アイヌ民族に伝わる「イオマンテ」という儀式をご存知でしょうか。

彼らは冬の終わりに、ヒグマを狩る猟を行います。冬ごもりの間に生まれた小熊がいた時は集落に連れ帰って育てます。やがて、成長して(大体3年間)大きくなったら、集落をあげての盛大な送り儀礼を行い、そのヒグマを屠殺し、解体してその肉を人々にふるまう。この儀式は、ヒグマの姿を借りて人間の世界にやってきたカムイ(神)を一定期間大切にもてなした後、神々の世界に返すものと解釈されています。ヒグマを屠殺して得られた肉や毛皮は、もてなしの礼としてカムイが置いて行ったもので、集落すべての人間に分配されます。。地上で大切にされた熊のカムイは、天に帰った後も再度肉と毛皮を土産に、また戻ってくる。それが村の豊かさになる。

そのイオマンテの物語を寮美千子が描き、それを英語版にして、小林敏也のステキな絵と共に出版されたのが“The Ainu and the Bear”(R.I.C.Publications1600円)です。

“I am a newborn bear”という文章で始まるこの物語は、人と自然は共生している、というアイヌの知恵と思想を教えてくれます。英語は、平易です。しかも、CDが付いていて朗読を聴くことができます。耳と眼からこの美しい物語を味わってください。

さて、この本の中に、「キムンカムイ」という言葉が登場します。

「キムンカムイ」はアイヌ語で「クマ」を意味し、「山の神」ということを表現します。こんなアイヌ語を含めてアイヌを特集した雑誌「TRASIT34号」(800円)が入荷しました。 アイヌ文化の紹介、今を生きるアイヌの末裔たちの姿、ヘイトスピーチまでも含めた彼らを取り巻く諸問題まで取り上げられています。

この雑誌のもう一つの特集は「極北の夜空を見上げよう オーロラの煌めく街へ」です。オーロラの科学的解説に始まり、フィンランド、アラスカ、グリーンランドを訪ね歩いて、その美しさを捉えています。以前このブログで紹介した写真家かくたみほさんの新作「MOIMOIそばにいる」の中でも取り上げられていた、北欧の少数民族サーミやイヌイットが紹介されています。

アラスカと云えば、星野道夫を外すことはできません。写真家石塚元太良が、アラスカの星野の自宅を訪ねた時の思い出が載っています。本棚の写真を見ていると、彼の読書の幅の広さが伝わってきます。ねじめ正一の「高円寺純情商店街」も読んでいたんだ。

 

★レティシア書房臨時休業のお知らせ 4月17日(月)18日(火)連休いたします。