1973年8月、ストックホルムで発生した「銀行強盗人質立てこもり事件」における人質解放後の捜査で、人質が警察に銃を向けるなど犯人に協力して警察に敵対する行動を取っていたことが判明しました。また、解放後も人質が犯人をかばい、警察に非協力的な証言を行ったこともありました。本来ならばありえないような人質と犯人が親密になる状況を「ストックホルム症候群」と呼ぶようになり、その後もハイジャック事件などで、見られるようになりました。

この言葉の語源となった立てこもり事件を映画化したのが、「ストックホルム・ケース」(京都シネマにて上映中)です。犯罪映画というものの、正統派のサスペンスものではありません。いや、笑ってしまうような作り方です。

アメリカ人丸出しの格好で銀行に押し入ったラースは、行員3人を人質にして、犯罪仲間の釈放と逃亡資金を要求します。逃亡用の車を手配する時に、「マックィーンの『ブリット』で彼が乗っていた車を用意しろ」とかいう辺りから、もうメチャクチャです。やがて、事態は膠着して、長期戦に突入していきます。最初は恐怖だけだった女性行員のビアンカとの間に不思議な共感が生まれていきます。

怖いのか、不真面目なのかわからん強盗を演じるイーサン・ホークの演技が面白いです。B・ディランの「明日は遠く」をハモリながら強盗に押し入り、突入した警官を抑え込むや否や、お前も歌え!と脅迫、歌わすという無茶ぶりですが、本当のところ悪人ではないのかもしれません。

後半は、金庫室に閉じ込められた犯人と人質との会話が主になっていきます。そして、あろうことか、ラースとビアンカは結ばれてしまうのです。映画の最初に「事実を元にした物語」というクレジットが出ますが、さすがにこれはフィクションではないかしら。

ラスト、当然ラースたちは逮捕されてしまいます。一方のビアンカは、浜辺で子供と遊ぶ夫を虚ろな視線で見つめています。愛する家族のもとに戻れて幸せなはずなのに、なぜかそうとは見えない表情で幕。彼女が何を思っているのか、映画は何も語ることなく終わります。ヨーロッパ映画らしいエンディングです。

 

★四条河原町にある書店「京都メリーゴーランド」で、昨日より「ミシマ社のヒミツ展」が始まりました。当店でされた時とは一味も二味も違う展覧会です。

 

 

 

イタリアを代表する作家、イタロ・カルヴィーノは、50年代半ばに全国を巡って200編の民話を集め、「イタリア民話集」という本を出版しました。その中に「梨といっしょに売られた女の子」という一編がありました。そのお話に魅せられたのが、絵本作家の酒井駒子でした。そして関口英子の翻訳、酒井駒子の絵で発売されたのが「梨の子ペリーナ」(BL出版/新刊1760円)です。

梨の木に守られた女の子ペリーナの冒険物語。勇敢で、かしこいペリーナは、王の命じた難題に立ち向かいます。満月の下、彼女が梨の木の上に寝ている絵がそれはそれは美しい。旅先でペリーナの前に現れる不思議なおばあさんのおかげで、様々な難関を突破していきます。彼女が助けた人や犬たちが、手を差し伸べてくれる描写も素敵です。酒井駒子さんの優しく繊細なタッチの絵が、ペリーナの優しさを際立たせています。酒井駒子ファンは、持っていてほしい作品です。

もう一つ。以前ヒメネス作「プラテーロとぼく」という、ロバのプラテーロと少年の物語をご紹介しましたが、ヒメネスの物語から28点を選んで、山本容子が銅版画で描いた「プラテーロとわたし」(理論社/古書1600円)もとても美しい本です。

山本は、銅版をオレンジ色の絵の具を塗布したキャンパスに刷っていて、「オレンジ色のベースは、ヒメネスとプラテーロの素肌のあたたかさと、太陽があたためた大地の色、信頼関係の色。」と書いています。

確かにプラテーロの背中や、顔がとても優しい。切なく、もの哀しい世界が広がってゆく一冊です。なお、ギター演奏と朗読による「プラテーロとわたし」というCDも発売されています。

 

★ARKの犬猫カレンダーも販売中!(大・1000円 小・800円 税込)こちらは売り上げをARKに寄付いたします。(壁掛けタイプが少なくなってきました)

