エリック・ドルフィーで、私は歌舞伎、そして能に目覚めた? はぁ〜ですよね

ドルフィーは、30代でヨーロッパツァーで亡くなったジャズマンだ。馬のいななきに似ていると言われたバリトンサックス、恐ろしく鋭いアルトサックス、そして尺八の音色に似たフルートと多彩なスタイルを持っていた。若い頃から聴いていましたが、ものすごく好きなミュージシャンではなかった。ジャズ喫茶の薄暗い空間で、フルパワーで聴くのに適した音楽だった。

ところが、歌舞伎そして能楽を観るようになってから、ドルフィーはフェイバリットミュージシャンになった。ジャズと古典芸能。全く無関係なジャンルなのだが、考えてみると似ている点がある。ジャズの曲は、おおむねが昔のミュージカルの曲で、単純で美しいメロディを持っている。多くのミュージシャンが、メロディを大切にしながら、より自由な曲へと飛翔させんと悪戦苦闘してきた。原曲から、いかに自由になるか。もちろんドルフィーも、人一倍その事に拘った。テーマの演奏から、ソロになった時、音をすべて解放して、高みへと一気に上がろうとする。しかし、いっぽう原曲のシンプルな美しさが引き戻そうとする。引き戻す力と引き上がろうとする力がぶつかり、せめぎあう。その一つ一つの音に込められた緊張感を聞き込むことが、彼の音楽を聴く魅力だ。

いっぽう、歌舞伎、能楽。もう、こちらはすべて完璧なまでに出来上がった所作通りに演じ、演奏することが絶対の世界だ。逸脱は許されない。では、所作通りやれば、それで感動につながるか、と言えばそういうものでもない。型に押し込めようとする力と、型から自由になり、新しい表現を目指す力が、やはりせめぎあう。ドルフィーは決められた音符の進行を破壊し、新たな表現を模索し続けた。古典芸能の演者は、型を徹底的に己の身体に記憶させることで、型から離れ、やはり新たな表現を求めた。

能「道成寺」を観た時、あの緊張感に縛られた二時間、舞台でドルフィーが狂おしい程に演奏している姿が消えることはなかった。

 

Tagged with:
 

たまには、分厚い本を読んでみましょう。

お薦めはスポーツライターの故山際淳司の「スポーツノンフィクション傑作集成」(文芸春秋社95年発行)。全ページ796項で3000円。1ページに換算すると、約4円のお買い得。

山際は、ご存知のようにスポーツノンフィクションに一つのスタイルを作った作家です。特に「Suports Graphic Number」誌創刊号に載せた「江夏の21球」で注目され、そのストイックな文体で人気を呼びました。野球、ボクシング、サッカーありとあらゆるジャンルのスポーツを取材し、対象にのめり込む事なく、山際の視点で躍動するアスリート達の喜び、挫折を描いてきました。スポーツに興味なくたって、この人のノンフィクションは読めます。「江夏の21球」からお読み下さい。この時の日本シリーズ知らなくても、いや、野球知らなくても、まるであの球場にいて、何が起こりつつあるのか、そのサスペンス。大味な昨今の映画や、サスペンス小説に負けません。因みにページ数は9項で36円!たった、36円ですぞ、この興奮を味わうのに。

蛇足ながら、この作品はアメリカで映画にしてもらいたい。ハリウッドの野球映画と、「地獄の黙示録」までの戦争映画には絶対の信用を置いています。日本シリーズに出場する近鉄バッファーローズの監督役にはウォルター・マッソー、広島カープの監督にはトム・ハンクス、最後のバッター石渡にはロバート・レッフォード、江夏のキャッチャー役にはフィリップ・シーモア・ホフマン、そしてフーァースト衣笠にはケヴィン・コスナーと野球映画の名演で知られる俳優達が競演すればワクワクです。でも、肝心の主役の江夏に匹敵する役者が想像できません。それだけ、このノンフィクションの江夏の描き方が優れているのかもわかりませんね。

文庫片手の読書を楽しむのもいいですが、たまには分厚い本と格闘するのもいいものです。枕にもなるし、お店も儲かるしね。

 

 

 

 

 

Tagged with:
 

川本三郎の、バーズの、妻夫木のそれぞれの「マイ・バック・ページ」

映画評論家として信頼している川本三郎さんの、ノンフィクション「マイバックページ」に始めて出会ったのは86年雑誌「Switch」での連載だ。衝撃だった。自分自身の忌まわしい過去を振り返えるつらい作業。川本さんがかつて朝日ジャーナール記者だった時代に、自衛隊基地に乱入した過激派の活動家と接触し、その結果、警察の取り調べを受け、朝日新聞社を退社せざるを得なくなるまでを綴った苦い記録だ。(河出書房新社版1988年発行1400円)

激しく揺れ動く時代に自分を見失いそうな時に、彼を助けたのはCCR、ストーンズ。そして本のタイトルにもなった曲を作ったボブ・ディランらのロックだった。時代にロックが反抗し、また寄り添った幸せな時代でもあった。

 

 

そして、昨年映画化される。監督は、やはり信頼している山下敦弘。出演は妻夫木 聡×松山ケンイチ。原作の持ち味は十分に生かしながら映画独自の解釈をする。ラストシーンで妻夫木が大号泣する。もう素晴らしい泣き顔だ。妻夫木は上手い役者だが、彼のベストパフォーマンス。何故、彼が号泣するのかの説明はしません。DVD借りて観てください。男の泣くシーンで、こちらも泣いてしまいそうになる。

 

もうひとつ、この曲について。ボブ・ディランの名曲であることは事実だが、カヴァーしたウエストコースト系バンド、ザ・バーズが素晴らしい。朝の犬の散歩の時、ipodで聴く。多分、世界で最も切ない歌声だろう。桜の満開の下で、この曲が脳みそにしみ込んでくると、もう何もいらないという気分にさせてくれる。(この曲の入ったCD昨日までありましたが、残念売れました)

いろんな意味で、「マイ・バック・ページ」という言葉は今も影響を与える言葉だ。

Tagged with:
 

この台詞、覚えていますか。60年代後半一世を風靡した「ザ・フォーク・クルセイダーズ」のヒット曲「戦争は知らない」の一節です。

作詞は寺山修司。当時、このフォークバンドはヒットを連発「悲しくてやりきれない」、「青年は荒野をめざす」。フォークルのメンバーだったはしだのりひこはその後シューベルツで「風」、「花嫁」とやはりフォークの名曲を送り出す。やはりメンバーだった北山修は加藤和彦と「あの素晴らしい愛をもう一度」を送り出す。どこか切なくて、哀しくて、美しい曲ばかろです。この時代の代表曲を集めた「Folk Village Vol 1」(2CD 1500円)には、高度成長に一気に突き進む日本への戸惑いと、置いてきぼりにされそうな若い人たちに寄り添う気持ちが感じられます。このCDの中には市川染五郎(今の染五郎じゃなく、お父さんの方)が歌う「野バラ咲く路」、広川あけみ「悲しき天使」などのレアーな曲も楽しめます。

日本ポップス史で、今もって語られる伝説のバンド「ジャックス」の早川義夫さんの書いた「たましいの場所」、一読をお薦めします。私が、ある日突然、会社から「明日から書店員やれ!」と言われ、もう右往左往していた時に、救ってくれた本が早川さんの「ぼくは本屋のおやじさん」という本でした。バンド解散後、小さな町の本屋を始めて20年後に書いたエッセー集。音楽のこと、本のこと、そして生きること等々、どこから読んでも気持ちのいい文章が楽しめます。(晶文社900円)

「本当のことは言葉にならないかも知れない。言葉にした途端、すり抜けていってしまうのだ。心に残るものは、形にならない。読み取らなきゃ、聴き取らなきゃ、つかめない」。ですね。

 

 

 

 

数年前に、大阪の古本市で布施英利著「鉄腕アトムは電気羊の夢を見るか」(晶文社2003年)に出会った。

「電気羊の夢を見るか」は、映画になった「ブレードランナー」の原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」から引っ張っている。タイトルから分かるように、鉄腕アトムとブレードランナーをキーワードに構成されたサイエンスエッセイだ。第三章「アトムは夢を見るか」はスリリングな章だ。サイセンスものにしては、文章は読みやすいし、挿入されている写真も面白い。値段も安い。購入しようと思い、中を見るとカラーマーカーの痕跡だらけ。こりゃ、だめだと購入を断念する。その後、この市では売れずに残り続けた。他の市でも見かけることなく、もう入手は無理と思っていた先日、京橋の市で巡り会いました。おそるおそる中身を見ると、きれいでした。待っていてくれたんだ、そんな気分になりました。900円でお店に出しました。

お店をやろうと思い立って二年半の間に、汚くて諦めたり、高かったり、あるいは後で買おうと思って戻ったら誰かにさらわれたりと再会の時を待ちながら、巡り会った本が何点かある。山田稔「シネマのある風景」(みすず書房2000円)、野地通秩嘉「エッシャーが僕らの夢だった」(新潮社700円)、中川素子「本の美術誌」(工作舎1500円)、天野忠詩集「うぐいすの練習」(編集工房ノア3000円)なんかは、そうやって再会した本達だ。いい読者に巡り会えたらいいね。

 

やっとこさ、春の陽気です。京都御所は外国からの観光客でてんこ盛りです。

さて、こんな陽気な日の午後、ビール片手にまったり過ごすにはワールドミュージックですね。ブラジルからはToquinho&Paulinho da ViolaのライブCD(2枚組で1300円)。もう心ウキウキにさせてくれます。ブラジルから飛んで沖縄に。お薦めは大島保克の「島時間」(900円)です。ブラジルとは違うゆったりした時間が流れます。3曲目「流星」は傑作です。世界のポップスの名曲に負けない曲です。頭の中、真っ白にしてくれます。こちらは900円です。今度は本土へ飛んで、ピアニカ前田のアルバム「ピアニカスイング」(500円)。名前の通りピアニカ奏者のグルーブ感溢れるアルバム。全然ワールドミュージックのジャンルには入りませんが、南太平洋の島でお昼寝している気分満載です。ちょっと、散歩に行って、古本屋にでも寄って、カフェでビール一杯という楽しいお休みの日にピッタリです。そして、もう一人おおたか静流の「リピートパフォーマンス」(600円)。「林檎の木の下で」、「アカシアの雨がやむとき」、「花」と耳に馴染んだ曲を無国籍風ボーカルで歌います。ベトナム、タイ辺りの熱帯の夕暮れで飲む地酒のほろ酔い気分になれます。

ワールドミュージックは、どの国、どのエリアも面白い。もちろん、私たち、日本人に合わないのもあります。自分にピッタリの音を探してもらえれば、ありがたいですね。もちろん、店のCDはすべて試聴できます。どんな気分になりたいかおっしゃてもらえれば、ドンピシャの一枚お薦めします。(まっ、外れることも多々ありますが)でも、千円札数枚で世界一周は可能ですよ。

 

 

 

店長日誌でもご紹介しておりますが、ただいまレティシア書房では、絵本「想いのとどくノートブック」の原画展を開催中です。

絵本作家yossanとの出会いは、本棚からでした。

って言うのは、レティシア書房の本棚を作っていただいたクシュさんの連れ合いさんなのです。

初めてクシュさんの工房をお訪ねした折、飾ってある彼女の絵を見て、素敵だと思いました。お話していく中で、もうすぐ(昨年春の時点)本が出る、ということがわかり、開店したらきっと展覧会をしてもらえるようお願いしました。その約束がかなったわけです。

 

彼女は小さい頃、佐野洋子さんの絵本を見て、お手紙を書いたそうです。お母さんに出してもらった初めてのファンレターに、作家本人からちゃんと返事が返ってきて、「絵本って人が描いてるんだ。」という実感を持った幼い彼女は、そのときから絵本作家を目指したというのです。

 

初めての絵本を佐野さんに見て欲しかったな〜としみじみ話してくれました。

この絵本展の最終日に、ひょんなことから京都メリーゴーランド店の店長さんが、ウクレレをギャラリーで演奏してくださることになりました。メリーゴーランドといえば児童書の有名店ですが、これまた偶然にも4月末には佐野洋子さんの回顧展が開かれるとのこと。

ご子息の講演がメリーゴーランドであるので、yossanは早速申し込みました。

「なんかご縁を感じるんですよね。」とさらにしみじみ・・・・。

 

お店を始めてみて、つくづく人の縁を思います。

見えない糸でつながっているような温かい気持ちになった絵本展初日でありました。

よかったらまた覗いてみてください。もしかしたら、誰かを思い出したり、ひょっこり誰かとあえるかもしれませんよ。(女房)

 

yossanの絵本「想いのとどくノートブック」原画展は4月22日(日曜日)まで。

 

 

 

 

 

Tagged with:
 

「想いのとどくノートブック」絵本原画展始まりました。

yossanの絵と春名金魚さんの文章の絵本「想いのとどくノートブック」。これは、未完成の絵本です。最終ページに貴方の「想い」を書く真っ白のページがあります。誰か大切な人への「想い」を書いてもいいし、期間中この本が完売して、買った人が幸せになりますようにと邪な「想い」でもいいと思います、絵本は1800円、原画は55000円、ポストカード(14種類)は一枚150円、ストラップは840円(すべて税込み)で販売しています。

最終日22日(日)夕方 6時ぐらいから、この原画展の前でメリーゴーランド京都店の鈴木さんのウクレレライブがあります。ウクレレ聴きながら、絵本観てもいいし、他の本を読んで頂いても結構。本屋でミニライブ?一体どうなる事やら。お代は「お気持ち」でよろしく。

ミニプレスに新しい仲間が増えました。北海道は知床斜里町からやってきた「シリエトクノート」20ページにも満たない小冊子ですが、自然豊かな斜里の街を歩いている気分にさせてくれます。しかも。300円です!「春」号では、熊さんたちが地図片手に桜見物。熊だってお花見したいでしょう。お店には「春」「夏」「秋」「冬」の四号あります。この冊子片手にいざ、知床斜里へお出かけを。

 

今年のアカデミー賞主要部門を制覇した「アーティスト」を観た。お見事!の一言です。

映画がサイレントからトーキーへと移行する時代、その流れについて行けない役者が落ちぶれ、再度復活するまでのありふれたお話を、全編サイレント(音楽と少しの字幕のみ)で白黒スタンダード画面で作ってしまうという、まぁ〜大胆な作品です。3D映画全盛時代にこんな映画を作ってアメリカに売り込んだ(フランス映画です)プロデューサー、あんたは偉い!!

私たちはなぜ映画館にいるのか。それは想像力を広げ、映画と遊ぶためにいる、といっても過言ではない。この映画では、サイレント仕立てであるため、登場人物の台詞は大半が聞こえて来ない。でも、理解できるんです。きっと、こんな会話してるんだろうなと想像しながら観るのも楽しいもんです。映画への愛に溢れた映画らしい映画。そして、ラストシーンで初めて音が聴こえてきます。このラスト言いたいけど言えない、でも言いたい。あっ〜もどかしい!!で、今日はこんなCDをお薦めします。ネタバレになるかも。

 

 

Tagged with:
 

半年間、東福寺の坂道を毎朝歩いていたマロンの散歩は、御所に変わりました。

御所は今しだれ桜が満開です。今年の開花は少し遅めですが、これからいろんな種類の桜が連休あたりまで咲き続けてくれます。ソメイヨシノ一色ではないところが、嬉しい。

 

桜はもちろん美しいのですが、私は御所の梅林や桃林も大好きです。

桃林で、肌寒いのも忘れて可愛いな〜とみとれていました。

マロンはもちろん「花より団子」、また拾い喰いをして(彼女の悪い癖)、飼い主(私)に頭を小突かれましたが、懲りません。

 

彼女は11歳になりますが、6年前にわが家に来るまでは飼育放棄されていて、保護団体に救われた犬なので、もしかしたら、拾い喰いなどしてしのいできたのではないか、と思うと不憫で泣きそうになります。

 

それはそうと、ムーレックさんというカフェのブログにマロン登場!先日来て頂いた折、撮影してくださったのですが、まあ、外面のイイことイイこと。これまでで一番可愛く笑っています。

 

ムーレックはまったりしたいい雰囲気のカフェ(しかし前回紹介した「ハチハチ」と同様、これまた説明しにくい場所なのでHPで確認してください。)で、スペシャルコーヒーイベント中。希少価値とされるジャコウネココーヒーが飲めるのだそうです。数に限りがあるようなので、実は私もあせっています。きっとまいります。残しておいてね〜(女房)

 

 

 

Tagged with: