インドネシアにある小さな村、ラマレラ村。ガスも水道もない。さらに、火山灰に覆われた山が迫っているこの村では、作物が全く育たない。1500人もの村人の生活を支えているのは、鯨漁。年間10頭の鯨の収穫があれば、村人全員が1年間、暮らしていけるのです。

その鯨漁は、手作りの木製の船に乗り込み、先頭に立ったモリ打ちが、巨大な鯨に向かって、ダイブしてモリを射つという古代からの漁法です。

この村の、鯨との付き合いと暮らしを3年間にわたって撮影して、ドキュメンタリー映画「くじらびと」にしたのが写真家の石川梵です。写真集「 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶」(飛鳥新社/古書1900円)、太古の記憶を求めて地球をめぐるノンフィクション「時の海、人の大地」(魁星出版/古書1100円)、そして映画の原作とも言える「鯨人」(集英社新書/古書600円)など、店には彼の本を置いています。私の尊敬する作家です。

おぉ〜こんな映像初めて観た、と感動したのは空撮で捉えた鯨漁。真っ青な海、その大きさに比べればちっぽけな船が、船よりも数倍大きな鯨に近づいて行く。壮大な自然の中で繰り広げられる死闘。ラマレラ村では。食べる糧を取るということは命を賭けることなのだ、という真実が胸に迫ってきます。

映画の中で、この海域で獲れるマンタ漁の最中に、マンタにかかった網に絡まれて深海に引きずりこまれて命をなくした若い村人の物語が出てきます。悲しみにくれる家族は、それでも新しい船を作り海に出てゆく。鯨とともに生きるしか道がない事実を村人は知っています。鯨はモリを撃ち込まれても、何度も何度も抵抗し、船に体当たりを敢行します。そして、海面はその血で真っ赤になっていきます。

残酷とか、かわいそうとかは全く思いませんでした。それどころか、モリ打ちが海面に飛び込む瞬間には、興奮しました。人間にはどこかに狩猟民の血が残っているのでしょうか?

個人的には捕鯨には反対です。しかし、この村では、鯨漁は命と命のやり取りなのです。

「自分たちは食うために必死に鯨と戦う。鯨も生きるために必死に抵抗する。どちらが勝つかは神様が決めることだ。」

とは、石川梵著「鯨人」に登場するモリ打ちの言葉です。

野蛮でも残忍でもなく、神聖ですらある鯨漁の姿を通して、「鯨人」の中で著者はこう結びます。

「生き物と生き物との間で交わされる命のやりとりの崇高さに、私は痺れるほど心動かされた。その高みの前には、今、話題になっている鯨の保護か捕鯨とかいうような時事的な問題はむしろ些少に思えた。全ての生き物は生きるために他者の命を奪う。それは殺戮ではなく、命の循環であり、尊い生の営みなのだ。」

映画のラストは、穏やかな海に、ソプラノ歌手森麻季の「アベ・マリア」が流れます。まるで、大海を泳ぐ鯨が歌っているようでした。

 

⭐️本の紹介をZOOMにてさせたいただく「フライデーブックナイト」。次回は9月17日(金)です。

⭐️北海道のネイチャーガイド安藤誠さんのトークショーを今年も開催します。

10月24日(日)19時スタート(2000円)要予約

 

 

 

 

Tagged with: