奈良県郡山市にある書店「とほん」へ休みを利用して行ってきました。ちょうど、詩集「静けさを水に、かきまわす」原画展が開催されていたので見ることができました。この詩集は、古井フラさんが詩を書き、パートナーのnaoさんが表紙の絵を書いています。今回は、naoさんの原画が中心です。

京都から約1時間、近鉄郡山駅前の商店街を抜けたところに「とほん」はあります。店主の砂川さんがセレクトした新刊書を中心にして、雑貨の販売もしています。郡山名物の金魚も泳いでいる居心地のいい本屋さん。その一隅がギャラリーになっていて、原画が飾ってありました。淡い色合いの表紙の花の絵が、魅力的です。

古井フラさんの詩画集と当店の付き合いは、一番最初に持ってこられた「FRAGILE」(1620円)から始まりました。詩とクロッキーとマンガを一緒にした「中庭」(330円)、「痙攣」(330円)、散文集「ひからびて頭のないヘビにたとえる」(800円)、そして最新作「素描画誌」(660円)まで取り扱っています。フラさんの素描は孤独、寂寥感が漂ってきます。

ところで、とほんさんで、まず普通は買わない本を勧められました。NHKテキスト「趣味どきっ/こんな一冊に出会いたい 本の道しるべ」です。現在毎週火曜日午前中に、再放送されていますが、テーマは本です。様々なジャンルで活躍する人が、本との思い出、馴染みの本屋の紹介、書斎拝見といった角度から、その人にとって書物がどんな存在かを掘り下げてゆく番組のテキストです。第一回放送は平松洋子で、彼女の読書歴が分かる内容でした。放送を見られなくても、このテキストがあれば大丈夫。中身の濃い番組テキストです。一度、新刊本屋さんを覗いてみてください。

「とほん」から京都に戻り、駅地下のポルタで開催中の古本市に寄り道。面白い本を何点か見つけることができました。

 

 

 

 

 

★発売決定!町田尚子さんのおなじみ猫のチャリティーカレンダーを、10月15日より販売いたします。価格は550円(税込)です。今年のテーマは日本映画です。

ARK(アニマルレフュージ関西)の2021年度カレンダーを入荷しました。

・大きいサイズは1000円(撮影は児玉小枝さん)・卓上サイズは800円(ARKスタッフ撮影)

売り上げは全てARKに寄付します。ぜひ店頭で手に取ってください。

 

 

古本屋巡りの好きな方なら、いつも楽しみにされている「本と本屋とわたしの話」最新15号(250円)が入りました。数十ページの薄い冊子ですが、本好きには応えられない内容です。

神戸六甲にあった「宇仁菅書店」に通いつめた戸田勝久さんが、この店の思い出を書いた「消えた古書店2ー神戸宇仁菅書店」。店内はグレングールドの「バッハのゴールドベルグ」が始終流れて、「店の中は宇宙で、書物が星座を描くように分類の枠を超え、『宇仁菅センス』に依って、『星』が丁寧に配置されていた。客は謎解きをするようにあちこちに散りばめられた星を巡って本を買い、また棚に並んだ本を見ながら宇仁菅さんが仕込んだ連想ゲームに引き込まれて行った。」

これは、本屋のあるべき姿でしょう。個性的な小さな書店は、日々、ああだこうだと考えながら棚を作っているものです。ここではおそらくお得意様だけだと思いますが、美味しい珈琲が楽しめたらしい。しかし2012年、店主が亡くなり閉店されたのだそうです。

「このように濃密に通う古書店と出会う事は無いだろう。私の人生の後半に良い店と出会えて幸せな『書店人生』だと思える六十五歳のこの春だ」と書かれています。

南房総市千倉発の「0470」(無料)の最新50号は、安西水丸の特集です!幼い頃、この地に住んでいた安西の足跡を辿っていきます。そういえば93年に出版された「荒れた海辺」は、安西の幼少の思い出が詰まった名著で、この本に登場する様々な場所が写真入りで紹介されています。

「昇(安西水丸の本名は渡辺昇)とは同級生で小学校、中学校と一緒でした。昇は小さな頃にお母さんと千倉へ引っ越してきたんです。」とは幼馴染みの山本初治さん。彼が安西の少年時代を語ります。これは、レアな企画ですね。また、「水丸さんを感じる」というページでは、南房総で彼の作品世界を感じる場所が写真と文章で取り上げらてれいます。南房千倉大橋には、安西のタイル画がはめ込まれていて、ファンなら一度は行ってみたい場所です。フリーペーパーなので、お早めにどうぞ(後10部程です)

 

 

 

最後に個展の情報です。詩とクロッキーとマンガをセットにした作品集「中庭」、「痙攣」(各324円)を出している古井フラさんが、奈良大和郡山(京都から近鉄で1時間)にある素敵な古書店「とほん」で、5月10日から29日まで「トリミング展クロッキーと詩」展をされます。古井さんのクロッキーは、上手いなぁ〜と思っていて、いつか当店でも個展をお願いしようかと思っていました。GWが終わった後の奈良なら散策にも最適です。