原子爆弾が投下された広島を舞台にした小説「夏の花」(晶文社/古書700円)や、幼い日々の記憶が瀬戸内の風景と共に切なく描かれた短篇集「幼年画」(瀬戸内人1944円)等を読んで、ファンになった原民喜。彼は、小説家であり、詩人であり、そして童話も書いていました。

彼の童話と、様々な人達が彼への思いを寄せた別巻「毬」を、セットで函入にした「原民喜童話集」(イニュイック2970円)が発売されました。作り手の愛情が溢れる本は、持った瞬間にわかります。シブい色合いの函、その色を邪魔しない帯と、使用されているフォントの美しさ。童話集の表紙に描かれた小さな原の後ろ姿、そして、童話集の装幀とは真逆に光沢紙の「毬」の表紙は、正面を向いた原の写真が使われ、タイトルの「毬」が赤い小さなフォントで目立たないように配置されています。もう、これだけで本を持つ喜び一杯です。

童話集は、7篇のお話と、全集未収録の詩「ペンギン島の歌」が収録されています。

「誕生日」は、遠足に行った雄二君の様子が描かれた短いお話です。天気のいい日、風に吹かれて山に登り、お弁当を食べて深呼吸を一つ。原が作り出す美しい言葉が、読む者を包み込み、幸せな気分にしてくれます。

コスモスの咲いた夜、月に照らされたコスモスを見て楽しむモグラの母と子を描いた「もぐらとコスモス」。「赤、白、深紅、白、赤、桃色……….コスモスの花は月の光にはっきり浮いて見えます。」という風景を見た子供のもぐらの嬉しそうな表情が、目に浮かびます。こちらも数ぺージで、親子がほんの一瞬地上に出ただけのことを描いたお話なんですが、澄み切った月夜の風景が立ち上がってきます。

別巻で詩人の蜂飼耳さんは、「ひかえめな言葉が、目を素通りさせるところもあるのだけれども、いったんその佇まいに気がつけば、実感のある表現として心の底へ落ちる。そこから受け取ることのできる原民喜の感覚のこまやかさには切実なものがあり、一語一語を再現し読んでいくうちに、胸が詰まる」と書いています。「ひかえめな言葉」が「胸が詰まる」という表現は、この童話集の価値を伝えていると思います。

原は亡くなる前年、「ぼくはヒバリです。ヒバリになっていつか空へ行きます」と呟いたそうです。その言葉を巡って、倉敷の名物古書店「蟲文庫」店主田中美穂さんが、とても素敵な原民喜への思いを言葉にしています。

被曝し、悲惨な現状を見た原だからこそ、「幼年画」や「童話集」の収められたような美しい作品を残せたのかもしれません。机の前に置いて、眺め、触れ、そして函から出して何度も何度も彼の言葉を追いかけたいような、大事にしたい一冊です。

★「幼年画」は二種類の表紙があります。どちらも在庫あります。

秋の深まってきたこの季節にぴったりの作品展「風展2017・いつもひつじと」が始まりました。

澤口弘子さんは北海道で活躍中の羊毛作家。2012年、京都文化博物館で行われた「羊パレット」という全国規模の展覧会に出品されていたご縁で、開店間もない小さな本屋で個展をして下さいました。2014年に続き、レティシア書房では今回で3回目になります。シルクの薄い生地と羊毛を組み合わせた独特のストールは、軽くて暖かで、とてもゴージャス。羽織ってみると、それだけで、特別な時間が流れるような気がします。色鮮やかな赤のストールとベレーを、店の入り口に飾って思わずため息をもらしました。ス・テ・キ!!

見ているだけで楽しいベレー帽もマフラーも、無地のセーターと組み合わせるだけでおしゃれ。今回は、いつものベレー帽に加えて、カジュアルな手編みの毛糸の帽子もたくさんあります。「寒い北海道でも、この軽いウールのベストをコートの下に着たらあったかいよ。」と、江別市在住の澤口さんお墨付きのベストも、4点出来上がりました。鏡を用意していますので、ゆっくりお試し下さい。

澤口さんの羊毛作品は、とても美しいので身につけると負けてしまうのではないかしら、と一見思うのですが、まとった人によって、表情が面白く変化して、その人らしくなるから不思議です。長年培ってきたセンスと技術は、さすがベテラン作家さんだと思います。

前回同様、手紡ぎの糸と原毛も届きました。どれも一点ものですので、手づくり作品の材料にぜひ活用して下さい。(女房)

 

 

澤口弘子「風2017・いつもひつじと」展は11月21日(火)〜12月3日(日)まで

12時〜20時 月曜定休日

 

 

 

 

 

 

11月11日のブログ、「ちょっと面白いかも?」でご紹介した本が好評だったので、調子にのって第2弾です。

風や水で動く野外の立体作品で有名な彫刻家、新宮晋が絵本を描いていました。タイトルは「くもSPIDER」(900円)。「ある夏の夕方」でという言葉で始まり、夜の間、一匹の蜘蛛が巣を張ってゆく様を美しい点描で描いた絵本。巣の張り方は、本物そっくりなのですが、星が背景に描き込んであるので、まるで宇宙に浮かんでいるみたいで夢のような美しさです。風で動く作品の作家だけに、今にも巣がふわりと動きそうです。

次に紹介するは、河野多恵子の「半所有者」(700円)です。確か、ブログでも紹介した池澤夏樹個人編集の「日本文学全集」」の「近現代作家3」に収録されていて、そちらで読みました。ぞっとする物語ですが、面白いです。そして本の装幀が素敵です。アンカット版(ペーパーナイフで各ページを切り取るスタイル)ではないのですが、それ風のスタイルで各ページの端に、表紙に描かれている蝶がデザイン化されて描かれているという凝ったものです。中野慎治の挿画も美しい。

「色ざんげ」や「おはん」などを書いた宇野千代の「私の文学回想記」(500円)は、今なら女性誌に乗りそうな彼女の恋愛話満載で、ふふふ、と読んでしまいました。「私と東郷青児との結婚生活くらい、矛盾に満ち、また摩訶不思議なものはなかったと思ひます」で始まる結婚生活記録は、文学者らしく、品位を落とすことなく描いています。「東郷との無茶苦茶な生活も、面白かった、と言はない訳には行きません。昼間は呼吸も出来ないほど借金取りに責め立てられても、夜はその苦痛の痕跡もなく、レコードをかけて客と踊ったりしました。」なんて生活、一般人には想像できません。

現在放映中のNHKの朝ドラ「わろてんか」は、大阪のお笑いを描いていて面白く見ています。笹野高史が気楽亭文鳥役で「時うどん」を演じていましたが、さすがでした。せっかくだから、大阪の芸能のお勉強でもという”奇特”な方に、香川登枝緒の「私説おおさか芸能史」(800円)はお薦めです。香川は「スチャラカ社員」「てなもんや三度笠」等の大ヒットTVドラマの脚本家でした。TV創成期から、この業界で活躍していた人物だけあって、興味のあるエピソード満載の一冊です。漫才、落語に留まらず、歌舞伎、文楽、松竹新喜劇まで上方芸能の話が、ソフトな語り口で書かれています。ちなみに、「わろてんか」でヒロインが演じる女性は、吉本興行を創業から引っ張っぱってきた吉本せいがモデルです。もちろん、この本でも取り上げてあります。

 

11月12日のブログで疋田千里さんの”traveling with Spices”という写真集を紹介しました。そこに掲載されていたインドのタラブックス。この出版社の発行したハンドメイド本をまとめた「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」(ブルーシープ2400円)が発売されました。

インド南部のチェンナイを拠点に活動するタラブックスは、40人程の社員で、芸術や教育の本を高品質で送り出しています。

出版社の活動として、2000年初頭から、インド各地の部族に伝承されている民族芸術を取り上げて本にしており、その中で、インド中央部に暮らすゴンド族のアーティストと組んだ作品群は注目を浴びました。手漉きの紙に、絵や文字をシルクスクリーンで印刷して、すべて手製本で仕上げられた本は、多彩な魅力に溢れています。

夜の間に別の姿を見せる木の物語「夜の木」は、現在8か国語に翻訳されていて、タラブックスの代表作と言えます。日本語版も発行されましたが、現在絶版で、古書価格は決して安くはありません。

今回の「世界を変える美しい本」には、代表作「夜の木」を始めとして、タラブックスが挑戦した様々な本作りが、写真と解説で紹介されています。本の電子化が加速する出版業界にあって、紙の本に徹底的に拘り、センス溢れるクリエイターとの共同作業で、大げさではなく「世界」を「変える」に相応しい美しい本を作り続けています。

イタリアのボローニャで行われているボローニャ・チルドレン・ブックフェアに2008年「夜の木」が出品されました。商業出版される児童書の世界的見本市に、無名の民族作家の、しかも一冊一冊手製本されたものでありながら、手頃な値段で購入できることに、集まった世界中の編集者が驚愕しました。「世界を変える美しい本」の巻末には1994年から2015年までに発行された書籍のリストがカラー写真で紹介されたブックリストが収録してあります。ゆっくり、時間をかけて本を作ってゆくというタラブックスの姿勢が見えてきます。

この美しさと内容で2400円は安い!紙の本を作る人達の 愛情に満ちた一冊です。現在、東京の板橋区立美術館で開催中のタラブックス展のDMも届いていますので、お持ち帰り下さい。

 

ミュージカル映画との出逢い…….。「サウンド・オブ・ミュージック」「マイ・フェアレディ」「ウエストサイド物語」等が最初の体験でした。どれも名作と呼ばれていても、私には全然面白くありませんでした。突然朗々とした声で歌い出されると、もう、堪忍してぇなぁ〜という気分でした。

しかし、50年代前後のアメリカMGMミュージカルの名場面を集めた「ザッツ・エンターテイメント」を観るに及んで、踊って歌うってこんなに人を幸せにするんだ!!と、打って変わって病み付きになってしまいました。

そして、フランス映画「ロシュフォールの恋人たち」が決定打となりました。何度DVDで見直した事でしょう。すれ違いのメロドラマを、こんなに粋に、ロマンチックに、洒落た感覚で映画にした監督ジャック・ドゥミ=音楽ミシェル・ルグランのコンビに脱帽しっぱなしです。

「ロシュフォールの恋人たち」公開50年を記念して、丸ごと一冊この映画を中心にしてドゥミ作品、ルグランの音楽のことを解説した本「シネマ・アシャンテ」(立東舎1800円)が出版されています。映画評論家山田宏一によるドゥミ監督、ルグランへのインタビューが満載です。なんと350点にも及ぶ図版が掲載されていて、本編を知らなくても、ウキウキ楽しい気分になります。

なにより、主演したカトリーヌ・ドヌーブとフランソワーズ・ドルレアック(ドヌーブの姉)が美しい。フランスのべっぴんさん姉妹です。ドヌーブはジャック・ドゥミ=ミシェル・ルグランコンビによる「シェルブールの雨傘」に主演していますが、「ロシュフォールの恋人たち」が最高です。

本の後半には、映画のポスター、レコード、チラシ等が数多く収録されています。公開された国が違えば、ポスターのデザインは結構違っていて面白い。とにかく、楽しい一冊です。

店にはリマスター完全盤「ロシュフォールの恋人たち」(2CD2600円)もあります。ルグランの華やかな音楽が楽しめます。

また、ドゥミ作品のロケ地を訪ね歩く「パリから向かうフランス映画の港町」(リヴル・アンシャンテ 1400円)というガイドもあります。

(※「パリから向かうフランス映画の港町」売切れました。)

 

★お知らせ  

京都シネマで「ジャック・ドゥミ×ミシェル・ルグラン特集シネマ・アンシャンテ」と題して、「ロシュフォールの恋人たち」が11月25日(土)、30日(木)は12:25から、12月3日(日)、6日(水)は10:00からそれぞれ上映されます。ぜひ!

 

筆者の選んだ本がズラリと並んだ正統派の書評集は、どちらかというと苦手です。最後まで読んだのは、斎藤美奈子ぐらいではないでしょうか。岡崎武志の「人生散歩術」(芸術新聞社1300円)みたいに、著者の生き方、或は人生哲学と本がシンクロしているものは、私はあまりお目にかかったことがありません。

けれども、平松洋子「野蛮な読書」(集英社文庫450円)は違いました。こういう本を待ってました。

この書評集は、取り上げる作家も、紹介の仕方もバラエティに富んでいます。例えば、開高健の一冊の本と共に、彼女はあちらへ、こちらへと動き回ります。散歩ついでに買った「戦場の博物誌」は、モスバーガーで先ず読み出し、翌日能登半島へ向かい、半島尖端の宿でつづきを読むといった具合です。移動しながら「戦場の博物誌」を読み続け、開高健を語ります。旅から戻り、風呂で冷えた体をあたため、最終章に進みます。「掌のなかで自分の分身が無に帰する。さいごのあの一瞬。がらんどうの空虚ささえ呑みこむ圧倒的な静寂に、何度読んでもわたしは身じろきもできなくなる。」

面白かったのは、宇能鴻一郎を論じた一章です。「あたし、レイコ。人妻看護婦なんです」とか「あたし、濡れるんです」で始まるお馴染みのポルノ小説の第一人者。平松はこの作家を嬉々として描いていくので、あはは、と笑ってしまいました。しかし、宇野は「鯨神」で芥川賞受賞をした文学作家でもあります。その作品とポルノ作家としての宇野の世界を結びつける辺りの描写が秀逸です。メルヴィルの「白鯨」の如く、神のような鯨と闘う男の話と、「あたし×××なんです」の世界がどう繋がってゆくのか、スリリングですよ。

「男の願望を女の肉体にぴたりと同一に重ねてみせる一人称独白体など、だれもかんがえつかなかった。書きえなかった。むしろ超俗。それは、文学と官能をひとつの頂にさだめて登攀しつづけた宇能鴻一郎ただひとりが達した険しい峰のように思われる。」とは見事な指摘です。

平松は、例えば「箸で食べる『カステラ』。それはびっくりするほど新鮮だった。フォークとか黒文字で粛々と食べるときはまるでちがう。ざくっと箸をつっこんで切り分ける動きは冷や奴を食べるときとそっくりなのだが、ふがふがと頼りなくて、正体のないものを相手にしている感触に調子が狂う。ところが、快感もいっしょに湧いてくる」という具合に、食に関するエッセイで抜群のタッチを出す女性です。宇野が料理好き、食べる事が好き、というのに俄然興味を持ち、珍しい彼の食にまつわるエッセイについても書かれています。

 

Tagged with:
 

谷崎潤一郎の本に初めて出会った時、それはかなり昔の話ですが、全く改行なしで延々続く文体に辟易して、すぐに投げ出したことを覚えています。

池澤夏樹編集の日本文学全集で、丸ごと谷崎という巻に出逢ったところ、え?え?こんな活劇書くの??!

その小説は「乱菊物語」。「ハリー・ポッター」か「指輪物語」か、はたまた「里見八犬伝」か、と驚くほど面白い物語が進行します。室町末期の瀬戸内、海に怪現象、跋扈する海賊、お家騒動、幻術師の暗躍、悪女、「待ってましたぁ〜!」と大向こうから声が掛かりそうな謎のヒーロー。もう善悪入り乱れての大バトルが展開します。

ところが、残念なことに小説は未完で終りました。元々、大阪朝日新聞に連載されていたのですが、連載中に谷崎の妻を巡るスキャンダルが起きたことや、舞台となった家島の住人が、自分たちの島が海賊の島と書かれたことに憤慨、新聞の不買運動を展開したことなど様々なことが原因になっています。しかし、もったいない、前半だけでもこんなに面白い小説なのに。

その後に登場する「蘆刈」。出ました、改行なしの、あの谷崎調です。でも、年をとるというのは良いことですね。すらすら読めるんです。

9月のある日、主人公(谷崎自身)が、ふらりと大阪と京都の境にある水無瀬へ散歩がてら出掛けるところから話は始まります。後鳥羽院が水無瀬の中州に作ったとされている離宮跡で出会った1人の男の話から、一気に幽玄と幻想の世界へと飛翔します。そして「ただそよそよと風が草の葉をわたるばかりで汀にいちめん生えていたあしも見えずそのおとこの影もいつのまにか月のひかりに溶け入るようにきえてしまった。」の一文で終ります。主人公が登場し、ドラマがあり、そして静かに消えてゆく能の舞台をみているような気分でした。

美しい日本語を堪能したのは、旅行記「西湖の月」。谷崎が中国を旅するエッセイですが、杭州の西湖で過ごした数日が描かれています。偶然、その湖上で入水自殺した娘の死体に遭遇します。その時の様子をこう書いています。

「私は舷から出来るだけ外へ半身を乗り出して、屍骸の首の上へ自分の顔を持って行った。彼女の高い鼻はほとんど擦れ擦れになり、何だか息が私の襟元へ懸かるようににも感じられる。あまりに彫刻的で堅過ぎる憾みがあったその輪郭は、濡れて浸って居るために却って人間らしい柔らかみを持ち、黒味がかって居るほど青かった血色さえも、垢を洗い落としたように白く冴え返って居る。そうして、上衣の繻子の青磁色は、朗々とした月の光にその青みを奪い取られて、鱸の鱗の如く銀色に光って居たのである」

グロテスクな情景なのに、ここまで美しく書けるんですね。谷崎アレルギーを治してもらった一冊でした。(1900円)

 

 

明治から昭和にかけて活躍した、京都の日本画家木島櫻谷の回顧展(泉屋博古館で開催中)に行ってきました。

京都画壇にあって、二十代で頭角を表し、明治後期から大正時代にかけて花形の画家として活躍した木島櫻谷は、動物画で抜きん出た才能を発揮しました。野を駆け下りる一匹の猪をダイナミックに描いた「野猪図」(明治33年)や、強風に向かって今飛び出そうとする鷲を描いた「猛鷲図」(明治36年 写真左)には、思わず身を避けたくなるような臨場感があります。「勇壮」という言葉は、こういう作品にこそ相応しいものだとおもいました。

熊と鷲が見つめ合う「熊鷲図屏風」(明治時代 写真右下)では、雪原に立ち、内省的で深い優しさを湛えた眼差しで遠くを見つめる堂々たる熊と、太い幹に鋭い爪を立てて、やはり遠くを見据える鷲を描いています。こちらは「静謐」という言葉が思い浮かんで、暫くの間、作品の前から動くことができませんでした。

さらに、高さ250cmの巨大な画面に描かれた、疾走する二人の騎馬を描いた「かりくら」(明治42年)になると、うかうかしているとこちらが馬に蹴り飛ばされそうな、ど迫力。風に舞う馬の毛並みの徹底的な描写力も忘れられません。一方で、彼の代表的傑作と呼ばれている「寒月」(大正元年 写真下)では、冴え渡る月光に照らし出された雪深い竹林を、周囲を警戒しながら歩む一匹の狐が描かれています。静まり返った竹林、鋭い目つきの狐。厳しい環境に生きる生命の一瞬です。

木島の作品で、最も多く登場する動物は馬だそうです。厩からのぞく馬の上体を描いた「厩」(昭和6年)は、哲学者のような知性と優しさを兼ね備えた馬が描かれています。

この展覧会を開催している泉屋博古館は岡崎近辺にあります。美術館自体も素敵な空間で、テラスから見渡す山の美しさが印象的です。ここから東に向かうと哲学の道で、今の季節、まぁ恐ろしいぐらい混み合ってます。この静かな空間で、京都の秋を心ゆくまで楽しまれることをお薦めします。

Tagged with:
 

昨日、東京で活躍中の写真家、疋田千里さんが新作ミニプレスを持って来られました。

彼女とのお付き合いは、「とちぎのいちご」(売切れ)というミニプレスを作って来店されたのがきっかけでした。最初は「とちぎのいちご?」売れるのかな〜と思っていましたが、店に置いてみると特に女性が手に取られる事が多く、結局完売しました。

その後、ブラジルへ行って”A Vida no Brasil/A Day in The Life”(1200円)という写真集を、次はインドへと渡り”Traveling with Spiices”(1404円)という写真集を出されました。

後者の写真集(写真右)には、今、本好きの間で注目されている、南インド、チェンナイの小さな出版社タラブックスが紹介されています。この出版社が出す本はすべて手づくりで製作されていて、疋田さんの写真集でもその工程を見ることができます。(東京板橋区美術館では現在タラブックスの展示会が開催中です)

さて、今回持ち込みの新刊は”ohashi_to”(1512円)。お箸を使う国、日本と韓国と台湾を巡る旅の写真とアジア料理研究家の外処佳絵さんによる「お箸が似合うごはんたち」というレシピ集がセットになったものです。フツーのおっちゃんやおばちゃんが大衆食堂で食事をしていたり、屋台のにいちゃんの姿を写した作品にご当地料理の匂いが漂っています。

外処佳絵さんのレシピは、「チャプチェご飯」、「韓国ジャージャン麺」、「塩レモン焼きそば」、「ビビン冷麺」、「卵焼きクレープ」等々、どれも美味しそう。彼女によると「韓国は歴史をさかのぼると、銀の箸は毒を盛られた際に反応する素材だったので使われていましたが、現代では、ニンニクや唐辛子といった香りや着色しやすい食材を多く食べるので、金属のお箸が主流」だそうです。

疋田さんの3つの写真集をパラパラとながめていて、面白いことを発見しました。ブラジルの写真集には、路路にせり出した果物屋の軒先で、台車に乗ってホッと一息ついたおっちゃんの後ろ姿があり、新作では、やはり路上に突き出た八百屋さんで黙々と作業をするおっちゃんの後ろ姿が捉えられています。のどかで平和な風が吹いています。ぜひ日本のおっちゃんの後ろ姿も撮ってください。

なお、12月3日まで、一乗寺に移転したマヤルカ古書店さんで”ohashi_to”発売記念の写真展が開かれています。

 

多くの古書が入荷してきました。文学史的に貴重なものというより、ほほぉ〜こんな本出ていたんだぁ〜と驚くようなものがワンサカあります。価格はワンコイン、あるいは、それにちょっと+(プラス)といった価格です。数回に分けてご紹介(全部一度に出せないので間があきますが)してまいります。

最初にご紹介するのは、京都の料亭、和久傳が出した「桑兪」(そうゆ)です。これ、京料理の紹介やら、観光地の案内ではありません。執筆陣が凄いです。渡辺淳一、杉本秀太郎、石川九楊、福岡伸一、宮本輝等11名。杉本はさすがご当地だけに、祇園祭の山鉾巡行のことを書いていますが、それぞれが好きなテーマでエッセイを寄せています。生物学者の福岡は、彼の本に出て来る「動的平衡」の言葉を解説しながら、狂牛病やハチの大量死についてこう書いています。

「狂牛病をこれ以上拡大しないために私たちは何をすればよいか。それはシンプルなことである。牛を正しく扱う。つまり牛を本来の草食動物として育てればよい。ハチを大量死から守るためにどうすればよいか。ハチの多様性を尊重し、できるだけハチの習性を大切に、ハチを物品ではなく、本来の生命体として扱う。」(500円)

料理屋が、単に宣伝や販促のために出した類いのものではないようです。

 

飲食がらみでいうと、キッコーマン醤油が昭和49年に出した松本延昌著「キッコーマン奥様大学特別シリーズvol.3和飲物語(700円)は、なんと函入りで、装幀が平野甲賀、挿画は鈴木康司という豪華布陣です。日本のワインの普及のために書かれたもので、サンケイ新聞に連載されたそれらの記事を中心にまとめられています。因みに「和飲」は「ワイン」を漢字に当てたものです。とても、一企業が作った本とは思えない程立派ですよ。

ガラリと変わりますが、日本画家、熊谷守一を見つめた画商、向井加寿枝の「赤い線それは空間」(岐阜新聞社900円)をご紹介します。熊谷との30年にも及ぶ付き合いで見て来た画家の姿を 綴った本ですが、晩年一歩も家を出ずに、庭にくる虫などを書き続けた画家の日常風景や、自宅の様子が撮影されています。庭には16カ所に及ぶ腰掛けが作ってあり、そこに坐ってじっと時を過ごしている姿も収録されています。また、パリのダビッド・エ・ガルニエ画廊で開催された個展の写真などもあり案外貴重かもしれません。彼のファンなら是非持っておきたい一冊です。