2011年3月11日の震災をめぐる、ある日の記憶を絵本作家達が絵と言葉で振り返った「あの日からの在る日の絵とことば」(創元社1836円)は、ぜひ持っていて欲しい一冊です。あの大震災から、すでに8年。「もうすべてコントールされている」などと発言をした総理大臣は論外としても、私たちの記憶からあの震災のショックは薄れつつあります。

この本を編集したのは、いつも素敵な企画展をされているギャラリー&ブック「nowaki」の筒井大介さんです。彼は、編集者としてこう書いています。

「この本は三十二の絵本作家による、ごくごく個人的なエピソードの集積で出来ている。それは一見あなたには関係ない、もしかしたら些細に思える、あの日にまつわる、在る日の物語。 しかし、読み進めるうちに、いつしか自分を重ねる瞬間がやってくるかも知れない。自分の物語を誰かに聞いて欲しい。近しい誰かの物語を知りたい。他の誰かの抱えているものを、気持ちを、共有する事はきっと出来ない。それでも、みんなあの日から同じ地続きの日々を生きている。何かを乗り越えたりせず、ただただ抱えて生きていく。」

荒井良二、ささめやゆき、スズキコージ、原マスミ、町田尚子、ミロコマチコ、坂本千秋等々、第一線で活躍する作家たちが、あの日の、あの時を語ります。それは個人的な体験かもしれませんし、震災を直裁的に描いたものでもありません。けれども、この本に参加した作家たちは、あの日を抱えて、明らかにそれ以前とは違う今日を生きてきているのです。

私も繰り返し読んだ「希望の牧場」の、作画を担当した吉田尚令は、2013年にこの本を出した時の思いを伝えています。「希望の牧場」は、福島の原発事故で大打撃をこうむった牧場主の絶望と希望を描いた絵本で、高い放射線量の浪江町へ取材に行きました。

「2013年、森さん(注:原作者の森絵都)や僕らは牧場や牛飼いの核にある強さのなかに希望を見たように思う。それを絵本に記録しようと試みた。いずれその強さが消え去り、様変わりするのかもしれない。だけど2013年には確かにあったと信じている。それを絵本のなかに記録しようとしたんだ。こんな強さがあったのだと。」

作家たちの思いに寄り添いながら、それぞれにあの日を忘れずに生きていきたいものです。バカ高い東京オリンピックのチケット買うぐらいなら、この本をバンバン買って、お友達や知人にプレゼントしていただきたいと思います。自戒をこめて、私もこの本を側に置きます。

nowaki」さんでは、3月16日から4月1日まで、この本の原画展も開催されます。ぜひ、見に行ってください。