北海道帯広発の「スロウ」(905円)、四国香川発の「IKUNAS 」(756円)、九州長崎発の「らく」1080円)の三誌の新刊が揃いました。

「スロウ 第52号」の特集は「牧草うまれのチーズ」。北海道の各地で、工夫をこらし、様々な挑戦を重ねて個性的なチーズを生産している酪農家が紹介されています。その中で印象的だったのが、「チーズ工房 小栗」の小栗美笑子さんの言葉でした。大半の牧場が効率経営を目指し、配合飼料中心の屋内飼育がメインですが、草食動物の牛を放牧しない事に疑問を持った彼女は、放牧飼育に踏み出します。生産量こそ減ったものの、美味しいチーズを送り出すことができました。

「介護酪農っていう言葉、聞いたことある?舎飼いの場合、朝昼晩食べ物を与えて。排せつ物の片づけもして……。でも、放牧にしたら、牛たちが自分でできることは自分でやってくれるから。労働的にも楽になりました」勇気を出して原点に帰った人の金言だと思います。

「IKUNAS」最新号の特集は「四国で暮らす」です。他府県から四国にやってきて、この地域に魅力を感じて、生活の場を構えて、それぞれの生き方をしている人達が登場します。こういう企画では、トップには無農薬農家や、陶芸家とかが登場する場合が多いのですが、今回は違いました。松山から車で1時間少しかかる、田園風景広がる場所で、オーダーメイドウェディングドレスブランドを展開している女性です。不便さも、ものづくりの糧にできるのですね。

ところで、産業廃棄物で話題になった豊島って、こんなに魅力的な島になっていたんですね。直島と共に瀬戸内芸術際の人気スポットになりましたが、オフシーズンだからこその愉しみ方もあるようです。周囲20キロ程に小さな島をサイクリングして、面白い場所を巡ったり、ドイツから豊島に移ってきた映像&音楽ユニット「ウサギニンゲン」のパフォーマンスを楽しんだりと、とっておきの時間がみつかりそうです。

地元長崎の情報を発信する「らく」最新号(37号)は、10月7日から9日まで行われる勇壮なお祭り「長崎くんち」の特集です。先ず、山頭範之の写真を楽しんでください。写真集と言っても過言ではないぐらいのボリュームです。京都の街中に住んでいると、祇園祭や葵祭のような雅びなものがメインなので、この力強い祭りは新鮮です。満身の力で鉾を引く男たちの姿、ぐいと前方を睨みつける男衆の勇ましい姿などを、写真家はリアルに、美しく捉えています。

ほぼ一冊丸ごと、長崎くんちの特集ですが、市内にできた「ブック船長」という雑貨&書店が紹介されています。長崎にこだわった本、地図、ポストカードを取り揃えた小さな書店です。本やカードを選ぶだけでなく、プロの編集者が本作りの相談にのってくれるコーナーまで完備しています。こちらも見逃せません。

 

 

★吉田篤弘の新刊「京都で考えた」(1620円)が発売されます。

全国発売は10月20日ですが、京都地区先行販売が決まりました。また、ご予約された方には先着でサイン本をお渡しします。先行発売は10月12日(木)です。


 

 

 

 

愛媛県松山市にある伊丹十三記念館が、文庫サイズのガイドブックを出していました。題して「伊丹十三記念館ガイドブック」(1000円)。多方面で才能を発揮した伊丹の痕跡を、商業デザイナー、俳優、エッセイスト、イラストレーター、精神分析啓蒙家、CM作家、映画監督と、活躍したフィールド別に、さらに料理通、乗物マニア、猫好きという趣味の世界からも紹介していきます。

60年代、映画出演のため滞在していた、ヨーロッパでの日々を綴ったエッセイが、山口瞳編集の雑誌「洋酒天国」に「ヨーロッパ退屈日記」として掲載されました。今なら、「ですよね」とか「なのだ」といった、話しかけてくるような言葉の使い方はフツーですが、当時は極めて珍しいものでした。こういう文体を開拓していったのが、伊丹でした。

ここでは取り上げられていませんが、翻訳家としての伊丹もわすれてはいけません。W・サローヤンの「パパ・ユア・クレージー」は、今もよく読まれていますし、マイク・マクレディ「主夫と生活」(KTC出版)といったエッセイも翻訳しています。これは、仕事を辞めて主夫になった著者が、育児や家事に奮闘した1年間を記録した実録ものです。伊丹の翻訳しそうな一冊です。

このガイドブックで貴重なのは、CM作家として活躍していた時代の作品が取り上げられていることです。CMの画像と解説が一緒になっていて、彼の才気ぶりが伺えます。担当していた「マヨネーズ」CMで「スーパーにおける味の素マヨネーズの正しい買い方」の絵コンテとナレーションが収録されていて、これを見ていると、後年、細部まで拘り続けた映像作家としての伊丹を彷彿とさせます。

愛猫家としての伊丹も取り上げていますが、伊丹自身による猫のイラストが何点か描かれています。絵が上手いのは有名ですが、それにしても上手い!猫好きはぜひ見て下さい。

さすがに記念館が制作しただけあって、父伊丹万作と共に移っている赤ん坊の時の写真とか、小学校時代に作った日記、細かく描いた植物のスケッチ、デザイナー時代の車内吊りポスターの図録まで多方面に渡って集められています。この本片手に記念館に出向きたいものです。

★吉田篤弘の新刊「京都で考えた」(1620円)が発売されます。

全国発売は10月20日ですが、京都地区先行販売が決まりました。また、ご予約された方には先着でサイン本をお渡しします。先行発売は10月12日(木)です。

 

寡作で地味な小説家、結城信一の「空の細道」(河出書房新社/初版/帯/函1400円)は、一人暮らしの老人と、近くに住む若い女性の交流を描いた作品を中心とした短篇集です。

人生の先輩の老人が、やさしく若い女性を見守る話かと思いきや、もうメソメソ、イジイジ老人の独白と妄想につきあうことになります。若い方にはお薦めしませんが、何故かのめり込んでしまう不思議な小説です。

本のタイトルになっている「空の細道」は、これほどまでに静謐で透明な文章で、一人の老人の心の孤独を哀切なタッチで描ききった作品です。

「空の細道」はこんな文章で始まります。

「夏の強い日差しが、やや前こごみの背中に、突刺さる。頭の芯をめぐって、真赤な渦が盛り上がるやうで、ふらつくほどの眩暈がしてくる。………..山形老人は庭の片隅で、もう三十分あまりもうずくまっていた。」

妻を亡くし、娘にも先立たれた老人の日々が、わずか30ページ程で描かれています。病室に担ぎ込まれた老人は、病室の窓から、小鳥たちの通い路になっている細い道路を発見します。その路を見つめる老人の哀惜の表情で、小説は幕を降ろします。

短篇集の後半は、「薄い光が見えてくる夜明けに、戸村老人は起きて、もう居間の椅子にいる。そして、自分ひとりの、朝の珈琲を飲む。次第に明るんでくるのにあはせて、庭先に訪れる二、三の小鳥の短い声が、張りつめたひびきにきこえてくる」という日常をすごす老人と、かおりという若い女性の交流を描いた連作集です。老人の死への思い、若い生命力への憧憬、そして幻想などが交差しながら物語は進みます。かおりとの間には、性的な、あるいは男女間の愛情が存在はしていないのですが、ふと隙間から、それらしきものが顔を出してきます。それは老人の一方的な妄想ではなく、かおりも近づいてきます。それを老いの醜さだとか、死の恐怖から逃れるための手段だとか、そんな言葉で単純に決めつけられないのは、作家が原稿用紙の前で削いで、削いで作り上げた静かな文章の力によるものです。

40代の方、興味があれがどうぞ、50代の方、老いの準備のために、そして60代の方、必読です。

 

★吉田篤弘の新刊「京都で考えた」(1620円)が発売されます。

全国発売は10月20日ですが、京都地区先行販売が決まりました。また、ご予約された方には先着でサイン本をお渡しします。先行発売は10月12日(木)です。

 

 