 

 

松嶋智佐著「女副署長」(新調文庫/古書300円)は、警察小説としては極めてユニークな一冊です。

先ず、著者の経歴が面白い。高校卒業後、警察官になり、日本初の女性白バイ隊員となりました。退職後、作家に転身して、2006年には織田作之助賞を受賞しています。そして物語はというと、とある警察署に赴任してきた副署長のたった一夜の経験を描いています。

まさに大型台風が通過する夜、警察署の敷地内で警察官が刺し殺されます。犯人はまだ署内にいる可能性が高いので、署はロックアウトされます。しかし、台風の激しい雨と風のため市内各地で救助要請が続発します。片や台風、片や殺人事件という状況下で副署長が活躍する物語です。面白いのは、彼女のヒロイックな活躍が中心ではなく、この警察署に所属する警察官たち全てが主人公と言ってもいいほど、リアルに描かれていくこと。何せ、元警察官だけあって、その描写は著者自身が経験したものが反映されているはずです。

最初のページに4階建ての警察署の地図が載っています。何でこんなものが必要かというと、多くの警察官が各階を上へ下へと移動するのです。そして、アメリカのTVドラマ「 ER」みたいに、場面がパッ、パッと切り替わり、息つく暇のない構成になっています。手提げカメラを担いで、この小説通りに映像化したら、さぞ面白い映画になると思います。

あとがきでミステリー評論家の吉野仁がこう書いています。

「『女副署長』というタイトルから、女子幹部の警察官が抱える困難を強く前面に押し出した部分が主軸の話なのだろうと勝手に想像していた。もちろん、そうした面もしっかりと含みつつ、むしろここに描かれているのは、<ひとつの警察署丸ごと>である。所属する警察官たちばかりか、建物を含めたすべてだ。それらを余すことなく物語の中にぶち込もうとしているかのような書きぶりなのだ。」

そうです。読んでいる間、こちらも署内をドタバタ走っているような臨場感が味わえます。

ラストの「POLICE WOMAN」という言葉に、著者の警官だった矜持を見た気分です。警察署に出向くとき(?)ぜひお読み下さい。

北海道釧路在住のネイチャーガイドで、写真家。そしてウィルダネスロッジ「ヒッコリーウインド」オーナーの安藤誠さんの「日常の奇跡ー安藤誠の世界」(どう出版/新刊1870円)が入荷しました。

安藤さんと初めて会ったのは、10年ほど前。ロッジに二泊ほどして、湿原をガイドしてもらったり、音楽の話や、彼のギターを聴きながら美味しいウィスキーをご馳走になったことを思い出します。その後、北海道の自然を語るネィチャートークツアーで当店にもお越しいただき、ここ数年は毎年開催してきました。彼が言い続けてきた大切なことが、この本にまとめられています。

「私が5、6歳の頃は、ヒグマにたいへん興味を持っていたそうです。クマに取り憑かれているのではないか、医者に診せなければならないのではないかと親が思い詰めるほど熱心だったと聞いています」

そんなクマ少年は、今、本格的にクマ保護のための活動を始めています。その話は当ブログ「安藤誠トークショー、今年もやりました。」をご参考にしてください。

彼は、昨今のマスコミのクマによる人災についての報道に偏りが多々あることを問題にしています。

「北海道の有名なお菓子に『山親爺』と言うクマの絵柄の入った昭和のお菓子があるのですが、それは、北海道では山で『クマ』と呼ぶと失礼だから、『おやじさん』と言うふうに畏敬の念を込めて呼んでいたそうです。」

クマのことだけでなく、荒れ果ててゆく自然に対して、何をなすべきかを本気で考え、行動している人だと思います。クマによる人災にアホなコメントを出していた環境大臣にこそ、一ヶ月ほどここで修行していただきたい。(右の写真は安藤さんの作品です。このクマの顔つきが好きです。)

プロのガイドとして、カメラマンとして、北海道の自然を語る者として、この人は本物だと思います。

自転車好きの彼は、こんなことを書いています。「自転車旅行は素晴らしい。自分で漕がなければ1メートルも進まない。しかし意思があれば、その意思をブーストさせて1日に100キロ以上の移動が自力のみで可能となるのだ。エンジンは自分自身。自分自身の心技体。諦めない心。何度となくやってくる坂道、時に信じられない過酷な峠や向かい風、雨にもみまわれる。しかし立ち向かって超えていくのだ。それが全て自分自身の結果と実績になる。」

前向きに全力疾走する安藤さんらしい言葉だと思います。

 

以前、池澤夏樹編集による日本文学全集が出版されました。その中で、池澤は古事記を現代語に翻訳し、話題になりました。私も面白く読みましたが、それから6年が経過し、古代を舞台にした小説を発表しました。

実在されたと言われるワカタケル、後の雄略天皇に焦点を当てた長編「ワカタケル」(日本経済出版社/古書1600円)です。

イチノヘノオシハ(市辺押歯)やら、ナダタノオホイラツメ(長田大郎女)やら、古代人独特の名前の人物が数多く登場しますが、覚えられなくても先へ進みましょう。(私はそうしました。)細かいところにこだわっていると、このダイナミックな歴史物語の面白さを堪能できなくなります。

国家の基本を作り上げたワカタケル。凄まじい暴力的世界と血塗られた権力闘争を平定し、国が整うまでを描いた叙事詩的物語なのですが、こんな描写も出てきます。

「何ごとも男が率先するのはよろしい。卑俗な世事などは男に任せてかまいませぬ。だが、本当に国生みをなしたのはイザナミであったことをお忘れなく。ものごとを底のところから作ってゆくのは、女であります。先の世を見通して道を示すのは、女であります。

戦の場ではせいぜい戦いなされ。刀を抜き、弓を引き、戈を振り立て、火を放つのは男。しかし、亡くなった者たちの後を満たす者を生むのは女。民草は一人残らず女の胎より生まれます。」

こう言い放ったのは、ワカタケルの乳母のヨサミです。そして物語後半、近隣の国への無謀な出兵を押しとどめようとしたのはワカタケルの大后のワカクサカでした。その後、女帝が国を治め、平和な国家建設へと向かいます。

さらに女王イヒトヨに至っては、「女と生まれた以上は男を床に迎えるのが当たり前と言う。さして興味なかったけれど、知らぬまま済ませるのも口惜しい気がして、試したの」とおっしゃる。さらにどう感じたかと言う問いに対しては、

「なにも。こんなものかと思い、一度で充分と思いました。それからは男を近づけなかった。だから子もいない。」

因みに彼女の治世は穏やかな日々だったそうです。

思慮深い女性たちが印象に残る物語でもありました。超おすすめです。

 

★町田尚子さんのおなじみ猫のチャリティーカレンダーを、販売しています。価格は550円(税込)。今年のテーマは日本映画です。なお、カレンダーの売り上げの一部は動物愛護活動の寄付になります。

★ARKの犬猫カレンダーも販売中!(大・1000円 小・800円 税込)こちらは売り上げをARKに寄付いたします。

 

料理家として数々の著作がある高山なおみが、本についてのエッセイ集を出しました。題して「本と体」(アノニマスタジオ/1980円)は、彼女が親しんだ絵本や小説の思い出として26冊の本が並んでいます。そして、絵本編集者の筒井大介、写真家の斎藤陽道、画家の中野真典、各氏へのロングインタビューが収録されています。

へぇ、こんな本読むんだ!と思ったのは「ピダハン」の紹介。ピダハンとは、アマゾンの奥地に住む少数民族の名前です。著者のダニエル・L・エベレットは、ピダハンと30年近くも生活を共にし、ヤシの葉でできた小屋に住み、狩りの獲物はその日に全て食べ、穫らない日は全く食べなくても大丈夫という暮らしを体験しました。

高山は「村中が親戚みたいに仲良しで、将来も、明日のことも思い煩わず、今日だけを楽しんで生きている、笑いながら生きているとか。 夢も、現実のひとつと信じられているとか。」と感動しています。

そして、MARUUが書いた「うさぎのまんが」。当店にも在庫していますが、マルーという名のうさぎの女の子が主人公のコミックです。と言っても、可愛いうさぎの漫画ではありません。中学、高校と多感な時期に摂食障害だった著者は、その冴えない日々の思いを漫画という表現に託しています。

「辛さと楽しさ、悲しみと喜び、醜さと美しさは、まったく逆のもののようだけど、それらはふとしたきっかけでひとつになり、、眩しい光を放つことがある。自分がいることを根底から否定したことのある人だけが、私たちに見せてくれる世界。そういうものがあるような気がするのです。」と高山は評価しています。

彼女の本では、「明日もいち日、ぶじ日記」(新潮社/古書800円)が好きでしたが、この本も気に入りました。

最後に高山自身へのインタビューがあり、自分がどもりだったと言っています。

「体の中に言いたいことが人いちばい溢れているんです。私はそれがどもりだと思う。」

彼女は、日々の小さな変化をきちんと見て、聴いて、生きていたいと思っていて、そういうことを他人に正確に伝えようとすると、変なリズムになったり、同じ言葉を何度も使ったりと、間隔が空いたりするというのです。

「だから私、いまだにどもりなんです」

ヤンチャで幸せで少し切ない子供時代の話や、選ばれた本や対談から、高山なおみの人となりが見えてくるような本です。

 

佐藤春夫?明治生まれの詩人だったよね、「田園の憂鬱」とか「都会の憂鬱」とかいうタイトルの小説出していたはず…….。

確か、創作活動に行き詰まり、東京を離れて妻と愛犬と田舎暮らしを始め、その日々の中で考えたことを綴ったのが「田園の憂鬱」でした。「その家が、今、彼の目の前へ現れて来た。」という奇妙な書き出しで始まるのですが、ようわからん物語だった記憶があります。

そんな著者が、1920年6月、当時日本の植民地だった台湾へと旅立ちます。よほどこの地が気に入ったのか、その後、台湾を舞台にした作品を連発します。それをまとめたのが「佐藤春夫台湾小説集」(中公文庫/古書600円)です。

台湾でも人気のある「女誡扇綺譚」は、廃港を舞台に、この地の詩人と日本人記者が、だれもいない屋敷から聞こえてくる「なぜもっと早くいらっしゃらないの」という女の声を巡って、真相を追及するミステリー仕立ての話です。廃港を彷徨う二人の描写と、廃れてしまった港の描写が素晴らしく、今なら新鋭の台湾人映画監督が見事な映像美で見せてくれるのではないかと思います。

一方、「霧社」は原住民族セデック族による反日抗争事件「霧社事件」を思い起こさせる物語です。「霧社事件」は1930年、日本統治下の台湾で起こった最大規模の暴動です。佐藤は、討伐隊が集結して一触即発の最中に霧社に出向き、山登りをしながら見聞したものを記録風に描きました。梅毒で鼻がもげた男や、巧みに客を誘惑する少女、低賃金でこき使われる現地の人たちを描いています。

台湾で再評価されているという情報がなければ、手にとっていなかったと思いますが、興味深く読みました。

 

富山県のローカルテレビ局「チューリップテレビ」が、自民党市会議員の政務活動費使用で不正があったことをすっぱ抜きました。その一部始終を記録した「はりぼて」(京都シネマにて上映中)を観てきました。

開催していない市政報告会の領収書、勝手に数字を書き込んだ領収書などが、どんどん出てきます。当初の言い訳を、記者にグイグイ追及された議員たちが、いともあっさりと、トランプみたいにゴネまくることなく、「申し訳ありませんでした」と謝罪会見を開き、辞職してゆくのです。尊大な態度で記者に接していた議員も、次のシーンでは頭を下げているのですから、ほんま、笑ってしまいます。

市議会のビルに集まってくるカラスたちの鳴き声が、所々に入ります。どう聞いても「アホウ、アホウ」と鳴いているよう。頭を下げる議員、アホウと鳴くカラスが交互に登場します。情けない。

最初に、偽の領収書を突きつけられた議員は、”富山市議会のドン”と言われた人物で、ちょうど議会で議員給与の値上げ法案を提出して根回しの結果議決されたところでした。しかし、疑惑発覚後議員辞職に追い込まれ、その後半年の間に14人の議員が続々と辞職していきます。

さらに、この失態を追及していた議員もセクハラ容疑で告訴されるという、開いた口が塞がらない状況です。

「仁義なき闘い」で金子信雄が演じた小悪人の醜悪さに大笑いしましたが、あれ以上です。きっと、伊丹十三が生きていたら、この事件をベースに面白い劇映画を作っていただろうなぁ〜と思いました。

しかしこれはお話の出来事ではなく本当のことなので、笑っていてはいけない状況です。が、あまりの愚かさに、映画館内もため息と失笑しかありません。2020年には、全国一厳しい条例を制定したものの、不正が発覚しても辞職しないで居座る議員の状況も描かれています。

さらにこの議会、女性が全くいない。おっさんばっか。こりゃダメだ。出直し選挙で少しは増えたみたいですが、まだまだです。地方議会だけでなく、国政でも変わりません。選ぶ者の責任が突きつけられます。笑って、笑って、ゾッとさせられる、エンタメ作品になっていました。ぜひご覧ください。

 

 

三宅章介さんの写真集「Typology  for traces  of  Gable Roofs切妻屋根の痕跡のための類型学」(赤々舎/新刊3300円)は、街中でよく見かける建物に取り残された家屋の痕跡(隣接していた建物の壁についた跡)を撮影したものです。正直言って、著者本人が持ってこられた時には、その面白さがもう一つよく分かりませんでした。特にこれという個性もない痕跡ばかり。写真専門の出版社である赤々舎がよく出したなぁ〜とまで思ってしまいました。ところが、何度かパラパラとめくっていると不思議な感覚に陥るのです。

ここにかつて存在していた家はどんな外観だったのだろう、どのような家族がどんな風に暮らしていたのだろう、そしてどうして家屋を潰したのだろう等々、様々な思いが溢れてくるのです。幸せだったかな、それとも何か事情があってこの地を去ったのだろうか………。妄想はつきません。残された家の痕跡が、亡霊のように立ち上がってきます。

三宅さんは、「かつて、そこにあった人の営みを刻印した化石のようだ。痕跡は風雨にさらされ、時の流れのなかで磨耗していくだろう。新たな建物が建てば視界から消える。やがては痕跡を印した壁面も解体され、人々の記憶からも跡形なく消え去るにちがいない。」と記しています。

そんな思いを持って京都の街中を歩いてきた集大成が本書です。巻末には、撮影日時と場所が記載されています。「京都市中京区瀬戸屋町465」と番地まで記載されていますので、近所の方の記憶に残っているものもあるかもしれません。

一時、「痕跡本」というものが、古書好きの間で話題になりましたが、こちらは「痕跡壁」とでも言うべきか、具体的であり幻想的でもある、面白い写真集です。当初の印象を撤回します。傑作です。

 

★町田尚子さんのおなじみ猫のチャリティーカレンダーを、販売しています。価格は550円(税込)。今年のテーマは日本映画です。なお、カレンダーの売り上げの一部は動物愛護活動の寄付になります。

★ARKの犬猫カレンダーも販売中!(大・1000円 小・800円 税込)こちらは売り上げをARKに寄付いたします。

 

 

 

日本画家さわらぎさわさんの個展「絵から飛び出た楽しい仲間たち」が始まりました。レティシア書房では、2018年の秋以来2回目の個展になります。

さわらぎさんの絵は、可愛らしい動物や少女がテーマですが、日本画のせいでしょうか、独特の深い奥行きがあります。「ナルニア物語」にインスパイアされて描いた絵には、ライオンの思慮深い眼差しがこちらに向けられていて、壮大な物語に思いを馳せました。

「絵から飛び出た仲間たち」というタイトル通り、描かれた絵からそれぞれ可愛いキャラクターが、フェルトの人形になり絵とともに並んでいます。フェルトを手掛けるようになってからそれほど年月が経っていないはずですが、絵から飛び出してきたシマウマや牛やウサギや少女など、みんな楽しそうに踊ったり歌ったりしています。作家が心から楽しんで作っておられるのが伝わってきて、表現方法が変わってもセンスの良さが光ります。

今回、描かれた絵や立体をもとに小さな絵本に仕立てて500円で販売されていますので、こちらも手にとってご覧くださいませ。

日に日に秋が深まってまいりました。やわらかで美しい日本画に親しんでいただければ幸いです。(女房)

さわらぎさわ「絵から飛び出た楽しい仲間たち」展は、11月4日(水)〜15日(日)まで 月火定休日 13:00〜19:00