなっていくトーマスですが、観客の私たちは、こんな幸せがイスラム社会で長くは続かないことはよくわかっています。問題は終り方です。

 トーマスとアナトの慎ましい日々の幸福を静かに描きながら、アナトの心情に深く入っていきます。彼女は、トーマスと夫とのことを知ることになりますが、この辺りのストイックな演出は見事です。彼を許せるのか、許せないのか、愛しているのか……。非常に微妙で複雑なアナトの心を見つめます。心は深く傷つくのですが、ラスト、ベルリンへと向かったアナトが、目の前に広がる青空を見て微笑むところで映画は幕を閉じます。そこに私は希望を感じました。映画だけが持つ、本来の表現力を生かしきった見事な作品です。絶対にお薦めです!

 

★年内は12月30日(日)まで営業いたします。年始は1月8日(火)より通常営業いたします。

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。ご予約受付中(1500円)

 

 

 

お昼の休憩とか、次の授業まであと少し時間が…なんて時に、長野まゆみ「ささみみささめ」(筑摩書房/古書1100円)はオススメです。不気味な話、苦笑いする話、不思議な話、呆然とする話、しみじみする話、ぞっとずる話など25編の物語が詰まった一冊です。一話十数ページ、そしてその殆どの運びが上手い!巧み!最後は座布団一枚!の幕切れなのです。

実は、長野まゆみという作家とは個人的に相性が悪かったのです。彼女は、小学校時代に竹宮恵子「空がすき」の漫画で衝撃を受け、少年愛ものの世界に入りこみ、萩尾望都などを読んでいました。耽美的な作風で、鉱石、幻想世界の美少年、といったモチーフを多用して少年同士、あるいは少年と青年の関係を描いた作品を書いています。宮沢賢治への言及も多いので、何冊か手に取りましたが、最後まで読んだ記憶がありません。しかしこの本で、日常の何気ない瞬間を描きながら、予想外の展開へ読者を誘う手法に、上手いなぁ〜と感心してしまいました。

例えば、娘と介護施設にいる父親の葛藤と許しを描いた「ドシラソファミレド」。物語に登場する「もろびとこぞりて」の歌に託された父のメッセージに気づいた娘の目が潤んでくる所に、こちらも涙します。また、小学校の時、なんでも出来る友だちミッチに羨望の念を持っていた主人公Qチャンが、数十年ぶりに出会い、お互いの人生の分かれ道を振り返る「すべって転んで」のラスト、

「運命の別れ道には太い橋がかかっているわけじゃない。うっかり見逃してしまうような細い細い道なのよ。娘にはそれを云いそびれたけど、このあいだ生まれた孫には耳にタコができるぐらい云ってやるつもり」

こんな会話どこかで聞こえてきそうですね。

この作家らしいな、と思ったのが「スモモモモ」でした。語り手である男には、双子の姉がいます。小さい時から雛人形が大好きで、小学校に入る時もピンクのランドセルに憧れ、しっかり者の姉に寄り添っていました。やがて、姉は結婚し、姉の夫とも仲良くなり、一緒の時間を過ごしますが、突然の事故で姉がこの世を去ります。でも、その後も姉夫妻の家で、義兄の好きな料理を用意して時間を過ごします。

「義兄もぼくを姉だと思っている。姉の死を受け入れることができず。事故で死んだのは、車酔いをする姉と席をかわって助手席に乗っていた弟のぼくだと思い込んでいる。周囲にもそう話す。」

世間的には奇妙な風景かもしれないが、誰も不幸じゃない、という幕切れが素敵でした。

 

★年内は12月30日(日)まで営業いたします。年始は1月8日(火)より通常営業いたします。

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。ご予約受付中(1500円)


 

 

京都のハンドメイドフェルト工房ZUSの、加藤ますみさんの楽しい作品展が始まりました。レティシア書房では三度目の個展になりますが、毎回必ずユニークな新作を制作されて、展示をお手伝いしながらウキウキしてしまいます。

今回初のお目見え「カワウソのコインパース」(写真右)の愛らしいこと!顔をぱかっと開けると小銭が取り出せます。型紙の上に、羊毛を薄く重ねて、ひたすらお湯をかけながらこすり続け収縮させて作って行くのですが、加藤さんの型紙はとてもよく考えられていて、デザインが洗練されています。

定番の動物顔のキーホルダーやカードケース、山羊さんのティッシュケースに加えて、干支のイノシシのミニバッグ(お財布にも)、イノシシ親子、クリスマスのオーナメント。色とりどりのバッグは形もいろいろ、肩にかけるタイプや愛らしい巾着、A3のノートが入る新作のバッグ(持ち手がかわいい)などたくさん展示して頂きました。針や糸を収めるお道具バッグもありますよ。そして、これさえあれば冬大丈夫!のルームシューズもサイズ違い揃いました。寒さ対策といえば、耳まで暖かい帽子、コハゼ付きの足首カバー、手袋、マフラーなど、クリスマスプレゼントにもぴったりのステキな小物がいっぱい。

実は私、今年の1月にワークショップに参加して干支の「犬」を作りました。6時間ただただ羊毛をこすり、出来上がった時の感動といったらありません。ものを作り続けるスゴさも改めて感じた次第。加藤さんのフェルト大好きファンの方はもちろん、まだ見たことない方も、この機会にフェルトの豊かさに触れてみてください。(女房)

 

 

ZUS HAND MADE FELT展は、12月19日(水)〜29日(土)

 12時〜20時(最終日18時)月曜(12/24)定休 

 

 

★年内は12月30日(日)まで営業いたします。年始は1月8日(火)より通常営業いたします。

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。ご予約受付中(1500円)

 

 

 

今、一番お会いしたい書店「Title」店主、辻山良雄さんの新刊「ことばの生まれる景色」(ナナロク社/新刊2484円)を入荷しました。店主が選んだ大切な本40冊に簡潔な文章と、著者の本への深い愛情を汲み取って、絵を描いたnakabanさんの作品がセットになっています。

ブログに書こうとして困りました。ご紹介したい本を読む時、必ず付箋を横に置いて、ここぞという箇所に貼付けていました。しかし、この本を読了してふとみると付箋だらけ、いや付箋が猛烈な勢いで増殖した感じになっているのです。それ程、どこを取上げても心に沁み込んでくるのです。nakabanさんの絵が、著者に深く寄り添っているのも見逃せません。

もう一つ、この本で取り上げられた本は私の愛読書が多く、さらに当店でもお好きな方の多い作家ばかりなのです。星野道夫、須賀敦子、メイ・サートン、石牟礼道子、谷川俊太郎、永井宏、今村夏子、宮沢賢治、高橋源一郎、武田百合子、庄野潤三、ブローディガン、アーヴィング、そしてブルース・チャトウィン等々。

著者の書物に対する真摯な、奥行きのある文章を前にすると、私の書くものの未熟さばかりが目立ってしまいます。最もリスペクトしている星野道夫がトップというののも嬉しかったのですが、星野の本質をこんな風に書かれています。

「星野道夫は、終始<失われていくもの>の側に立ち続けた人であった。その土地に根付く自然や文化、風習を根こそぎ破壊していく西洋文明には懐疑的であり、何千年も前から引き継がれた先住民の偉大な智慧とそれをいまに残す人に、心からの敬意を払った。」

メイ・サートンを語る時には、茨木のり子の詩を重ね合わせ、彼女たちが見つめた孤独をこう書いています。

「一人でいることが淋しいのではなく、その淋しさを紛らわそうとする心が淋しいのだと、この東西の女性詩人たちは考えていたようだ。」

と、こんな具合で書き出すと切りがないので、是非本を手に取って下さい。最後に一つだけ。本のラストを飾るのはエンデの「モモ」です。

「閉店後、誰もいなくなった本屋のなかに一人で立つと、自らの時間を取り戻した本が、小さな声でつぶやきはじめる瞬間がある。店のなかには、人が出入りし慌ただしかった日中とは別の時間に切り替わり、静かであるが濃密な空気が次第にあたりを満たしはじめる…….。」

同じ様な瞬間の体験、私にもあります。「小さな声でつぶやき」というより、本の呼吸している音が聞こえる瞬間が。店ってそうゆう風に育ってゆくのかもしれません。とにかく、幸せな読書の時間でした。本好きには最高のクリスマスプレゼントになこと間違いなし。ありがとう、辻山さん、nakabanさん。

★連休のお知らせ 12月17日(月)、18日(火)

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。ご予約受付中(1500円)