漫画界の巨人手塚治虫と言えば、「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」等々、子供たちのために明るく輝かしい未来を描きだした作家としての印象が強いです。しかしコミック好きにはよく知られているように、彼には、人間の暗部の底の底まで描ききった、いわば「黒手塚」の作品が存在します。その中でも、ここまで人間を追い詰めるのかと唸ったのが、傑作「ムウ/MW」(全2巻1000円)です。

とある小さな島で、不良グループの人質になった歌舞伎役者の息子、結城美知夫。大金をせしめようとした矢先、その島に隠されていた某国の毒ガスが漏れてしまい、美知夫とグループの一人を覗いて島の住民もすべて死んでしまいます。その後、グループの一員だった賀来は、自分の罪を改め神父の道を歩みます。一方、美知夫はエリート銀行マンとして、着々と出世街道を登っていきます。

実は二人は同性愛の関係にあり、賀来はその事に苦しめられます。しかし、美知夫に出会うと体を許してしまいます。手塚はこの二人の抱き合う所も描写していきます。その美知夫も恐ろしい野望があり、そのためならば殺人、レイプも平気で行っていきます。阻止しようとする賀来も、美知夫に逆らいきれず、地獄の底まで付き合わざるを得なくなっていきます

この本が発表されたのが1989年。同性愛への理解もまだまだなかった時代に、手塚はこの二人の性と生を中心にスケールの大きな物語を作り出しました。あえて、人間の底なしの地獄へと踏み込んだのです。物語の後半は、島に貯蔵されていた毒ガスをめぐる、松本清張ばりの社会派サスペンスへとなだれ込むのですが、物語の大きさ、起伏の巧みさなど、やはり手塚ならではの描写です。

そして、ぞっとするラストが待ち受けています。おそらく従来の手塚作品にはない、人間への不信に満ちた幕切れです。美知夫と愛犬の獣姦っぽいシーンまで入れたこの作品は、目を背けたくなる場面もあるのですが、それでもどんどん読みたくなるのは、作家の力量ですね。

“黒”い作品の代表格「奇子AYAKO」(全2巻1000円)も入荷しています。ぜひもう一つの手塚作品をお楽しみ下さい。

 

 

 

★吉田篤弘の新刊「京都で考えた」(1620円)が発売されます。

全国発売は10月20日ですが、京都地区先行販売が決まりました。また、ご予約された方には先着でサイン本をお渡しします。先行発売は10月12日(木)です。

 

 

Tagged with:
 

レベッカ・ボンド作「森のおくから」(ゴブリン書房1200円)は、サブタイトルに「むかし、カナダであった ほんとうのはなし」と付いています。著者の祖父、アントニオ・ウィリー・ジローが100年ほど前に経験したことを絵本にしています。

1914年のこと。アントニオは深い森に囲まれたゴーガンダという小さな町に住んでいました。両親は、林業に従事する人、鉱石を取る人などの、長期間森で働く人々のためにホテルを経営していました。幼いアントニオは、大人たちの話を聴くのが大好きでした。そして時には、一人で森に入っては遊んでいました。彼が5才の時、山火事が起こります。火の勢いは激しく、住民もホテルの客もみんなゴーガンダ湖へと逃げ出し、鎮火するのを待っていました。すると、そこへ森の奥から、熊や鹿など多くの動物も湖へ逃げてきて、人々と一緒に山火事を見つめるという出来事が起きます。やがて、火は弱まり、動物達も人間達もやれやれという表情で、なんのトラブルも起こさずに、それぞれの住処へと戻っていきました。

 

ペンと水彩で細かく描き込まれた森や、動物たちの表情、ホテルの様子など奥行きのある絵が美しい。そして、俯瞰で捉えた湖に動物と人々が一緒にいる画面が、次のページでは、さらに近寄り、アントニオの周りにカモシカや狐が集まってきます。動物達も同じ森に住む生きるものとして、住人と静かに佇んでいるなんともステキな画面です。

さて、もう一冊絵本を紹介します。優れた児童文学者でありながら、幻想味たっぷりの怪奇小説で日本でも人気の高いウォルター・デ・ラ・メアが詩をつけて、カロリーナ・ラベイが絵を描いた「おぼろ月のおさんぽ」(岩崎書店1200円)です。

夜空のお月様が、地上に降りてきて、身体は猫になって散歩するというメルヘンです。静寂が支配する森の中を、月光で周りを照らしながら歩いてゆくお月さまの姿が可愛らしく描かれています。

デ・ラ・メアと言えば、橋本治の翻訳した「まぼろしの顔」が傑作ですが、創元推理文庫の収められた「死者の誘い」もいいです。前者は美本なら高額で取引されています。後者は絶版ですがそう高くはありません。(近日入荷します!)

 

 

 

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真右・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

 

 

 

確か、50年代のアメリカ映画「スペンサーの山」だったと記憶しているのですが、街を出て都会に向かう青年に、老人が”Today is just another  day……..Have a nice trip” という台詞が、心に残るエンディングでした。

“Today is just another  day” 一見単調に見える毎日。けれども、少しづつ違っている。今日は今日、明日は明日。いい旅を続けてくださいと言われて青年はバスに乗ります。ジム・ジャームッシュの新作「パターソン」を見ていて、この台詞が甦りました。毎日の新しさ忘れずに、いい人生をとでも言いたげな老人の台詞が、響いてきました。

主人公の住むいかにもアメリカの小さな町の名前は、パターソンで、彼の名前もまた同じパターソン。市バスの運転手です。

毎日同じ時間に起きて、簡単な朝食を済ませ、歩いて会社に出向き、バスを運転して、同じ場所でランチボックスを開いて昼食、午後の仕事をこなして帰宅。夜は妻の作った料理を一緒に楽しみ、愛犬と散歩に行き、途中で馴染みのバーでビールを一杯。そんな生活が毎日、規則正しく続きます。映画は月曜日から次の月曜日までを丹念に淡々と描いていきます。

規則正しい毎日とはいうものの、ほんのちょっとした違いが日々起こります。バスが故障することもあるし、バーでの諍いにも巻き込まれる。ここまで書いて来ると、退屈な映画だと思われるかもしれませんが、ちょっと違うのが、この運転手の趣味です。詩作です。運転の前、ランチの後、または自宅で、ノートに思いついた詩を書き綴ります。まるで、微妙に変化する日々を慈しむように、ひたすら書き続けます。

世界の少しの変化を言葉に翻訳するのが、詩人の役割だとすれば、日々、始発のバスに射し込む朝日の輝きや、空の色、散歩の時の夜風の肌触りや、町の雑踏を歩む人々の姿をパターソンは見つめ、拾っていきます。私たちは、彼と一緒にお付き合いするようにパターソンという町をみつめます。そんなに大きな出来事ではなくても、生きていれば様々な事が起こります。まぁ、こんなもんかなぁ〜。上を目指さない、望まない、飄々と毎日を生きるパターソンの姿を、平凡で退屈だとは思わず、しみじみ幸せそうだな、と感じるのです。

「ストレンジャー・ザン・パラダイス」でセンセーショナルなデビューをした時、あの映画のポスターはクールだっだけれど、監督としての力量は、まだ信用していませんでした。が、小津安二郎ばりの映画リズムで展開する「パターソン」の演出には脱帽しました。

カンヌ映画祭で、パルムドッグ賞を受賞した犬の”マービン”の演技もお見逃し無く。

 

 

 

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真左・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

ご近所の出版社ミシマ社より、吉田篤弘の新刊「京都で考えた」(1620円)が発売されます。

全国発売は10月20日ですが、京都地区先行販売が決まりました。また、ご予約された方には先着でサイン本をお渡しします。先行発売は10月12日(木)です。

吉田は、クラフト・エヴィング商會で出版した数々の書籍を含めて当店でも人気の作家です。クラフト時代の作品では、猫、犬というテーマで文学アンソロジーを作った「犬」、「猫」(中央公論新社各900円/絶版)が、個人的にはベストだと思います。装幀のセンスの良さ、それぞれに登場する犬、猫のキャラの可愛らしさもさることながら、例えば猫編で取り上げられている寺田寅彦の「猫 子猫(大正10年発表」は寺田のエッセイストとして質の高さが伝わってきます。また、犬編で取り上げられている徳川夢声のユーモア溢れる「トム公の居候」など、選ばれた作品がどれも楽しい。

吉田のソロワークは、小説、エッセイと沢山あります。ややシュールな展開をする小説には好き嫌いもあると思いますが、「それからはスープのことばかり考えて暮らした」(暮らしの手帳社950円/絶版)などは、特に起伏のあるストーリー展開ではないのに、何故か心に残る小説です。

仕事を辞めた青年が、新しい町に来て、白い十字架が見える家を見つけ、「朝、起きると、まずカーテンをあけ、窓の向こうの白い十字架を眺めて煙草を一本吸う。この十字架も雲と光の加減で、日々、表情が変わってゆく。」という日々を見つめた小説で、初期の村上春樹っぽいニュアンスもありますが、登場するサンドイッチや、ポタージュといった小道具の使い方が絶妙です。

装幀には拘った本作りをしていますが、最近の作品「ブランケット・ブルームの星形乗車券」(幻冬舎1728円)は凝りに凝っています。本の上半分がイラストになっていて文章は下半分に集約されています。絵本のような、小説のような不思議な世界が展開します。

 

吉田篤弘の新刊「京都で考えた」ご予約お待ちしております。 

 

 

 

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真右・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

 

 

 

 

大きさはハガキ大くらいの小さな絵なのですが(写真上)新鮮なタケノコの、土の薫りが漂う絵にどっしりした額がよく似合っています。

白崎和雄さんの、ネイルカラーで描くミニガラス絵展は、昨年に続き2回目の開催となりました。

学生時代は油絵を専攻されていたのですが、小さなガラス絵の魅力にはまって3年。キラキラとみずみずしい小さな宝石のような作品が並びました。ガラス絵は裏から描いていくので、出来上がった時に一番上にある色を最初に置くのです。しかも、ネイルカラー(マニュキア)は、速乾性なのでスピーディーに描かなければなりません。慣れるまでは難しそうですが、きっとこの速さが魅力なのでしょう。約30年のサラリーマン生活を経て、再び絵に取り組まれ、花、果物、野菜、瓶、置物など、ご自身の身の回りの愛着のあるものたちを、眺めて絵を描く豊かな時間を感じます。

絵を入れた額が、またとても個性的です。インターネットで探して、手に入れた額に触発されて描くことが多いとか。だから、まず気に入った額と出会う事が、ガラス絵の出来映えを左右するというくらい大切なのだそうです。そして、絵と額がピッタリ合ったときの喜びが、次のエネルギーになるのでしょう。

半分に切ったトマト、ガラス絵の透明感と合って美味しそうですね。(写真左上)割れたランプシェードのガラスの形が面白くて描いたという「割れたシェード」も、額のデザインとピッタリです。小さな額絵は場所を選ばないので、部屋や、廊下、洗面所のちょっとしたスペースにも掛けられて、プレゼントにもお薦めです。作品は全て販売しております。(税込み9800円)

絶対的に好きなものをみつけて、好きな絵を作っていく幸せが、観ている者をまた幸せな気持ちにしてもらえるのだと思います。(女房)

ネイルカラーで描いたミニガラス絵展 9月26日(火)〜10月8日(日)まで

 なお、愛知県立芸術大学卒4人による「第6回湫画会展 西野理・曽根孝子・田中孝・白崎和雄 洋画展」がギャラリーヒルゲートで開催中です。(10月1日まで)

 

 

最近TVのCMで気になるのは、やたらと部屋の、或は衣服の匂い消し商品のCMが増えていることです。最低限のエチケットは必要ですが、匂いを徹底的に敵視して、完璧に消そうとする意図があります。そんなに、科学薬品を部屋に充満させて大丈夫かと思いたくなります。「抗菌グッズ」もそう。人間は様々な菌と共生しているのに?と疑問でした。

匂い消しや抗菌機能をさらに、さらに高めるのに日々邁進しているみたいです。それは、一商品に留まらず、すべての生産活動に当てはまります。

山口ミルコは「似合わない服」(ミシマ社1620円)で、こう述べています。

「私たちは速く生産し、速くお金に換えることをしばしば周囲から求められる。誰が私たちを急がせているのだろう?社長や上司といった誰ではないはずだ。もっと大きなもの。目にみえない、大きな何か」と。

著者の山口は、20数年間出版社勤務を続け、様々な本を出版してきました。癌を発病し、苦しい長い闘病生活を経験し、癌の告知と前後して、会社を辞めて文筆活動を始めました。

彼女は癌になった感覚をこんな風に書いています。

「一心不乱に、勝手な編み物がすすめられている。何者かによって。ものすごい速さで。私の意志はそっちのけで。そして異常な細胞が美しい編目で編まれて『どう?とてもステキでしょう』と誇らげにヒトの体にまとわりつく」

この本は、よくある癌闘病記ではありません。病になって、世の中の大きな流れから一歩身を引いた時、見えてきた事をざっくばらんに語った本です。生態系も、人間関係も、ぶっ壊しながら猛進する資本主義というものは、人類全体にとっての似合わない服なんじゃないか?著者は癌という病を得て、「Change」が一番大切だと気づきます。自分が変われば、世界は変わると。

「病むということは、その人にとって何かが間違っているというシグナルなのである」と著者は言います。ならば、病んだ社会というのは、何かが間違っているというシグナルという事です。

アウトドアカルチャー「パタゴニア」創始者、イヴォン・シュイナードは映画「180°SOUTH」(DVD2500円)で「世界中のほとんどの問題は方向転換すれば解決する。欠陥のあるシステムを維持する必要はない」と語っています。

間違っているならば、方向転換すればいいだけの話なんですが……..。

 

絵本作家、酒井駒子の絵と散文が楽しめる「森のノート」(筑摩書房1800円)が入荷しました。元々、筑摩書房が発行している小誌「ちくま」に2014年から2年間連載していた「引き出しの森」に加筆したものです。

「ちくま」は書店店頭で無料配布しているものですが、発行部数が少ないのかあまり見かけることはありませんでした。どうしても欲しかったので版元に連絡して2年間分送ってもらいました。今でも、書架から出しては、少しづつ読んで、眺めています。

淡いタッチで、少年少女の孤独な心の奥まで見せてしまうような彼女の画風は、今更説明する必要はないと思います。作品に付随している短い文章に注目です。

「演習か何かだろうと思う。飛んでくる軍用機をあんなに近くで見るのは初めてだった。カラマツの森とカーキ色の機体とのコントラストが不穏で何度も頭の中で思いだす。機体にはフロント以外、窓が一切無かった。ぬるんとした生き物みたいだった。」

軍用機の不気味さを「ぬるんとした生き物」として、殺戮の恐怖を表現しています。で、この文に描かれている絵は、白いワンピースを着た少女が、小さな鳥と戯れている様を描いた作品です。もしも、この軍用機が爆弾を落として、少女を吹き飛ばしてしまうことを想像すると、ぞっとしてきます。

絵が単に文章の挿絵になっていないところも、この本の面白いところです。例えば、バレーのコスチュームを纏った少女が、仔グマと踊っている作品の後に続く文章は、「道の途中」というタイトルで、郊外の古い建物に入った時の印象と、散歩途中の橋で見つけた小さな子ども用手袋のエッセイ。「小さなミトン。欲しいような気がしたが、通りすぎる。子狐の、細い棒のような手に、はめてみたい」と、クマさんの手を取って踊る少女の切なさがシンクロしているように感じました。上手い本作りですね。

酒井は、多くの本の表紙の絵を描いていますが、岩瀬成子の「マルの背中」(講談社1200円)の表紙絵も素敵です。母親と二人暮らしの少女が、ある日”幸運の猫”を貰いうけます。真白な猫とそれを見つめる少女を描いています。大人が考える以上に、過酷な世界で生きている子どもの世界を象徴的に描き出した作品ですが、個人的にはここに登場する駄菓子屋のおっちゃんを描いて欲しかったです。

 

 

 

 

 

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真右・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします)