オーストラリア生まれの(1974年)画家、アニメショーン作家のショーン・タンについては、新作が出るたびに、あるいは展覧会の印象など書いてきました。

今回も素敵な絵本を紹介します。タイトルは「いぬ」(河出書房新社/新刊1980円)。

「この先地球にどんな運命が待ち受けていようと、それがどんなに途方もなく過酷で、この世の終わりのように思えても、僕らの隣にはきっと犬がいて、前に進もうと僕らをいざなってくれるにちがいない。そうでない未来なんて、僕には想像できない。」

と作家は、犬好きが聞いたら涙するようなあとがきを寄せています。

広い道路の向こうにいるひとりの人間と、こちらにいる一匹の犬。どちらも背を向けています。同じ構図の人と犬の絵が続きます。人はそれぞれ国も年齢も違い、手前に描かれた犬は大きさも色も違います。どこか物悲しい情景が何ページにも渡って描かれています。

しかし、終わりも近づいたページでこちらを振り向いた女性に、真っ黒な犬が振り向き視線を送ります。そして、ページをめくると横断歩道の真ん中で抱き合う女性と犬。岸本佐知子訳によるこんな文章が飛び込んできます。

「きみがわたしの手を引っぱり、膝の裏に鼻を押し当てる。そしてわたしに叫ぶ、昔と同じように叫ぶ、世界は僕らのものだ! そしてまたもとどおり、わたしたちは並んで歩いていく。」

その言葉通り、最後はリードをつけてもらった犬と女性が歩み去ってゆくところで物語は終わります。犬と人間の愛情あふれるつながり。生と死。モノローグのような数少ない言葉と、シンプルな構成の画面だけで深い感動を与えてくれる絵本です。

裏表紙には、いろんな人たちが、犬種の違う犬を散歩に連れ出している様がシルエットで描かれていて、「平和」という言葉が最も適した絵だと思います。

なお、この著者には、人間に酷使されるセミが、最後に脱皮して人間世界から解放されて、自由な世界へと旅立つ「セミ」(新刊1980円)という素晴らしく、切ない絵本があります。