夏休みに子供に読ませたい本とか、よくありますね。というわけで大人にも読んで頂きたい絵本2冊のご紹介です。

みやこしあきこの「たいふうがくる」(BL出版/古書1200円)は、モノクロで描き込まれた、ある夏の日の物語です。

金曜日。明日は家族で海水浴に行くことを楽しみにしていた少年は、学校に行くと、先生から台風が来るからというので、下校の指示を出されます。家に帰ると、お父さんもお母さんも台風の準備に追われています。そしてやってくる台風。激しい雨と風。

絵本作家の杉田豊は「普通の絵本の構成では比較的読者に対する説明要素も含めて、少し高い視線で見た場面を描くことが多い。勿論四方にひろがる景色などパノラマ的に俯瞰した鳥瞰図のアングルなどもよく見られるが、『たいふうがくる』ではアングルが机の高さ位から床に近いローアングル、夢の中の船は逆に仰ぎ見るような、動き回るカメラ目線を駆使した変化を見せている。」と評価しています。

少年が、ベッドに飛び込むシーンのアングルは、床すれすれの地点から見上げています。動きのある画面構成で、台風の通過する不安な夜を過ごす少年の姿が描かれます。そして、台風が去った翌朝、カーテンを開いた少年の目の前に飛び込んでくるのが、眩しい青空です。いかにも、嵐の過ぎ去った日、カーテンを開けた途端に、目に飛び込む眩しさ。この空の色だけ、モノクロ画面の中で、清々しい青色がとても効果的に使われています。

もう一冊は、谷川俊太郎作、長野重一写真による「よるのびょういん」(福音館書店/古書950円)です。これは、深夜、お腹の痛みを訴えた少年が、救急車に乗せられて病院へと向い、緊急手術を受ける様を、谷川の文章と、長野の写真で追いかけた絵本なのですが、映画を見ているような迫力です。

おそらく、写真の少年とその両親は、役者です。執刀する先生や、看護婦、救急隊員、そして夜の病院で働く人々は、本物ではないでしょうか。これらのアンサンブルが見事に決まっていて、この絵本の構成通りにカメラを廻せば映画になります。写真を撮った長野は、市川崑の「東京オリンピック」に参加しています。極めて映画的です。それにかぶさってくる谷川の言葉も、写真を説明するのではなく、緊張感溢れる物語にしています。

「よるの びょういんは しずかだ。けれど そこには ねむらずに はたらくひとたちがいる。びょうしつを みまわる かんごふさん、ちかの ぼいらーしつで よどおし おきている ぼいらーまん」という谷川の文章に添えられた二枚の写真は、特に素晴らしいです。

 

★本日誠に勝手ながら、17時30分にて閉店させていただきます。

 

ただ今ギャラリーで開催中「災害で消えた小さな命」(複製画)展の主宰者うささんが、代表をつとめる劇団Sol.星の花による「Voice in the Wind その声がきこえますか」が、京都府民ホールアルティ(上京区烏丸一条下る)で上演中。お問い合わせは劇団Sol.星の花京都公演実行委員会まで。7月10日(火)〜12日(木)

 

「この広い世界で、音を見つけたのはいつだったのだろう。この広い世界で音を見つけたのは誰だったのだろう。ぴんと張り伸ばされた弦を指で最初に弾いたのは誰?張り詰めた皮を撥で叩いたのは誰?草の茎に息を吹き込んで、空気を笑わせたのは誰?」

という中沢けいの「誰が見つけたの」という文章の前後に、有元利夫の作品が並んでいます。有元利夫は、1946年生まれ、39歳で亡くなった夭折の画家です。リコーダーを吹く女性を描いた「サラバンド」、紙風船のようなものが飛び交う中で、まるで指揮棒を振り上げたようなスタイルの女性を描いた「音楽の愉しみ」、赤い靴を履いて体操をしているような「夜の歌」など、有元の世界観を代表する作品を楽しめるのが「七つの音」(講談社/古書/絶版2400円)です。

中沢の文章が、そのまま有元の作品の説明になっているわけではありません。有元作品の世界に流れる音の存在が、中沢のフィルターを通して文章に仕上げられた本です。

この本のタイトル「七つの音」について、妻、有元容子は「絵のタイトルにもたくさんつけるほど、本人も音にすごくこだわりがあったから。と中沢の対談で語っています。確かに、「室内楽」「楽典」「音楽」「古曲」等、音楽をイメージさせるようなタイトルがありますが、それぞれの絵が、楽曲そのものを表現しているのではなく、一つ一つの音に込められた大切な何かを語っているように思えます。

私は「ささやかな時間」(写真右)という絵が印象に残りました。リコーダを構えた女性が赤いテーブルクロスの机の前に坐って、どこか遠くを見つめています。音が空中に溢れ出す前の、静かな一時。見ていると心が落ち着きます。

中沢は「「誰が見つけたの」の最後をこう結んでいます

「この広い世界で、魂に響く音を最初に発見したのはいつだったのだろう。それから今日まで、どれくらいの時が過ぎたのだろう。時が過ぎる間に、どれくらいたくさんの音が発見されたり、作られたしたのだろう。」

有元の絵の中から、あなたの魂に響く音を探してみてはいかがですか。

 

★レティシア書房「夏の一箱古本市」は、8月8日(水)〜19日(日)開催

ただ今ギャラリーで開催中「災害で消えた小さな命」(複製画)展の主宰者うささんが、代表をつとめる劇団Sol.星の花による「Voice in the Wind その声がきこえますか」が、京都府民ホールアルティ(上京区烏丸一条下る)で上演中。お問い合わせは劇団Sol.星の花京都公演実行委員会まで。7月10日(火)〜12日(木)

 


 

 


Tagged with:
 

1925年生まれのアメリカの作家、フラナリー・オコナーの「フラナリー・オコナー全短篇(上)(下)」(筑摩書房4800円/単行本絶版)が入荷しました。その中のいくつかを読みました。アメリカ南部を舞台とした短編の名手です。日常の生活の隙間に、ふっと現れる暴力、あるいは血なまぐさい殺人が頻繁に登場します。

「善人はなかなかいない」は、おばあちゃんが、脱走犯の3人に拉致されてしまう物語です。家族と一緒に車で旅行中に道に迷ってしまい、そこで、つい最近新聞で読んだ脱獄犯たちに遭遇し、拘束されてしまいます。脱獄犯たちは、、家族を一人、一人森に連れ込み、殺害してきます。ところが、このおばあちゃん、貴方達は悪い人なんかじゃないと最後まで言い続けたのですが、胸に三発の銃弾を受けて死にます。なんとも、奇妙な感覚の小説です。

この小説が思わぬ所で注目されました。映画「スリービルボード」で、警察所長が読んでいるのが「善人はなかなかいない」なのです。未来への展望が殆ど無いような、南部の小さな町に渦まく鬱屈した感情と暴力を描いた映画の、重要なキャラである警察所長の愛読書がフラナリー・オコナーだったのです。それでずっと、絶版だったこの短篇集が、文庫版で再発されたのも、映画との関係があったのでしょうね。

「田舎の善人」は、南部の田舎暮らしの日々を描きながら、後半、おぞましい暴力描写が登場します。聖書を売り歩く善人風の青年が、義足を付けた女性ハルガを誘惑してもて遊び、あげくに、その義足を取り上げ、自分のカバンに放り込みます。

「いろんなめずらしいものを集めているんだ。このやりかたで、女の義眼を手に入れたことがある。」とうそぶいて消えていきます。

登場人物たちの心情にじっくり迫りながら、後半、グロテスクな暴力で引っくり返してしまうオコナーの世界。唐突に読者を予測不可能な展開に持ち込み、困惑させてしまうという点では、「スリービルボード」の世界と似通っています。

★レティシア書房「夏の一箱古本市」は、8月8日(水)〜19日(日)開催

ただ今ギャラリーで開催中「災害で消えた小さな命」(複製画)展の主宰者うささんが、代表をつとめる劇団Sol.星の花による「Voice in the Wind その声がきこえますか」が、京都府民ホールアルティ(上京区烏丸一条下る)で上演中。お問い合わせは劇団Sol.星の花京都公演実行委員会まで。7月10日(火)〜12日(木)

 

純粋京都人の鷲田清一と、半京都人の永江朗の二人による「てつがくこじんじゅぎょう(哲学個人授業)」(basillico/古書650円・絶版)は、ワハハ、と笑いながら読める「てつがく」入門書です。こんなに楽しい哲学入門書は、内田樹「寝ながら学べる構造主義」以来です。

カント、マルクス、サルトル、デカルトまで、ズラリ哲学界の大御所が20数名並びます。彼らの、何故かグッと来る<殺し文句>的文章を取り上げて、臨床哲学者とフリーライターの二人が、意見をぶつけます。鷲田のちょうど良い加減の京都弁が、お堅い話をホンワカさせてくます。

各章の初めに、取り上げた哲学者の言葉が登場します。例えば、オーストリアの哲学者、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインなら「私の命題は、私を理解する人がそれを通り、それの上に立ち、それをのり超えていく時に、最後にそれが無意識であると認識することによって……..」と、素人にはさっぱりわからん文章で始まり、「話をするのが不可能なことについては、人は沈黙せねばならない」という彼の殺し文句を巡って、二人がその解釈を展開するのですが、鷲田の結論はこうです

「この本(注:論理哲学論考)は、事実は語れるといっているかのように見えて、実は自縛していて、自分は語れないというこになる。これって、コム・デ・ギャルソンと同じでしょ。今日も永江さんはギャルソンを着てはるけど」

そう、振られて永江は「え、コム・デ・ギャルソンが『論理哲学論考』ですか」と問い直すと。鷲田はすかさず、こう答えます。

「これ以上やったら、服という概念を超えてしまう。服でなくなってしまう」と。めんどくさいことをとことん追い詰めた、ウィトゲンシュタインの仕事をこんな風に伝えてくれます。

スペインの哲学者オルテガ・イ・ガセットの所で、鷲田は「哲学者って、一見、倒錯的なところがあって、わからないことが出てくると喜ぶんですよ。」と言います。すると永江は「疑問好きの変態ですか」とまるで上方漫才みたいな掛け合いになりながらも、深淵な世界へと読者を誘いこみます。

哲学は、自分を疑い自分を試し続けることであると、オルテガの哲学を、鷲田はこう表現します。

「自分が知っていると思っていることが、じつはいちばん妖しげなもので、『本当のことは何も知らない』と知っている、ということが知っていることだ」

こんな感じで、頭の柔らかい二人の哲学論議がどんどん続いていきます。ものの見方、考え方へのカンフル剤として、ぜひお読み下さい。

 

★レティシア書房「夏の一箱古本市」は、8月8日(水)〜19日(日)

店内にて開催(月曜定休日)

野性の激しさと美しさを撮り続ける写真家、石川直樹のエッセイ集「極北へ」(毎日新聞社/古書1300円)を読みました。

17歳の頃、カヌーイストの野田知佑と知り合った石川は、彼の影響でカヌーを始めます。野田の著書には、何度かアラスカの原野のことが登場しますが、石川は大学一年の時、カナダとアラスカに跨がるユーコン川へと向います。その頃、石川は、もう一人強く影響を受けた人物、星野道夫を知りました。星野はもう亡くなっていたのですが、彼の著書を読み、「今まで漠然としか描かれていなかった自分の進むべき道が、先住民文化や人類の旅路をヒントに動きはじめていく。」と語っています。

「ぼくは高校生の頃に出会った野田さんや星野さんの著作によって極北へと導かれていった。それから、十年。毎年のように極北の大地に通い続けている。その原点は、ユーコン川下りであり、このデナリ登山である。あのとき内から沸き上がってきた生きる喜びを、今でも忘れることはない。終わりのない長い旅は、このときからはじまったのだ」

石川の長い旅を、この本を読むことで知ることができます。

「アラスカにいると、人は寡黙になり、冷静になる。自分がたった一人の人間であるということを多かれ少なかれ意識するからだと思う。」そう、彼に言わせる極北の大地アラスカ。そこで、彼は魅力的な人達に出会います。星野道夫の友人ボブ・サムに偶然出会って、星野の本を手渡すという体験もします。さらに、星野が居候していた小さなエスキモーの村シシュマレフの元村長クリフォードに巡り会うという幸福が訪れます。

アラスカに続いて、2004年彼はグリーンランドへと向かいます。グリーンランドは総面積218万平方メートルの世界最大の島でありながら、人口56000人という世界最低の人口密度という特殊な環境の国です。グリーンランドの厳しい自然と、そこに生きる人びとの暮らしが克明に描き出されています。殆どの日本人にとってはグリーンランドは全く知られていない国です。だから、この石川の記録は貴重です。この地に暮す、猟師は、移動手段にスノーモービルは使わず、犬ぞりです。それは、狩りにでたフィールドで、機械が壊れたら、生きて帰れないからです。

「極地で生き抜くための知恵には、それが受け継がれてきた明確な理由がある。グリーンランドの犬ゾリは郷愁に彩られた過去の残滓ではなく、現在にいたるまで優れて同時代的な移動手段なのだ。ぼくのカメラは凍って動かなくなることが何度もあったが、犬たちは白い息を吐きながらいつまでも走り続けてくれた。」

著者と共に、この国を旅して下さい。

写真家には、文章が上手い人が多いと思います。巧みな、あるいは凝った文章、というよりむしろ平易過ぎる文章です。でも、的確にその場の状況を把握しているのは、常にファインダーを見続けているからかもしれません。

今週は映画館で、二本の映画を観ました。一本目が、昨日このブログに書いた「万引き家族」、そして今日ご紹介するのは「焼肉ドラゴン」です。どちらも、家族の姿を通して時代を描いた素晴らしい映画でした。

「焼肉ドラゴン」の舞台は、昭和40年代の大阪。伊丹飛行場の傍に在日朝鮮の人々が住んでいます。そこにある焼肉店「焼肉ドラゴン」の家族が主役です。高度経済成長に浮かれている時代の片隅へと映画は誘います。

この店は亭主・龍吉と妻・英順がやりくりしています。二人には静花、梨花、美花の三姉妹と一人息子・時生がいます。場末の焼肉店には、騒がしい客が出入りしていて、次女の梨花が、飲んべえの哲男と婚約するところから物語は始まります。

TV「寺内貫太郎一家」なみに、騒がしく、喧嘩も、笑いも絶えない店ですが、戦争に無理矢理徴兵され、故郷を追われ、その上に左腕をなくした龍吉、小さい時にある事件で足に傷を負った静花、学校で虐められている時生、梨花と静花の葛藤、美花の恋愛などそれぞれに抱えている問題が明らかになって来ます。さらに、この地域は不法占拠だと国から立ち退きが迫られます。在日朝鮮人の置かれた辛い現実がしっかり描かれています。

そんな中でも、龍吉は“たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる”と、いつもの口癖で空を見上げます。本音をとことんぶつけ合う家族。我が儘で、情けなくて、哀しくて、優しい、マァうるさい毎日です。でも、みんな一生懸命です。飛び交う言葉のひとつ、ひとつに生きる力が漲っています。

昭和45年。大阪万博が開かれました。夢と希望の未来を祝福するかのように開催された万博。月の石みたさに何時間もアメリカ館に並んだことを思い出しますが、この家族達も出掛けていきます。しかし、その一方で、一家離散の始まりの時でもありました。彼らは悩みながら自分に正直に、それぞれの道を探し出して別れていきます。もう、永遠に会えないかもわからない。でも、龍吉はいつもの口癖を言いながら、妻を大八車に乗せて、長年親しんできたこの地を去ってゆきます。龍吉を演じたキム・サンホ、妻を演じたイ・ジュウンの大きさ、優しさを見ているだけで、この映画は価値があります。もう、人生、どんとこいですよ。

作家の小川洋子は「互いの痛みを互いの痛みで癒し合うしかない家族。彼らがいとおしい。ひたすらに生きている、というただそれだけの理由で。」とこの映画について書いています。「ひたすら生きている」という言葉が胸にせまる傑作です。

関西人でもないのに、大阪弁で罵り合っていた大泉洋、真木よう子、井上真央、桜庭ななみ等、役者が揃い、泣きながらとても楽しませてもらいました。

★レティシア書房「夏の一箱古本市」は、8月8日(水)〜19日(日)

店内にて開催(月曜定休日)

Tagged with:
 

TVの情報番組で、有料のお台場花火大会の事を報道していました。なななんと、数万円の席もあり、ディナーを楽しみながら花火を見るというイベントです。ほぼ満席のように見えた会場には、それなりにリッチな若者や家族が一杯でした。日本の今の富裕層の一端がこれだとすると、是枝監督最新作「万引き家族」の主人公たちは、その真逆の貧困層の人達です。格差社会を象徴する物語です。

高層マンションに囲まれたような狭い土地に住む一家。祖母の年金と細々とアルバイトしながら生活する長女とその夫、性風俗店で働く次女、そして長女の子ども。長女の夫とその息子は、見事なコンビネーションで万引きを日々やっています。映画はそのシーンから始まります。「仕事」の帰り道、二人はDVを受けてアパートの廊下に放っておかれている女の子を、家に連れて帰ってきます。

清潔とは言いがたい、散らかし放題の狭い家に、さらに一人増えたことで、最初は不協和音が生じるのですが、やがて家族の一員として受け入れられます。身代金とか要求してないから、これは誘拐ではないという理屈で、表面上は、それなりに楽しい一家の生活はつづいていくのですが、この家族には、全員に秘密がありました。夏の海辺の一日、端から見ていると平和な一家団欒にしか見えない。ところが、祖母が急死したことから、影が覆い被さってきます。皆を支えて来た祖母にもあった秘密。それぞれに抱えて来た秘密が、家族を壊していきます。私たちが思い描く家族という概念が根底から崩れていきます。

居心地のいい映画ではありません。しかし、圧倒的なリアリティーで迫ってくる役者と、細部までリアリズムを追求した監督の演出、そして、ゴミ屋敷一歩手前の彼らの住まいを、見事に作り上げた美術スタッフの実力が、家族の有り様を問いかけてきます。

詩人の谷川俊太郎は映画のHPでこう表現しています。

「ヒトは身を寄せ合う、世間から外れても、法に触れても、いのちの自然に逆らわず、GDPなどどこ吹く風で。」

世間一般の家族という言葉から遠く離れていても、だからどうなんだと、太々しささえ漂ってきます。もちろん、彼らが幸せになるような結末ではありません。簡単には答えが出せない、と言っていると思いました。突っ放したような、それでいて愛しさの余韻の残るエンディングです。

カンヌ映画祭で大賞を受賞しただけの力のある映画です。

 

★レティシア書房「夏の一箱古本市」は、8月8日(水)〜19日(日)店内にて開催(月曜定休日)

Tagged with:
 

昨年7月の『震災で消えた小さな命展』に続いて「災害で消えた小さな命展」を開催いたします。絵本作家・劇作家の、うささんの呼びかけで、画家・イラストレーターが無償で描いた動物たちの絵(複製画)の展示です。

2011年東日本大震災では多くの人々が亡くなりました。ボランティアで現地に入ったうささんは、そこで、想像を絶するくらい多くの動物達が命を落としたことを知ります。そして飼い主さんから話を聞き取って、多くの画家たちが協力し、依頼を受けた動物達の絵を描きました。これらの絵は各地を巡回して最終的に飼主さんの手元に渡されるのですが、複製画を作り、今も全国各地で展覧会を実施して、声なき命をどうしたら救えるのかを訴えています。

2016年には熊本でも大きな地震が起きました。今回は熊本の地震で被災したペットの絵も何点か飾られています。東北の地震から何年経っても、飼っている動物と同行出来る避難場所が確保されることは少ないのが現状です。飼主の中には、動物の命を救えなかったことで、今も心に大きな傷を負っている人達がいます。ペットと一緒に避難出来ないから、避難所には行かずに彼らの傍で暮らし続けた飼主もいます。家族の一員である動物の命を救うことは、人を救うことにもなるということを、ぜひ知って頂きたいと思います。

「3匹は親子でいつも一緒に留守番してました。震災時車で助けたのですが、津波で、3匹亡くなりました。ハーブとテールは車の中で見つけましたが、ココは見つかりませんでした。亡くなった時3匹バラバラになってしまったので一緒に描いてもらえるとありがたいです。」(石巻市ハーブ・テール・ココちゃん ・写真右)という、飼主さんの依頼の手紙が添えられている絵もあります。一人一人、一匹一匹、のエピソードがそれぞれ書かれていますので、ゆっくりご覧いただければと思います。

東日本大震災で、流されて亡くなったおかあさんと犬の絵本「ぼくは海になった」(1400円/作・絵 うさ)を、期間中販売しておりますので、手に取ってみてください。ポストカード(150円)・クリアファイル(300円)なども販売しています。この展覧会は、すべて各地のボランティアで進められていますので、売上げは「命展」の運営資金に使われるということです。つい先月には、大阪で大きな地震がありました。犬猫を飼っている身としては、災害時の避難をどうするかは他人事ではありません。この展覧会が、人と動物の命を考えるきっかけになれば幸いです。(女房)

 

★「災害で消えた小さな命展(複製画展)」は、 7月4日(水)〜15日(日)12時〜20時(最終日は18時まで)月曜 定休日

 

7月10日(火)〜12日(木)、京都府民ホールアルティ(上京区烏丸とおり一条下がる)にて

うささんが代表をつとめる劇団Sol.星の花による「Voice in the Wind その声がきこえますか」が上演されます。お問い合わせは劇団Sol.星の花京都公演実行委員会まで。

 

 

山形県、置賜(おきたま)地方で、、開催されたブックフェス「Book!Book!Okitama」。そのイベント関係者のお薦めの一冊や、ゲスト参加した高橋みどり、甲斐みのり、永江朗等のエッセイを収録したミニプレス「ndanda!(んだ・んだ)2」(750円)を入荷しました。

「Book!Book!Okitama」で開催された一箱古本市に、出店した方々が選ぶ「わのおすすめ、この一冊」が、面白いです。岡崎武「古本道入門」みたいな、いかにも古本好きならではのセレクトもありますが、ウンベルト・エーコ&ジャン=クロード・カリエール「もうすぐ絶滅するという紙の書物について」という、本屋がドキリとする本も登場します。この本を推薦された装丁家は、日本語装幀が素晴らしいと書かれていますが、私も手に取った時にそれは感じました。

さすがだと思ったのが、南陀楼綾繁さんがお薦めの「山熊田」という写真集。山熊田は、新潟県村上市の地区名で、マタギの村。写真集は、ここで暮す人達を撮っています。以前に写真集を手に取った時、その迫力に驚かされました。東日本大震災時の地元新聞社の人々の悪戦苦闘を伝える「河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙」が登場するのは、東北ならではです。

後半、置賜に住む人達のこの一冊というコーナーがあって、景山民夫「遠い国からきたCOO」を推薦されている方がいました。自然破壊の問題、人と動物のコミュニケーションなどのテーマに挑んだ海洋冒険ファンタジーで、感動しました。小説の面白さをよくわかっていた作家だったと思います。

今年も、9月22日から10月7日の16日間にわたって、このイベントが開催されます。なんだかとても、楽しそうなブックイベントです。

 

★連休のお知らせ 7月2日(月)、3日(火)

★夏の一箱古本市8月8日(水)〜19日(日)まで店内にて開催

阿久津隆著「読書の日記」(NUMABOOKS2700円)は、5cm以上の厚さで、全1100ページにも及ぶ圧巻の読書日記です。著者の阿久津隆さんは、1985年、栃木生まれ。2014年東京に「fuzukue」をオープンさせました。このお店は、ゆっくりと本が読めて、コーヒーも食事もお酒もOKの店です。レティシア書房ご近所にある「月と六ペンス」的なお店です。

 

 

「あまりに暇で悲しくなっていった。どうやって生きてゆくのだろう。いや大丈夫だへらへらとニコニコと生きていくだけだなんの心配もいらない。たいしたことではない。」

等といった、閑散としたお店の状態がチラリ、ホラリと入ってきます。かと思えば、「野球。戦力外通告の記事が出始めた。」などというプロ野球の話がヒョイと登場する。著者はどうやら日本ハムのファンみたいです。

この分厚い本、実は全部読んでいません。けれども、拾い読みしているだけで結構面白い。のっけに、フォークナーの「八月の光」が登場します。禁酒法時代の南部アメリカを舞台にした重厚な物語かぁ〜、ちょっと私にはしんどいな、と思って早速飛ばしてみたり。

私にも納得の一冊も登場します。木村俊介著「善き書店員」(ミシマ社1944円)です。著者が、何人かの書店員の話をじっくり聞いた本ですが、その中で、広島のある書店員が、品揃えも大事だけれも、接客がさらに大事という話をされています。ちょっとした親切、微笑みで、少しの間でも救われる人がいるという話だったと思います。私も、阿久津さんの言葉通り「とてもふしぶしにぐっときて、最後ではっとした。」記憶があります。

本のこと、店のこと、日々の暮らしのことが、ぎっしりと詰まっている日記です。書評集というよりは、一人の本好きな青年が、何に刺激され、何を思ったのかが克明に記録されています。阿久津さんは映画も好きで、ジム・ジャームッシュ監督作品「パターソン」を取り上げて、「見ている間、とても幸福だった」と書いています。その気持ち、よく解るなぁ〜。

武田百合子「富士日記」を読んでいた時のこと。「食事の記述をさかのぼっていろいろ見ていたら、書いてあったかどうかは忘れたが納豆を食べたくなった、というか翌朝に納豆を食べることがたても楽しみな予定になった。」と書かれています。

 小さな幸福感が、とてもよく伝わってきます。

 

★連休のお知らせ 7月2日(月)、3日(火)

★夏の一箱古本市8月8日(水)〜19日(日)まで店内にて開催